Vostro2520のCore i3 3120mをCore i5 3320mに換装vostro_2520_teaser_new_02アマゾンさんからCore i5 3320mの中古品が届きましたので、早速Vostro2520のCore i3 3120mを交換しましょう。

ただ・・貰ったVostro2520を使い倒していないのでCore i3 3120mの性能を知らずに「ノリ」での交換なので、ネットで性能差を調べると

Core i3 3120m VS Core i5 3320m

CPUBOSSさんでは10点中6.3対6.8だそうです。小数点0.5の差はいかがなものかとも思いますが、ま、趣味だと思えば無問題でしょう。

img_0418

とりあえず背面のバッテリーを外します。

img_0419

キーボードパーツはボディに数カ所のツメで固定されてますので、細いマイナスドライバー2本とかで(できれば専用のプラスチック製がキズつかないけど)ツメを押しながらキーボードを持ち上げていきます。

img_0421

キーボードはフィルムケーブルで接続されています。このケーブルは先端にコネクタは無く、上の写真中央の本体側コネクタにはさんで、黒いパーツで固定されています。ですからこの黒いパーツを上に持ち上げれば、スッと外れます。

ボディ天板自体を外すときもあと2カ所フィルムケーブルがありますが、同様な方法になります。

img_0427

ボディ天板を外すには、底盤のネジをすべて外し、上述のケーブルも外しますが、初め天板を外すときは液晶の下部あたりは粘着テープで張り付いてますので、気をつけてください。

img_0424

上はすでに増設済みのメモリーです。標準で2GBを8GB追加で10GBになってます。

img_0423

同様に交換済みのSSDと中古のCore i5 320mです。HDDの交換は単純にコネクタを横方向に外すだけです。

img_0425

いよいよCPU交換です。赤丸の4本のネジをはずし、緑丸の2つのコネクタも外してクーラーをどかします。

img_0429

CPUソケット右の黒いスクリューを180度回すとCPUソケットのロックが外れます。しかしノート用CPUって直付けのイメージでしたが、ちゃんとソケットなんですね。これの方が生産時の部止まりがいいんのでしょうか。

img_0434

CPUを交換してクロスクリューで固定です。この後シリコングリスを塗ってクーラーを元に戻して完了!!です。 簡単ですね。

ただ、CPUのピンを曲げないようにご注意ください。あと作業前には念のため、静電気にも。

cpuz

組み立て後、起動してBIOSとCPU-Zで確認。無事にCore i5 3320mを認識しています。さらにWindows10のシステムでも

w10sys

OKです。そしてメモリー、SSD、CPUすべて追加、交換したVostro2520改でWindows10の起動です。何もソフトウェアが入ってないですが、満足できる起動時間です ♬