Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

ウェブサービス:カテゴリーアーカイブ

マイクロソフト OneDriveの容量15GBを確保できる

nas_onedrive
先日のエントリーでマイクロソフトのOneDrive無料版が15GBから一気に5GBになってしまう書いたんですが、修正があったようです。

ITMediaニュース

以下引用

米Microsoftは12月11日(現地時間)、11月に発表したクラウドストレージサービス「OneDrive」の提供方法変更について、修正を発表した。非Office 365ユーザーは手続き(方法は後述)により、15GB(+カメラロールのボーナス15GB)を保持できる。

 

Office 365に加入していないOneDriveユーザー

11月の発表では、現在15GBある無料容量が5GBになり、15GBのカメラロールボーナスもなくなることになっていたが、こちらのリンクで「Keep your free storage」ボタンをクリックすれば、そのまま保持できる。このリンクは2016年1月31日まで有効だ。それまでにボタンをクリックしないと、無料容量は5GBになってしまう(5GB以上使っている場合は向こう1年間は保存しておける)。

ということなので、2016年1月31日までに、このリンクから申請して15GBを確保しておきましょうね。

余談ですが、現在マイクロソフトアカウントのドメインは outlook.com と outlook.jp のみになったんですね。 live.jp は使えないです。私は live.jp なので、無くさないように使いましょう。

Google Play MusicやAmazon Prime Musicとか

g_a
Googleから Google Play Music 、Appleは Apple Music で、今度はAmazonが Prime Musicだそうです。

個人的にはずっとサーバーインストールタイプの Subsonic を絶賛愛用中です。 Subsonicの使い勝手がとても良くてなかなか離れがたいのは事実です。

でも新しもの好きでもあるのです。かと言ってこれ以上月の払いを増やしたくないのが本音です。

幸いAmazonはすでにプライム会員なので試せますし、Google Play Music に関しては、調べると手持ちの楽曲をアップロードしてストリーミングするだけなら、なんと50,000曲まで無料みたいです。

うちの Subsonic サーバーに入れている楽曲でも50,000曲なんて全然達しませんから、Google Play Music 恐るべしです。スマートフォン用専用アプリの使い勝手に及第点が出せれば、「手持ちの楽曲オンリー」と仮定することで Goole Play Music はいいかもしれませんね。ぜひ長いサービスであることを願います。50,000曲アップロードしてからサービス終了とかは大変ですもんね。※ちなみに法的には手持ちの楽曲をアップロードしたユーザー側にお咎めはないようです。

Amazonはといえば・・・まだこれからってイメージですか。 もっとよく調べてみましょう。

WordPress.com大幅アップデート

Wordpress.com-LOGO-use-thisITMediaニュースでなんか出てましたよ。Wordpress.comが大幅にアップデートされたということです。

詳しく読まないと個人でレンタルサーバーを借りてWordpressを使っているユーザーには無関係かと考えてしまう記事ですが、くわしく読むと今後のWordpressの進化の方向性の指針になるような大きなアップデートだったようです。

ウェブサイト管理者ならば馴染みがあるとおもいますが、これまでWordpressの管理者画面はサイトごとに個別に用意されていて、プラグインを書く人はPHP言語を利用して開発をおこなっていました。ブログの執筆も、管理も、すべてこの画面がおこないます。

この方法はもちろん便利なのですが、次の10年の開発を見据えると次第に重荷になってしまうことも予想されてました。そこで今日、新しい WordPress.com のアプリとともに複数の管理者画面を一元管理し、Javascript ですべてを書き直すという野心的な計画が公開されました。

このアップデートで、プラグインとして WordPress.com のJetpackを入れていると、自分のWordpressの管理ページじゃなく WordPress.com の管理ページから記事投稿などがてきるんです。それも複数のWordpressが同じWordpress.comのアカウントであれば、統合管理さけるようになりました。

いまはブラウザでWordpress.comへログインして使ってみているのでそれほど優位性が分かりませんが、Windows用に専用アプリなどが出てくるとレスポンスなどが良くなるという話もあるのです。

ただこうなってくると、Calypsoに対応していないプラグインなどは対応が迫られますし、いずれCalypsoがスタンダードになると色々とユーザーも変化を求められるのは必至でしょう。

さてさて、どこへ向かうのでしょう?

 

マイクロソフトOneDrive無料版容量縮小

掲載日:  

nas_onedriveマイクロソフトさん、OneDriveの容量を格段に減らしてくれちゃうようですね。Windows8以降はOSに組み込まれていてそのまま使ってるユーザーがいるのに困るじゃないですか!!

ITMediaニュース

私もメインにOneDriveを使っていますので被害を蒙ります。いまは有料プラン併用に愛用者ボーナスやカメラロールボーナスなどで合計240GBですが、新しい条件になっちゃうと105GBになるってことでよね。

それにいま使っている100GBのプランも無くなって月額は同じで50GBにされちゃうらしいですね。それってあんまりひどくないです?

それにマイクロソフトがそんなことするとGoogleも追従しそうで怖いです。

こうなると先日導入したSynologyのNASみたいな多機能なNASで個人クラウドを使って行くほうが容量面ではコストパフォーマンスがいいのではないでしょうか?

ただ問題はデータを保持する安全性(セキュリティじゃなくて)は分散保存されていないから低くなるし、自分のところのネット接続環境が停止すれば繋がらなくなるのも悩ましいポイントです。

 

無料版Google Appsでドメイン追加ができなくなりました

掲載日:  

220px-Logo_Google_2013_Official.svgまだメインにGoogle Appsの無料版を使わせてもらっているわけです。いままで無料版であっても2つめ以上のドメインを追加できていたのですが、いつのまにか不可能になっていました。

ドメインエイリアス、つまり1つのアカウントを共有する形であれば追加できるようですが、まったく別にはできない仕様になってます。

これから自分のドメインで無料メールを使いたい場合の選択肢がまたまた狭まってしまいました。残念。

なのでテストとして ZOHO にドメインを割り当ててみました。

ZOHO

ZOHOも無料版と有料版がありますが、無料版でも独自ドメインで10ユーザー使えるようです。また意外にきちんとしていて、メールのDNS設定、SPFレコード、Domainkeyなどにも対応しているのですね。もちろんpop/imapも使えるので、Webメールだけではなく、メールクライアントでも使えます。

1メールの最大サイズは25MBのようですが、それや時間あたりのメール数とか受信者数の設定などGmailにも無い設定があったりして、コントロールパネルの項目は充実しています。

それにGoogleとは違うCRMとかのアプリケーションも使えるので、案外いいかもしれません。

あと、紹介制度で利用できるアカウントが増えるようですよ。

 

 

ArtisteerからThemlerへ進化したの?

掲載日:  

a2t今年の3月からCMSテーマ作成ソフトのArtisteerがアップデートされていませんでした。アナウンスもありませんでした。年間ライセンス制なので、アップデートを期待して支払っているユーザーはやきもきしていたと思います。

それが7月29日付けでニュースが出ていました。長い長い英文の「声明」とも撮れる内容みたいです。なにしろ長い英文なので、日本人の私には所々しか理解できません。意味が違うところもあると思いますが・・・・

  • Arsiteerは今の開発ソースではすでにこれ以上の機能追加には限界を感じている
  • だから Themler という新規プロダクトに移行する
  • Themler は Artisteer と同じ形式の価格体系になる(金額は違う)
  • Artisteerのアップデートはサーバー側でのみ行われ、デスクトップアプリのアップデートはない。
  • 既存のユーザー(年間アップデートを支払っている場合)は Artisteer 自体の使用は問題ない。また Themler のビジネス版が使えるようになる。(他にも優待条件あり)

と、こんなかんじみたいです。

…全文を表示する

Createerとは? 

CMSのテンプレート作成ソフトのAtristeerのニュースで新しいサービスを紹介しています。Artisteerが直接運営しているのではなく技術協力かもしれません。現状は日本語にはなりません。

Createer

オンラインでいろいろなテンプレートを作成できるようです。まるまる新規に作成もできますし、予め登録されているテンプレートを編集してカスタムも出来ます。スライダーなどのパーツも自由に組み込めます。

またWordpressやJoomlaからは専用プラグインで管理ページから直接テンプレートを挿入できます。

Createer用Wordpressプラグイン

Createer用Joomlaプラグイン

WordPressで記事を書いていてもきれいなレイアウトってメンドーなんですよね。結局別ソフトを起動して作成してコピペする流れになるので。

だからこういうサービスもアリってことですね。現段階ではベータで、今後テンプレートによってはたぶん有料になるでしょうけど。

続々追加されるgTLD

掲載日:  

ここへきて続々と新しいgTLD、ドメインが追加されつつありますね。

もう何が何だか、訳が分からないほどです。こんなドメイン必要か?というのもあります。あとすごく長い文字列のドメインも気になります。とくにアジア圏の人間からすると、とても覚えられそうも無い長さなのですよ。

たとえば財産や資産という意味の .properties とか、契約者・土建業者の .contractors などなど。

あと .diamonds なんてそんなに宝石業者がいるんですか?

まあ、文字列で商売ができるわけなので、新しいドメインが増えるほど、ICANNは儲かるので今後も増えていくんでしょう。そのうち個人名のgTLDなんか出てきそうです。

しかしSEOでも重視されているドメインの信頼性で見ると新gTLDは怪しい部分がありそうですが、どうなんでしょう。

とか言いつつ、 .city ドメインは欲しいかな? なんて、事前エントリーしていたりして・・・(^^ゞ

あと欲しいなと思うのは .photography とか .pics ですが、登録料金が高いのと .photography では長すぎるんで、たぶん登録しません。

http://www.onamae.com/newgtld/general/?btn_id=4_portal_general_tab

Google Chromecast

掲載日:  

ChromecastGoogle Chromecastが日本でも発売になりました。価格も安いので発売日にポチッとしてみましたところ、今日届きました。ヤマト運輸の宅急便で、トレースすると香港から出荷されていますね。

で、Chromecastですが何をするものなんでしょう? ・・・・って買ってから言う文句じゃないわけですが、AVWatchのレビューがわかりやすいかもしれません。

つまりHDMI端子のあるテレビがあって、家庭にWifi環境を構築してあり、スマートフォンやタブレットを持っている人が、ネットの動画などをテレビの大画面で鑑賞するためのドングルってとこですか。

通常のLinuxやAndroidベースのメディアプレイヤーと違う点は、スマフォやタブレットはあくまでリモコンとして作動し、ChromecastがWifiを介して直接再生することですと。

Chromecast到着

実際は自宅に帰らないと検証できませんが、いまや家庭でWifiを構築している率も高いですから、SDK配布で再生できるメディアが増えればいいなと考えてます。

…全文を表示する

マイクロソフトも無料で独自ドメインが使えるサービスを終了

掲載日:  

Google Appsの無料版が受け付け終了の後、マイクロソフトのWindows Live アドミンセンターで受け付けていた自分が持つ独自ドメインをHotmailに割り当てられる無料のサービスも終了する模様です。

http://windows.microsoft.com/ja-jp/outlook/migrate-custom-domain

無料サブスクリプションの提供は 2014 年 7 月 15 日まで有効です。

上の一文があるので、今後はOffice365へ移行させて課金モデルになって無料サービスはGoogle Appsの後を追って終了してしまう気がします。

これでドメインだけ取得して無料で大容量メールサービスを使えるところが全滅してしまったことになります。今後はレンタルサーバーを借りるしか無いようです・・・・orz

で、実はGoogle Apps無料版なんですが、既存のユーザーには今まで見えていた2つめ以降のドメイン追加リンクが消えています。古いユーザーだと200アカウントとかを登録できるんですが、今までならその200を複数ドメインで分け合えたんですが、それもダメになってしまったんでしょうか?

ただすでに2つめのドメインを追加してある管理者アカウントには、リンクが表示されますから、全てがダメってことでも無いようです。このあたり情報が不足しています。

Androidの隆盛でGoogle Appsはとても便利だっただけに、なんとか無料版の利用は止めないで欲しいものです。もしくはビジネスユーザー向けじゃなくて今の容量でいいので個人向けでもっと安いプランを作ってくれれば、それはそれでうれしいです。

…全文を表示する