今年も志賀高原へ20日は昼間が暑いくらいで夜から気圧配置が変わって寒くなるという予報を聞いて、今年も友人と志賀高原へ出かけてきました。夜9時過ぎに千葉県を出て、渋峠に到着は午前2時30分でした。今年も強風でウトウトするくらいで、ほとんど仮眠できませんでした。もちろん寒いし。

そして5時過ぎ・・・。

d8e_5643

強風のなか、朝日が昇ってきました。去年はみぞれ混じりの雨と風で見られなかった太陽ですが、今年は拝めました。

d8e_5565

下は木戸池。渋峠から下りた頃には湖面の霧は無くなってましたが、山際から上った太陽で木々がきれいです。

_d754236

横手山のぞき」から妙高方面の眺望

d8e_5949

下は山田牧場手前の高台から

d8e_5698

奥志賀雑魚川の渓流は、今回のハイライトでした。時間があれば雑魚川林道で秋山郷まで行ってもいいですね。

d8e_5897

七味温泉の橋からですが、昨年に橋の下あたりの流れが崩れてしまい、橋の下に土管を埋め込んで締まったため、撮影ポイントとしての価値が無くなってしまいました。残念!!

d8e_5999

雷滝です。滝裏からの撮影は傘持参がお勧めです。

_d754362

帰りはこれもお決まりのコースです。来るたびに買っているシナノスイート。「JAながの 髙山供選所」で家庭用を箱買いです。今年は中玉で1箱1400円でした。ちょっと値上がりしたかな? この家庭用は箱にフタがなく、宅急便で送れないので、ここで買うしかありません。もちろんキチンとしたきれいなリンゴは送れます。こちらは1箱2800円。

リンゴを買ったら須坂まで降りて昼飯です。昔ながらの町のそば屋さん。「松葉屋そば店」に今年も寄りました。今流行りのとびきり立派な「そばや」じゃないところがお気に入りです。値段もざるそばが580円、大盛りにすると200円増し。更級と田舎そばの中間くらいの細めですが、おいしいです。

さらに好物の「おやき」を土産にします。

「御菓子処つたや本店」ですね。こちらも今時の「おやき専門店」じゃありません。私としては、おやきはお菓子屋さんで買うものという感覚なのです。安心の野沢菜、なす、大根などいずれも1個120円とリーズナブルだし、もちろん「蒸しおやき」として勧められる味ですよ。須坂の町って道が分かりづらい気がします。ナビに地点登録すればいいんですが、毎回迷います。

最後にCX-5のデータ

軽井沢から渋峠まではとても登りが多いわけですが、CX-5くん、ディーゼルのトルクで助かります。よほどの登りじゃない限り、ギヤダウンしないで平気に進んでいきます。

総走行距離 705km

平均燃費 16.4km/l でした。燃費は山道とエアコンオンで伸びませんでした。