Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

レンタルサーバー:タグアーカイブ

レンタルサーバー探し

このサイトは自宅サーバーで稼働しているんですが、仕事用のサイトは共有型のレンタルサーバーにおいてあります。何故なら自宅サーバーだとハードウェアも含めた管理全般において自己責任なので、リソース的には不利であってもレンタルサーバーのほうが安全だと考えるからです。

でもやっぱりレスポンスが良いとはいえません。静的なサイトとか問題もないんでしょうが動的生成なWordpressなどではどうしてもページ表示で負担がかかるようです。借りているレンタルサーバーにどれくらいのユーザーが同居しているか分かりませんけど月額から考えれば少なくても100ユーザー以上だと思います。

そのレンタルサーバーの契約が2月で更新を迎えるのでそろそろどうしようかと考えだしました。機能面で言えば何の不満もないし、レスポンスも共有型サーバーとしてはとても良い感じなんですけど、やっぱり何年も使っているとそろそろ浮気したくもなりまして・・・。

そこで同じような月額のVPSサーバーを探してみますといくつか見つかります。中には以前使っていたものもあります。例えば

  1. Serverman@VPS
  2. Saases
  3. さくらインターネット

などです。それから初めて知ったものでは

  1. お名前com
  2. カゴヤ VPS

などなど・・・

いずれにしろ、ちょっと調べていないうちに安いVPSサーバーもずいぶん増えて選択肢が豊富になってきていました。

でもVPSサーバーで困るのはメールサーバーです、個人的に。特に仕事用のドメインで使うわけですからちゃんと設定できないと行けないわけです。ところが私的にはどうも鬼門というか、いまさらeximだのpostfixだのdovecotやらを設定する気力が湧いてこないんです。Apacheとかなら問題ないんですけどねえ。

なので今の自宅サーバーはメールサーバーは使ってません。メインは共有型サーバーですし、その他はGoogle Appsでした。でも残念ながらGoogle Appsがもう新規登録できないのでVPSサーバーに引っ越すにはメールサーバーを設定しないといけないという問題出てくるわけです。

しかし!!

Google Appsの管理ページにログインして色々と調べていたら、なんとGoogle Appsでは複数ドメインを1つのGoogle Appsで管理できたんです。忘れてました。私が登録してあるGoogle Appsは最大で100アカウント使える時代のものもありますから、2つ目のドメインを追加しても余裕です。これが使えるならVPSサーバーに引越ししても大丈夫でしょう。(無料版Google Appsが使えなくなると怖いんですけど)

と、いうわけで今月中にお試しできるVPSサーバーを借りてみようと、手始めに「お名前com VPS」と「さくらインターネット」登録してみました。

まず「さくらインターネット」ですが、ユーザー登録して仮想サーバーをカスタムインストールでDebianをチョイスして・・・・インストールでつまずきました。佐倉インターネットのVPSはカスタムインストールにJAVAのVNCビュワーを使ってるんですが、そいつがうちの環境でうまくいかないのでインストール画面が出てこないんです。かと言って基本的なCentOSは使い勝手がよくわからないのでこの時点で残念ながらキャンセルしました。

次に「お名前com VPS」ですが、私の知っているVPSサーバーのSaasesとServerman@VPSはOSのインストールと指定すると何もすることがなかったのに、いまやOSのインストールはローカルのPCにCDやDVDでインストールするのと全く同じやり方なんですね、びっくりしました。ブラウザを通してDebianをCDからインストールする画面と全く同じものが出てきます。ですからCDからDebianをインストールしたことがあれば、VPSサーバーへの仮想OSインストールも問題なく出来るわけです。

ちなみにお試しで借りたのはメモリー2GB/HDD 200GB/CPU 仮想3コアのプランで年額で13,846円です。仮想化はKVMです。私的に仮想化技術はまったく知識がないんで、XenとKVMのどちらが優れているかは不明です。

さあ、これからお試し期間中に色々とテストしていきましょう。

ServerMan@VPS、メモリー増加などのアップデート実施

まだまだServerMan@VPSと格闘中である。
ここのところずっとDebian GNU/Linuxしか触っていなかったし、
ほとんどの設定はSSHでリモートログインして
viでシコシコとやってきたので、CentOSの流儀が理解できていない上に、
GUI管理ツールのBlueOnyxなんかがヘタに付いているから
余計分かりづらいし、勝手な設定されちゃうしで、まだスムースに設定できない。
まだDriveCafeを引っ越しできるまでは無理だね。
でもレスポンスなどについては、非常に満足できると思う。
対価格コストパフォーマンスはバツグンだ。
そこへ新たなアナウンスがあった。
  1. メモリーが増えた
  2. IPv6逆引き可能
  3. inodeがいままでの3倍

との事。

メモリーは最低量はいままでどおりだが、動的に最大2倍まで増えるようだ。

月額980円のスタンダードプランだと最大1GBになる。これだけあれば、PHPやMySQLのメモリーもちょっと余裕が出る。

IPv6は・・・まだ不勉強で分からない。

inode3倍はけっこううれしいけど、WEBサーバーにしか使っていないから実際にはあまり恩恵に預かれないかな。

でもVPSサービスって一般にはなかなか薦めにくいだろうな。Your own riskだから。

やってしまった!! iptables

昨日契約して無料期間2ヶ月中のServerMan@VPS

まずSSHのパスワード認証を禁止した。

さ、次はファイヤーウォールだってことで、iptablesのルールはどうなってるのかな?

iptables –L ・・・ やっぱり初期状態だ。/etc/sysconfig/iptablesもきれいなもの。
んじゃ稼働させるデーモンの使用ポートだけ最低限で許可したルールを読み込ませて

/etc/init.d/iptables save

ここで第一のミス。ブラウザでサーバーを管理するページが開けない。
ServerMan@VPSが使っているBlueOnyxの使用ポートも塞いじゃったわけだ。
危ない危ない。慌てて記述を追加してiptablesリスタート。

これでよし・・・・・ん?

基本ルールが INPUT ACCEPTだね。ん~、DROPでしょ、ここは。
viで直接書き換えちゃお。

さてiptablesリスタートォ・・・・あれ? ターミナルの反応がないぞ。
BlueOnyxもダメだ。

しかたない、ServerMan@VPSアカウント管理サイトでiptablesの初期化だ。
・・・・
これでどうだ・・・・あれれ、変化無し。
もしかして。/etc/sysconfig/iptablesを消すだけ? iptablesのリスタートは?

仕方ない、VPSの再起動だ・・・・ってSSHログインできないし、BlueOnyxへも入れないんじゃリブートできないじゃん。

うわぁ、やっちまった。

これってもしかして最終手段の初期化ですか? ひぇぇぇ・・・・

格安なVPS、Serverman@VPS

もうずいぶん前になるが、某DebianなVPSサービスがあるからと契約してみたことがあった。

ところがこれが使えなかった。(VPSサービス黎明期だもんな)
なにしろ重い。プロセス数が多いわけではないし、メモリーも確か256MB割り当てられていたと記憶しているが、もう重くて何も出来ないのだ。リモートログインしようにも数分待ちだった。
これなら普通のレンタルサーバーの方がよほど使いやすい。

そういうわけで安いVPSサービスに懐疑的だったんだけど、Serverman@VPSってとこが評判がいいらしいと・・・知ってしまった。

プランが3種類で、一番安くてもメモリー256MB、ディスク10GB。OSがCentOSなのがちょっと木になるんだけどこれで月額490円はずいぶん安い。今なら2ヶ月無料なので契約して2ヶ月間試せるなってことである。

そんなことで月額980円のスタンダードプランに申し込んでみたところ、登録後10分程度で管理ページにログインできた。

とりあえずSSHを設定しておこう。認証キーを作らないとね。
テストは明日からだな。