Debian Wheezyリリース

Debian 7.0、Wheezyがリリースされました。

Squeezeから2年3ヶ月ぶりにStableになりましたね。

本バージョンでは「Multiarc」のサポートにより、異なるアーキテクチャーのパッケージを同一のマシンにインストール可能となった。また、 AMD64ではUEFIを使用したインストールやブートがサポートされる。ただし、現在のところセキュアブートはサポートされない。Linuxカーネルは 3.2シリーズに更新され、GNOMEのバージョンも3.4となっているほか、OpenOffice.orgはLibreOffice 3.5に置き換えられており、マルチメディアサポートの強化やセキュリティーの強化なども行われている。

サーバー用途として使う上ではこの辺りあまり興味が出ませんが、各パッケージのバージョンが新しくなっているならうれしいです。

  1. Apache 2.2.22
  2. Asterisk 1.8.13.1
  3. GIMP 2.8.2
  4. GNOME デスクトップ環境 3.4 更新版
  5. GNU Compiler Collection 4.7.2
  6. Icedove 10 (Mozilla Thunderbird の商標のないバージョン)
  7. Iceweasel 10 (Mozilla Firefox の商標のないバージョン)
  8. KDE Plasma Workspaces および KDE Applications 4.8.4
  9. kFreeBSD カーネル 8.3 と 9.0
  10. LibreOffice 3.5.4
  11. Linux 3.2
  12. MySQL 5.5.30
  13. Nagios 3.4.1
  14. OpenJDK 6b27 と 7u3
  15. Perl 5.14.2
  16. PHP 5.4.4
  17. PostgreSQL 9.1
  18. Python 2.7.3 と 3.2.3
  19. Samba 3.6.6
  20. Tomcat 6.0.35 と 7.0.28
  21. Xen Hypervisor 4.1.4
  22. Xfce 4.8 デスクトップ環境
  23. X.Org 7.7

PHPが5.4系で入ってますし、MySQLが5.5ですね。

さて悩みどころはサーバー環境をいつアップグレードするかでしょう。ディストリビューションアップグレードはWindowsでもクリーンインストールが好きなようになかなか難しいです。