Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

これって何のこと?:カテゴリーアーカイブ

これ、欲しい・・・Hubsan X4 HD

Hubsan-X4-H107C-HD-Ver-With-2MP-Camera-Mini-Drone-RC-Quadcopter-Helicopter-Video言わずと知れた? クアッドコプター・・・の玩具です。

ちゃんとした品だと桁が違うのは分かっていますが、最初からそこまでの品質は求めないので、これくらいが良さそうです。この値段でアマゾンのレビューでもそれほど悪い評判がないです。バッテリーのランタイムが5分なのと、充電時間が1時間かかるので、予備バッテリーは必須らしいですが。

Youtubeでもフライトの動画がいろいろと出てました。

これとか↓

Hubsan X4 HD (ワインレッド) H107C-1

予備バッテリー

…全文を表示する

ローカルなIPアドレスの設定って今はDHCP一択ですか?

dhcp_dhcp
前のエントリーでNetgear ReadyNAS 102を設置するのにNASのIPアドレスがDHCPで決められていると書きました。

また、たまたまFAXや白黒の書類印刷用に使っていたブラザーのMFC-J825Nが互換インクを使ったせいか、マゼンタが出なくなったしまったので、同じブラザーのMFC-J870Nに買い替えたんですけど、私のようなジジイはローカルエリア内では、サーバーやプリンタなどの機器のIPアドレスは明示的に固定アドレスを指定するのが鉄則だ・・・という思い込みがありまして。

なので今まで、自分でLAN内で使う機器はプリンタであろうが、サーバーだろうが、WEBカメラだろうが、すべてIPアドレスは固定で使ってきたんです。

でも今回プリンタを買い替えた時に、「これだけこの手の製品が販売されていて、ほとんどの製品がIPアドレスはDHCPで自動取得になっているのは(もちろんそれのほうが簡単だという理由がいちばんでしょうが)それはそれで何の問題もないからなのでは?」という疑問が出てきました。

現に多くのユーザーはそうやって使っているんですよね?

なので今回のプリンタはIPアドレスをDHCPで自動取得にしてセットアップしまして、結果的に何の問題もないのでした。

これってOSが進化したから? すべてのユーザーがルーターなりのDHCPサーバーが稼働している環境だから? ファイルサーバーなどもDHCP利用でいいんですか? う~ん、ジジイにはまだ答えがわかりません。

 

 

台風中継

掲載日:  

夏に少なかった台風がここへ来て遅れを取り戻すように量産体制です。18号が関東地方を直撃してようやく去って行きました。もう台風大嫌いなのに・・・。

その台風情報ですが、接近してくるまでは米軍と気象庁発表でよく把握できるんですが、間近になるってくると気象庁のホームページでは更新が遅すぎてリアルタイムに分からないんですね。

なのでどうしてもテレビってことになります。

で、JCASTテレビウォッチにいつも不愉快というか、不審に感じていたことが書いてありました。

この記事です。

視聴者が欲しいのは台風の位置や勢力、今後の予想、そして各種の警報などであって、レポーターの大げさな現地レポートじゃないってことです。

そりゃ台風が接近している海岸に行けば、それなりに荒れた海が撮影できるし、ほとんど被害が無いのに1枚だけ飛んだトタン板の看板を写せば、絵的にテレビマンは満足かもしれませんがね。

もうあんなの見たくないのです。無意味どころか場合によっては詐欺まがいと言ってもいいのではと思います。

この鳥なんでしょう?

掲載日:  

いや~、今日も千葉県暑いです。猛暑日かもしれませんね。でも朝7時頃はそんなでもなかったんですよ。いま各地で大雨を降らせている前線も秋雨前線っていうらしいですから、そろそろ季節が進みそうな気配も感じられます。

で、今朝、ふと見上げるとカラスじゃない大きい鳥が飛んでいまして、どう見ても猛禽類です。

この鳥なんでしょう?

慌ててカメラとレンズを持ち出してセッティングしてようやく数枚。でもピントがきているのは小さく写っている2,3枚だけでした。

この鳥なんでしょう?

鷹ではないと思うんですが、サシバとかですかねぇ?

気持ちよさそうに飛んでました、はい。

 

マツダ 1.5リッターディーゼル

掲載日:  

SKYACTIV-D 1.5
マツダから1.5リッターディーゼルのアナウンスが出てきましたね。

WebCGの記事

最初の搭載はデミオだそうですが、BセグメントのSUV、CX-3にも搭載されるでしょうし、現行アクセラにも搭載されるはずですね。

諸元を引用

■「SKYACTIV-D 1.5」主要諸元(マツダ社内測定値)
直列4気筒1.5リッター直噴ディーゼルエンジン
排気量:1497cc
ボア×ストローク:76.0mm×82.5mm
圧縮比:14.8
最高出力(ネット):105ps(77kW)/4000rpm
最大トルク(ネット):25.5kgm(250Nm)/1500-2500rpm

2.2リッターディーゼルターボで高速道路燃費が20km/lオーバーなどという話もあるので、この1.5リッターはうくますると高速道路での実燃費25km/lを超えてくるかもしれません。

馬力105psはともかく、トルクの25.5kgmはガソリン車2.5リッタークラス同等ですので、デミオでこのパワーはスゴイでしょう。エンジン重量はどれくらいなのかな?

 

Haswellとか4Kモニターとか

掲載日:  

Intel Haswell

予告通りにインテルから新しいCPU群が出て来ましたね。今回は残念ながらソケットも変更になってLGA1150でインテル8ナンバーのチップセットだそうです。

これから色々とベンチマークとか出てくるんでしょうけど、今のところは内蔵GPU周りが速くなったらしいという話と、CPU自体の性能は劇的な差がないのでは?なんて感じですか。うちのSandy Bridgeな2600Kから変更するに足るアップは感じられません。CPUとマザー交換もですが、なんか電源も対応してないとダメ?みたいな感じですかね。

Sandy Bridgeから2世代の交代があったわけですが、そんなに新しいCPUに魅力を感じないのはどうしてなんでしょう?

性能的に頭打ちなんでしょうか? それとも自分が年取ったせい? OSもWin7以降はハードのスペックアップを必要としないのも一因でしょうか。

ま、様子見ですね。

それよりAsusが出してきた4Kモニターの方が自分的には問題です。MacのRetinaディスプレイからこっちフルHDを超える解像度の製品群がタブレットやノートで出ていますが、デスクトップ用にはまだまだ出て来ませんでしたからね。

例えばこのモニターを使うのに今回のHaswell内蔵GPUは対応しているんでしょうか? と思ったらこちらの記事

Haswellのビデオエンジン拡張の目玉は4K解像度への対応で、3,840×2,160ドット60HzでのDisplayPort 1.2出力か、4,096×2,304ドット/24HzでのHDMI出力に対応する。

と出てました。

たぶん手持ちのビデオカードではRadeon 7xxx番台しか対応してないのではと思いますが、写真を表示するのに4Kモニターはとても魅力的です。(まあそれだけカメラやレンズ性能のアラが見えてしまうんでしょうし、GPU性能が問われるはず)

たださすがにうちの環境で31.5インチモニターは無理です、残念。

2013年にはスマートフォンの市場規模がPCを逆転

掲載日:  

IDC JAPANによる来年以降の市場予測ではもうPCよりスマートフォンの方が売れるとしています。

RBBTODAYの記事より引用

 そして、2012年以降のICT市場を大局的にみると、市場の成長、市場の変革をけん引していくのはスマートフォンとなり、国内ICT市場では2013年に、スマートフォンの市場規模がPCを逆転すると、同レポートでは予測している。

キーボードじゃなく指で操作できるインターフェイスが登場したことによって、ここ最近の動向を見るまでもなく一般的な使い勝手はPCよりスマートフォンやタブレットが優っているのは誰が見ても明らかじゃないでしょうか? 特にいままでPCに対して躊躇していたユーザー層を取り込む簡単さや魅力がありますから。

この予測を見ると思っていた以上にその割合の変化が加速しているってことですか。

今後はPCの比率がだんだん小さくなってくるんでしょうね。そうするとPCを捨てられないユーザーは少し困るかもしれませんね。だっていまのPCの価格は市場原理が働いているから安いわけで市場規模が縮小すれば値上がりは必至でしょう。自作派のパーツなんかも高くなるのかなぁ・・・それは私も困ります。さすがにまだスマートフォンやタブレットの自作版なんて無いです。

ノートPCはたぶんタブレット兼用でキーボードはドックタイプが主流になるのかな? じゃあデスクトップはどうなっていくのでしょう。タッチパネルのモニターは出てくるとして、大画面のモニターだとタッチで操作するのも大変ですよ、広くて。それに手元から遠いとなお辛いから当然アームで移動できる方式でしょう。あ、操作はスタイラスペンかな? それにデュアルモニターで大画面は今までの位置でサブモニターを手元においてそちらでタッチ操作?

どちらにしろPCが必要な操作ではキーボードはまだ無くならないでしょう。マウスは・・・緻密な作業はペンで代替えできるかな?

 

スバルが電動ターボ計画?

掲載日:  

CarViewニュースから引用

インプレッサ WRX 次期型、電動ターボ採用か

同メディアによると、次期WRXには電動ターボを採用。この電動ターボは2007年に富士重工業が特許を取得した技術で、モーターがターボチャージャーを駆動することで、ターボラグを解消し、効率的にパワーを引き出すことを可能にするという。

既知の通りターボチャージャーはエンジンの排気を利用して空気を強制的に取り込むことでパワーをアップさせる技術ですが、タービンの回転に排気じゃなくてモーターを使う本当の意味とは?

排気を利用する限りエンジン回転が低い領域ではターボも働かないがモーターならそれこそアイドリング程度のエンジン回転であってもチャージすることは可能だからターボラグは減らせることは想像できます。さらにアクセルワークとは無関係にターボ圧をコントロールできるようになるはずで、これは本当に電動ターボが可能ならけっこう面白い展開が期待できるかも知れませんね。しかし過去にどこもトライしていなかったのでしょうか?

 

キー投影型キーボードだそうで

掲載日:  

ありゃりゃ~、これいいなぁ。

これ使ってたら一気に近未来っすねえ。

エレコムさんやってくれます。最高なギミック。

キー投影型Bluetooth®ワイヤレス英語配列キーボード

動作環境はと・・・・あ゛!

 

MacとiPhone、Androidだったさ。残念だ。

でも価格的にちょっと遊べない価格ですな。でも小洒落たカフェテラスとかでこれ使ってたら注目の的です、はい。