ロシア製オールドレンズ INDUSTAR-61 L/Z MC 50mm F2.84166jMNlkKLポチッと失敗」エントリーの続きです。

何気なくネット散歩してたら、見てはいけないものを見てしまった訳で、またまたレンズです。ロシア製のツァイスコピーもので、INDUSTAR-61 L/Z MC 50mm F2.8です。

このINDUSTAR-61 L/Z MC 50mm F2.8はツァイスのテッサーを手本にしているらしいもので、もう新品は無いんですがアマゾンさんで中古が売ってました。

値段も11800円なんて、遊ぶにはちょうどいい価格。もちろん中古なのでコンディションは、届いてからの「賭け」になりますけど。

アマゾンさんには、このレンズの Canon とか Nikon とか出てるんですが、前回のエントリーで間違ってキャノン用を発注しちゃったと書いたんです。

そして届いたブツですが、キャノン用とはいえ、M42マウントのレンズとキャノンのEFマウントアダプターの2点セットだったんです。良かった!!

なのでフジのXマウントアダプターも発注しました。NIKONだとフランジバックがどうかな?と心配だったんです。APS-Cだと焦点距離75mmあたりですね。

あ、中古でしたが、意外と程度は悪くなかったです。老眼で確認できる範囲では、レンズ内に異常は無さそうだし、筐体もきれいな方だと思います。

_XT18369

そして、あえてこのレンズ・・・というポイントです。上の写真で分かりますか? ボケが・・・

_XT18413

これの方がわかりやすいかな? そう、点光源のボケが六芒星なんです。つまり絞りの形状がそうなってる訳で、絞り値がF5.6~F8前後の時にこのようなボケの形になります。

_XT18445

絞り値がそれ以外だと・・・

_XT18430

普通のボケにもなりますし、オールドレンズとしては解像度もそれなりで及第点だと感じました。

_XT18368

マウントアダプターが電子接点が無いので、Exif情報なしなのが玉に瑕です。でも1万そこそこで、これって面白いですよ~。イルミネーションの季節が待ち遠しいっす。