ネットワークカメラ Tenvis JPT3815W 2013

親バカというか、ニャンコの行動監視目的とお勉強を兼ねてネットワークカメラを探していましたところ、今やとてもリーズナブルなんですねぇ。

なので買ってみました。

中国製でTenvisというメーカーです。

Wifiで、弱いながらも赤外線で夜間の監視も対応し、リモートで広い範囲にパン、チルトさせられのにこの価格です!!

屋内設置なら十分以上の性能でしょ? 耐久性はこの際無視です。欲を言えばACアダプターの線が短いので電源が遠い場合はひと工夫必要ですが。

ネットワークカメラですから、ローカルIPアドレスが割り振られているわけなので、自分のWifi環境と一致しない場合にはPCに近い場所での設定が必要です。カメラの後ろに有線LANポートがあるので最初はそこに接続してPCから付属ソフトで初期設定します。

後はインターネット越しに監視したいなら使っているルーターの設定を変更します。カメラの使用ポートをカメラのIPアドレスにポートフォワーディングするようにです。そしてTenvis社が提供してくれているダイナミックDNSで割り当てられたURLで外部から監視、制御できます。(セキュリティを考えると初期のポート番号は変更し、管理者のパスワードも必ず変更しましょうね)

 

Tenvis JPT3815W

さっそく、ニャンコのいる部屋へ設置しました。水平に設置するとましたが見えないのでなるべく壁面に対して平行に設置です。この位置はWifiアクセスポイントからだいたい8mくらいで別の建物内ですが、問題なく動作しました。(しかしニャンコは敏感ですねぇ、パン、チルトの微かなモーター音でも反応してカメラを凝視しています)

iPhoneやAndroidからもアプリがあって使えますが、さすがに3G回線ではスムースなパン、チルトなどは難しいです。

同じTenvis社では屋外用カメラもあるので家庭の外でも使えそうです。