ボートレース江戸川にてボートレース江戸川に出かけてきました。

前から一度撮ってみたいと思ってまして、開催日と休みが一致した昨日ようやく出かけました。入場料100円を払って入り、インフォメーションセンターにて「ボートを撮影したい」旨を告げると、身分証明書の提示と住所氏名の記入と引き替えに、首から提げる許可証がもらえます。

撮影許可に関しては、当然観客は撮影しないことや、削除要請があったら従うことなどの常識的なことでした。三脚使用も問題ないようです。もっとも流し撮りを考えると、三脚はかえって不利ですので、今回は一脚使用です。

初めての競艇場で興味津々ですけど、ともかく撮影場所になる堤防スタンドへ出てみました。江戸川競艇は名前の通り江戸川の流れの一部をそのままコースにしているので、堤防スタンドへ出ると、まるで河川敷です。

対岸(と言っても中州部分)は上に首都高が通っていて、下は自転車やランニングの人が通過したりしてます。ボートレース江戸川の建物に入らずともそちらからも観戦できます。実況は聞こえませんが。

さて1Rから撮影するのに、どこに場所取りすればいいのか?と、第1マーク(競艇用語は分かりません)、つまりスタートから一番遠い場所へまずは陣取りました。しかし実際には反時計回りでレースが行われるので、ここだと選手の背中から撮影することになります。

ともかく2Rほどここで撮影しました。レンズは70-200mmです。この位置だと20mm以上は不要ですね。

そのあと第2マーク側に移動しました。ここでターンしてくる正面から撮影しようと。ただここはスタンドから遠いです。タムロン150-600mmに換えました。

使用カメラはNIKON D750ですが、ボートレースくらいの動きものだと連写可能枚数よりAFスピードが問題になってしまう気がします。実際連続では3枚シャッターが切れるのが限度でした。RAWでもJPEGでも、純正70-20mm F2.8でもタムロン150-600mmでも大して変わらない印象です。

うわあ~ぁぁぁぁ!!!!

嘘です。トホホです。ブラケティングがオンになってました。ブラケティング設定だから3枚しかシャッターが切れないのは当たり前ですよね。せ、せっかく出かけたのに・・・・。ミスしなければもっといいのが撮影できたのになぁ。