NVIDIA Quadro K620quadro_k620_02わたしはここ何年もビデオカードはATI、今はAMDですが、ATI一本でした。いまは全く聞きませんが、以前は色のキレイさでNVIDIAよりATIが多くのユーザーから選ばれていたからです。

ゲームも少しはやりますが、バリバリで重たいゲームじゃないのでミドルクラス以下のビデオカードで事足りていました。

そうは言ってもCPU内臓のビデオチップではさすがに満足できません。だいたい今やRAW現像であってもGPUパワーを必要とする時代です。

なのでSAPPHIRE HD7770を使っていまして、何の問題もありませんでした。

なのにです。何故か表題の NVIDIA Quadro K620 を買ってしまいました!!

実は先日なにげなくATIのドライバーを最新にしたんです。そうしたらAdobe Lightroom がかなりの頻度でフリーズする現象が出てしまいました。ドライバーアップデート以前はまったく問題がなかったので、十中八九ドライバーの問題だと思います。

と同時に、複数のパーツショップで販売されているPCに Quadro が搭載されていることに気がついてしまったんですよ~。^^;

DirectXでのパフォーマンスは絶対HD7770の方が高いわけです。だけどショップPCで採用されているビデオカードにも興味があるじゃないですか ♪

で、物欲に負けたわけです。 本当に何十年ぶりで2万円オーバーのビデオカードです。

SAPPHIRE HD7770 は補助電源が必要で、スロットも2つ専有するんですが、この K620 は小さいです。ロープロファイルの金具も付いているくらいなので小さい筐体でもOKなんでしょう。

また案の定ですが。Windowsエクスペリエンスのグラフィックの数値はゲーム共に7.4に下がりました。

HD7770ではこのとおり7.6でした。

3Dレンダリングなどには使いませんが、PhotoshopやLightroomでどれくらい差が出るか体感できるといいのですが、スピードが変化するような劇的な変化は無さそうです。

ただ空などグラデーション部分が多い写真でいままで感じていた段階的表示が非常に滑らかになって印象です。

それと Google Earth のOpenGL表示はさすがに気持ちいいレスポンスですね。