Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

Photoshop:カテゴリーアーカイブ

月額1000円でPhotoshop CCとLightroom5はお得ですか?

掲載日:  

Adobe_deal_equation_650px_YenAdobe Photoshop CS6 にアップグレードした時、Adobeはすでにパッケージ販売からCreative Cloudに移行していたので、アップグレードはこれが最後でOSでの対応が続く限りはCS6で行こうと思っていました。

ところが先日AdobeからPhotoshop CCとLightroom5限定でCSユーザーは月額1000円というアナウンスです。(CSユーザー限定は解除された模様)

Photoshop 写真業界向けプログラム

Photoshop CS3以降をお持ちのお客様には、わずか月額1,000円で以下のすべてを含むCreative Cloudメンバーシップが特別に提供されます。

Photoshop CC
Lightroom 5
20 GBのオンラインストレージ
Behance ProSite
Creative Cloud Learnのみで提供されているトレーニングコースの利用
継続的なアップグレードとアップデート

これには心が揺らいでしまいました。もし私がまだLightroom4を使っていたら、速攻で契約していたでしょう。だってLR5へのアップグレードも1万円弱かかるわけですからね。

でもすでにLR5にアップしちゃってるわけで、今回のAdobeの月額1000円コースは来年のLR6へアップグレードできるんでしょうか? もしできるなら安いですよね。

そのあたり確認したいなぁ・・・・。あ、ちなみに月額1000円は今年12月末までの限定だそうです。

追記:

電話で確認しました。このコースは明確にLightroom5と謳っているので、LR6が出た場合は、バージョンアップ料金が発生するそうです。ただし、月額がアップするのではなくてワンタイムでの支払いらしいです。

そうなると私のようにすでにLR5ユーザーは単純にPhotoshop CCを月額1000円で使えるというのがメリットということですね。CCの新機能が魅力的ならお得ですか。(うちのCS6は素のCS6でExtendじゃないので、CCになると3D機能が増えるからお得?)

 追記2:

Creative Cloudのメリットを発見。ライセンスでは1ライセンスで2PCまで(排他使用)となっているんだけど、Creative Cloudからログアウトすると、そのPCで認証を解除したことになるらしいです。なので緊急で3台目以降のPCでもインストールしておき、メインPCでログアウトすれば3台目でも使えるってことですね。まあCS6以前でもメニュー「ヘルプ」からライセンス解除すればいいので同じといえば言えるわけですが、気分的にログアウトの方が気楽です。

パープルフリンジ

早朝に散歩がてらカメラを持っていった。

EOS 5D Mark II / シグマ 50mm F1.4

木々の合間にパープルフリンジが!(パープルフリンジ自体の説明はこちらで。)

この状態だとDPPやLightroomで修正できないのでやむを得ずPhotoshop CS5を使うことになる。

「色相・彩度」の調整レイヤーのスポイトをクリックしてパープルフリンジの部分でドラッグして彩度を落とし、さらにCTRLキーと併用して色相を変更していく。

現像ソフトでもDxOならできるようなのでデモ版で試してみようと思うが、それ以前にパープルフリンジが出ない撮り方をするに事たことはないってことですね。

 

 

コンテンツに応じた塗りつぶし

掲載日:  

Photoshop CS5で写真の不要部分をカットするための新機能「コンテンツに応じる」を塗りつぶしでやってみた。

PICT00130
元画像は三春の滝桜。どう考えても恰幅のいいオジサンがジャマである。これだけ大きい邪魔者では「スポット修復ブラシ」では難しいようだ。なので範囲選択して

capture192

「塗りつぶし」の中で「コンテンツに応じる」オプションで塗りつぶす。

capture193

見事に邪魔者カット成功!!

 

PICT0013

もっともどんな画像も完璧とはいかないのだけど、作業効率はずいぶん短縮される。

Adobe Photoshop CS5 到着

掲載日:  

待望のPhotoshop Elementsからの優待アップグレード、魅力の50400円で購入したCS5が到着した。いつかはElementsではないご本家ユーザーになるぞと決めてから幾星霜である。

しかしまあ・・・簡素なパッケージである。メディア自体も紙パッケージだし、同梱は数枚の注意書きのみだった。高額なソフトウェアをがんばって購入したという満足感は無いよな。昔、DOS版一太郎なんかを購入したときのパッケージの豪華さ、持ち重り感なんかが懐かしいね。

で、速攻インストールすると32ビット版と64ビット版が同時に入る。その他エクステンションマネージャーとかディバイスセントラルなども入る。

初回起動のライセンス認証はElement8と同じで1ユーザーの排他使用では2台までらしい。気をつけたいのはOSの再インストールなどの時にあらかじめ認証解除を行わないと、あとで電話で認証することになる。

うちのPC構成

  • インテル Core i 7 860
  • メモリー 8GB
  • ATI Radeon 4670 512MB
  • Windows 7 Pro 64ビット版

で64ビット版を動かした感じでは、Element8よりずいぶん快適である。これはメモリーが多く使えることとビデオカードのパワーを利用しているからのようだ。Element8を使っていて「これじゃあCS5はとんでもなく重いだろう」などと推測していた事が杞憂に終わったことがうれしい。(もちろんハードウェアスペックが低い場合は別だろうけど)

Lightroom2の中からCS5を起動するときの待ち時間も気にならない。ただそうなるとメモリー配分が悩ましい。8GBの本体メモリーをLightroom2とPhotoshop CS5でどう分けるかだ。1枚4GBのSIMMの価格がもっとこなれてくれるのを待つしかないか・・・。

ともかくインストールしたばかり、マニュアル無しでは多機能すぎて迷子モード。こりゃ市販本買うしかないかな。CS5対応出てるかな?