Lightroom4のソフト校正
Adobe Lightroom 4ですが、新しい機能に「ソフト校正」ってのがあります。

ネットで色々と探すとどうやらソフト校正ってのはLRの画面上での表示と実際にプリントしたりした場合の違いを調整する機能のようですね。別にプロだけじゃなくアマチュアでもモニター上での表示とプリントした時のあまりに違う色合いとかびっくりする時があります。

LR3までは、なんかそういったこともあってプロから敬遠されることもあったそうですね。なので今回アドビが提示した解決策が「ソフト校正」ってことですか。

じゃあ実際にはどうよ?ってことなんですが、私はモニターのカラープロファイルとかキャリブレーションとかにとんとズボラでして簡単な調整しかしていないんで細かいことは分かりませんです、はい。

だけどとりあえず「ソフト校正」にチェックを入れてみました。

そうすると上の画面のような感じです。画面ではうちのPCに入っていたキャノンのプリンタ用プロファイルを選択しています。選択した時点でいままでモニターに表示されていたものと全く違う色調に変わりました。この機能をオンにした上で調整すればいいのでしょうかね。実際に印刷させていないから断言できませんがもしこの状態で本当に印刷されるとすればソフト校正という機能は使えますね。