Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

スマートフォン:カテゴリーアーカイブ

HUAWEI Honor 8

掲載日:  

発売直後から富士通のAroows M02をメインで使ってきましたが、プチとは呼べないほどのフリーズに堪忍袋の緒が切れました。PCでもサクサクじゃないとダメなので、自分ではよく我慢したなってのもありますね。まぁ、おサイフケータイ機能が無くなるのは痛い訳ですが、操作の度にストレスが溜まるほうことの解消のほうがプライオリティが高いってことです。

とりあえずおサイフケータイ機能は該当カードを持ち歩いて見ましょう。M02の防塵防水はあまりメリットに感じていなかったのでどうでもいいです。

で、候補をいくつか調べたなかで、中華なHUAWEI Honor8が機能と価格のバランスが良さそうでしたので、SoCがSnapdragonじゃないのが一抹不安ですが、Asus Zenfone 3を押さえて購入に至りました。

あとサイズがM02の5インチから5.2インチとわずかにアップしていて、パンツのポケットにギリギリです。このサイズが限界でしょうね。Honor8は背面もガラス素材なので個人的にはケース必須で、さらにケースにストラップホールを開けて、バンジーストラップをつけるのが定番ですから、ケース分サイズアップもやむを得ません。

Honor8は楽天モバイルとHUAWEIオンラインショップのみで売っていて、楽天モバイルだと一見安いんですが、すでにIIJMioのsimを使っていると半年で解約した場合でだいたい1,000円くらいしか安くなりません。なら解約やsim返却の手間を考えるとHUAWEIオンラインショップで買った方が面倒がないと判断しました。

実際のレスポンスはArrows M02とは比較にならないほどスムースで、なんのストレスもなくなりました。サイズアップは、ポリカーボネート製ケースでサイドが丸くなっているもので、ギリギリ許容範囲でした。サイドが角張ってると、片手保持での長時間使用はちょっと快適とは言えないかも。

バッテリーの持ちはM02よりは多少悪いですね。やはりSoCクロックが高いのでバッテリー容量が上がっても相殺です。

下はHonor8のカメラで、「ワイドアパチャー」モードで撮影したものです。よくみると多少はボケに違和感も垣間見えますが、等倍鑑賞でも一般的な利用ならJPEG圧縮によるヌメッとしたツブレも少なく、これならコンデジは要らないというのも頷ける感じです。

そろそろAndroid Oも姿が見えてきたようですが、すでにHonor8はAndroid Nougatになってますので、2年間は使えそうです。

富士通 Arrows M02

arrowsm02-01

スマートフォンです。いま私はNexus5初代を使ってます。契約はワイモバイルでして来年の2月に2年目を迎えます。

それとは別に au のフィーチャーフォンの Gratina を保持してます。

今回、このフィーチャーフォンをMNPして格安simにし、Nexus5の契約を2月でどうにかしようと考えてます。

Nexus5自体にはなんの不満もありません。今でもパワーは申し分ないですし、OSだってAndroid6ですからね。バッテリーさえまだ持てば、今後も使っていてもいいのです。ワイモバイルの契約も月額2980円で5GBとイー・モバイル時代のものなので割高感はありません。

ですが、格安simって使ってみたいじゃないですか!

だからNexus5の件は別にして、肥やしになっているフィーチャーフォンをMNPしようということです。で、表題の富士通製 Arrows M02 を購入してみました。NTT-Xストアで29800円(税抜き)でした。
*現在はNTT-Xストアでも35000円程度に値上がりしてます

2年前にNexus5を39800円で購入できたことを考えると当時のNexus5はお買い得でした。

…全文を表示する

FREETEL 雅

miyabi_pic04うちの奥さんはずっとフィーチャーフォン、いわゆるガラケーです。でももう本来の意味でのフィーチャーフォンは絶滅の一途で、新機種として出るのはAndroidベースの「なんちゃってガラケー」だけでしょう。Androidが悪いわけじゃないですが、Androidであればセキュリティにも気をつける必要が出てきますし、根本からガラホに特化したOSじゃないゆえのネガもあるのでは?と考えてしまいます。

スマートフォンよりは優遇された価格体系なんでしょうけど、それだったらスマートフォンにしてしまう方がいいのでは?

かと言って3大キャリアの価格体系ではガラケーを使っていたものには高すぎます。なので格安スマフォを色々と探していました。

条件は

  • 4.5インチくらいが持ちやすい
  • メモリーは2GB欲しい
  • ストレージは16GB以上
  • CPUは問わない

ところが4.5インチだとほぼメモリー1GBでストレージ8GB程度のものばかりで困ってました。SONY Xperia J1 Compact は良さそうですが高価です。

一時はUPQ Phone A01にしようかと思いましたが、やっぱりメモリーとストレージがネックでした。

…全文を表示する

初代Nexus7のLolipopが遅くて・・・orz

掲載日:  

Nexus7 2012
うちのタブレットは初代Nexus7なんですが、Googleリファレンス機なので1月に5.02のLolipopが降臨しました。

んが!!

しかし、とっても使えないレベルのスピードになってしまいました。何をするにもモタツイているし、タスク切り替えとかでタップしても反応しないという有り様。

これじゃとても使えない。買い替えなのか? と。でも

Android5.0のNexus 7(2012)の動作が重いときの対処方法

↑のサイト記事をみて、まずはトライしてみました・・・が、惨敗。ほとんど変化なし。

じゃあ、Kitkatに戻すべぇと・・

Android 5.0 LollipopをダウングレードしてAndroid 4.4.4 KitKatに戻す方法(Nexus5,Nexus7,Nexus4など全Nexusデバイスで利用可)。

↑ここのサイトの手順を実行しました。ブートローダーをアンロックするので保証が効かなくなりますが、当然保証期間は切れているので、続行しました。

作業中に参照サイトの記述とファイル名などが食い違ってますが、OSのバージョンなどに注意すれば問題ありませんでした。

結果・・・・うまくダウングレードできました!! これでNexus7 2012をまだ延命できます。

ただ、5.02へのアップグレード通知が消えなくてうざいです。対策を探しても万全なのが見当たりませんね。無視しちゃいましょ。

2013年にはスマートフォンの市場規模がPCを逆転

掲載日:  

IDC JAPANによる来年以降の市場予測ではもうPCよりスマートフォンの方が売れるとしています。

RBBTODAYの記事より引用

 そして、2012年以降のICT市場を大局的にみると、市場の成長、市場の変革をけん引していくのはスマートフォンとなり、国内ICT市場では2013年に、スマートフォンの市場規模がPCを逆転すると、同レポートでは予測している。

キーボードじゃなく指で操作できるインターフェイスが登場したことによって、ここ最近の動向を見るまでもなく一般的な使い勝手はPCよりスマートフォンやタブレットが優っているのは誰が見ても明らかじゃないでしょうか? 特にいままでPCに対して躊躇していたユーザー層を取り込む簡単さや魅力がありますから。

この予測を見ると思っていた以上にその割合の変化が加速しているってことですか。

今後はPCの比率がだんだん小さくなってくるんでしょうね。そうするとPCを捨てられないユーザーは少し困るかもしれませんね。だっていまのPCの価格は市場原理が働いているから安いわけで市場規模が縮小すれば値上がりは必至でしょう。自作派のパーツなんかも高くなるのかなぁ・・・それは私も困ります。さすがにまだスマートフォンやタブレットの自作版なんて無いです。

ノートPCはたぶんタブレット兼用でキーボードはドックタイプが主流になるのかな? じゃあデスクトップはどうなっていくのでしょう。タッチパネルのモニターは出てくるとして、大画面のモニターだとタッチで操作するのも大変ですよ、広くて。それに手元から遠いとなお辛いから当然アームで移動できる方式でしょう。あ、操作はスタイラスペンかな? それにデュアルモニターで大画面は今までの位置でサブモニターを手元においてそちらでタッチ操作?

どちらにしろPCが必要な操作ではキーボードはまだ無くならないでしょう。マウスは・・・緻密な作業はペンで代替えできるかな?

 

Google Cloud Print

掲載日:  

しばらく前に長らく使っていたキャノンのMP600という古いプリンタが壊れまして、インクの値段が安いブラザーのMFC-J825Nというのに交換しました。

このプリンターはUSB/有線LAM/Wifiと接続方法がありましてUSBじゃなくネットワークでの接続をチョイスするとLAN内ならスマホからプリントできるというんですがまあそんな狭い環境だったら大して私には意味が無いんですけど、ついでなんでクラウドプリントってやつを試してみました。

なぜなら前のプリンターは使わないときは電源を落としていましたけど、こいつはFAX機能があることもあって常時オンがデフォルトです。だからLAN接続ならルーターも常時オンですので外部からいつでもアクセスできるわけです。

じゃあクラウドプリントを実現する一番簡単なのは・・・・Google Cloud Print ですかね。

はじめにPCにGoogle Chromeが入れてあることを前提にして、スマートフォンとタブレットに登録しているGoogleアカウントにPCからログインして Google Cloud Print へアクセスしてプリンタを登録しておきます

次にうちはAndroidなんで Easy Print というアプリを追加し、Easy Printの中でさきほどPCでプリンタを追加したGoogleアカウントを指定してプリンタを選択すれば、スマートフォン内のファイルとかGoogleドライブのファイルとかをプリントできるようになります。もちろんちゃんとプリントできました。

誰もいない場所のプリンターが動いて印刷してるってなんか妙な感覚というか、FAXみたいというか、時代は次々と進歩しているんだなぁと実感します。でも私の勘違い。夜間にテストしたら仕事場のPCが起動してないと印刷が実行できず、翌朝にPCを起動したらスプールされていたのか印刷開始となりました。

でも「これ、どう使う?」っていう疑問もありますね。

 

Androidのアプリ

掲載日:  

HTC ARIA生活は震災でPCが使えないときにとても重宝した。もちろん緊急地震速報が無いからauの携帯も持っていたが。(緊急地震速報のアプリもあるらしいけどバッテリーとのバーターか) 多くの方たちと一緒でツイッターやニュースが見られるしメールも送受信できたのは心強かった。

それは別にして無料のアプリを多く使わせていただいているが、いくつか有料も購入した。そのなかでも2つがとても使いやすいのでご紹介。

g電話帳Pro

Bizcaroid

g電話帳Proは名前通り電話帳アプリです。無料版もありますのでまず無料版で動作確認しましょう。

Bizcaroidは名刺OCRアプリです。こちらも無料版があります。非常に高い認識率で読み取ってくれます。そして有料版ではGoogle 連絡先へも転送できるのでとても便利です。