Powershot G9 Xテストg9x-slPowershot G9 X が届きました。久しぶりのコンデジです。1インチセンサーを搭載しているとは思えないボディサイズです。これなら邪魔になりませんね。

EVFがないので、撮影は背面液晶でフレーミングする訳ですが、やはり老眼だと液晶画面にピントが合いません (^0^;)

このあたりはボンヤリと見える画面で半分「勘」での撮影でしのぎましょう。メガネかければいいんですがね。慣れれば大丈夫でしょ。

コンデジなのでJPG形式が標準の画像形式ですが、なんとキャノンなのでCR2という名称でRAW出力できました。そして現像は一眼と同じDPPなんですね。さらにLightroomでも対応していたのには、ちょっと驚き。さらに DxO Optics Pro10でも対応していたのには、さらに驚きました。

もっともカメラの設定を「P」モードやA、SなどにしないとRAW撮影はできません。AUTOやクリエイティブモードだとJPGでした。

んで、取り急ぎテストです。

psg9x-002

JPG撮って出しです。いや、正確には「背景ぼかし」モードです。これの花の部分の等倍切り出しだと、

psg9x-001

どうでしょう? 等倍でも解像度は十じゃないですか? ヌメッとしたツブレはありません。やっぱ、1インチは伊達じゃないようです。

psg9x-003

上は本当のJPG撮って出し。Fujifilmの色に慣れてしまったのか、キャノンの色合いが思いの外サッパリに感じられます。

psg9x-004
この画像はオリジナルサイズで開きます。
上は「背景ぼかし」モードです。このモードは1シャッターで2回自動撮影されてカメラ内合成しているので、撮影後はちょっと待ち時間があります。

1インチで2000万画素あって、これぐらいの画を出してくれるなら、これで作品作りしても問題ないかもしれませんねぇ。

ああ、早く梅雨が明けないかな!