Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

八千穂高原の白樺とツツジ

OS:カテゴリーアーカイブ

WindowsライセンスをMSアカウントにリンク

掲載日:  

発売から1年の間、無償でアップグレードされていたWindows10とかはもちろん、DSP版とかで購入したWindowsもですが、新しいPCに引っ越ししたりしたい時、どうも最初のプロダクトキーでは、違うハードウェアだとして認証できないらしいですね。

でも本当はできるようです。下のリンクをご覧ください。

ハードウェア構成変更後にWindows10のライセンス認証をもう一度行う

要は事前にそのWindows10をマイクロソフトアカウントにリンクさせておく必要があるみたいです。

上の画面ではまだこのWindows10はマイクロソフトアカウントにリンクされていません。

…全文を表示する

RYZEN7 1800XなPCにWindows10

掲載日:  

NTT-Xストアで購入したWindows10Pro。安かったです、たしか16000円台。しかしメディアはDVDなので、USBメオリーほどサクサクッとインストールは進みませんが、それでも10分台で完了です。

まだビデオドライバーが入ってない状態ですが、タスクマネージャでちゃんと16コア表示されました!

この画面を表示しながら、マザー付属のディスクからドライバーをインストールしていったんですが、インストール中の各コアの負荷は均等じゃないですね。

ここで発覚した誤算が一つ。最初、増設したS-ATAカードの光学ドライブを繋いだけど、案の定というか認識されませんでした。と、なるとこのカードにはテンポラリー用SSDしかつなげないってことですな。

あとDSP版Windowsですが、プロダクトキーがスクラッチになっていて、丁寧に削ってやらないとマズイことになる可能性があります。その上、文字が小さいです。じいさんにはつらい!

 

 

7月29日以降、Windows10の新規インストールはどうなる?

掲載日:  

Windows10Logo残り期間が3ヶ月を切ったWindows10無償アップグレード期間ですが、7/29以降にクリーンインストールはどうなるのかと、色々と探してみました。

結果は「PCの構成を変更しなければ、クリーンインストールできる」らしいです。

ですが、構成の変更とはどの程度を指すのかが、非常に曖昧です。

多くの方はPCを買い換えるイコールOS付きで全体を購入という流れですが、自作派は一部のパーツのみ交換ということもあり得る訳です。いや、そうでも無いかな? 一般でもHDDだけ交換というケースで「構成変更」に該当するとなれば、困ってしまいます。

Win8までは、その場合でも電話で再認証ができた訳ですけど、Win10はどうなるかまだ明確な答えは提示されていないようです。

どちらにしても自作派は、結局購入するしか無いかもしれません。

Windows10でPowerDVD12の動作が不安定

51XLFafBL+L._SX342_Windows10で環境を徐々に構築しているんですが、サイバーリンクのPowerDVD12が不安定です。

起動できれば問題なく動作するんですが、起動しないときがありますね。

Windowsを再起動するか、PowerDVD自体を再インストールすると、起動します。やはりPowerDVD12はWindows10にキチンと対応していないのかもしれません。

最新は15ですけど、けっこう高いので躊躇します。

とりあえず手元にあるDVDFabの無料版dvdfab media player 2を使っててみようと思います。

追記:

この問題ですが、管理者モードで起動すると、うちでは問題なくなりました。

富士通 Arrows M02

arrowsm02-01

スマートフォンです。いま私はNexus5初代を使ってます。契約はワイモバイルでして来年の2月に2年目を迎えます。

それとは別に au のフィーチャーフォンの Gratina を保持してます。

今回、このフィーチャーフォンをMNPして格安simにし、Nexus5の契約を2月でどうにかしようと考えてます。

Nexus5自体にはなんの不満もありません。今でもパワーは申し分ないですし、OSだってAndroid6ですからね。バッテリーさえまだ持てば、今後も使っていてもいいのです。ワイモバイルの契約も月額2980円で5GBとイー・モバイル時代のものなので割高感はありません。

ですが、格安simって使ってみたいじゃないですか!

だからNexus5の件は別にして、肥やしになっているフィーチャーフォンをMNPしようということです。で、表題の富士通製 Arrows M02 を購入してみました。NTT-Xストアで29800円(税抜き)でした。
*現在はNTT-Xストアでも35000円程度に値上がりしてます

2年前にNexus5を39800円で購入できたことを考えると当時のNexus5はお買い得でした。

…全文を表示する

メインPCをWindows10クリーンインストール

掲載日:  

Windows-10早くも12月です。今年7月に始まったWindows10の無料アップグレードも半年が経過したわけです。

半年間様子伺いをしていましたが、11月のアップデートでWindows7/8のプロダクトキーでクリーンインストールできるようになったので、今日、メインPCのWindowsを10にアップデートしました。厳密にはまだまだ作業中ではありますが。

マイクロソフトのWindows10ダウンロードページ

上からメディア作成ツールをダウンロードしてUSBメモリーにWindows10インストールメディアを作成しまして、新規に購入した500GBのSSDにインストールを実行しました。

自宅PCはWindows7からのアップグレードでしたから、Windows10のクリーンインストールは初めてになります。USBメモリーに入れたのは32bit版/64bit版統合イメージでしたから(8GBのUSBメモリーでOK)USBメモリーからブートすると32bitと64ビットの選択画面が出て、その後は(SSDなので)サクサクと進み、プロダクトキーもWindows7、しかもその7自体もアップグレード版なわけですが無事にアクティベートされたようです。

マザーはAsus Z97M-PLUSですが、ドライバーも別途用意しなくともデバイスマネージャーにクエスチョンも出ません。ビデオカードのQuadro K620も入ってましたが、こつらはnVidiaから入れなおしました。

Windows10は現状では7からアップしてもそれほど違和感は感じません。次のWindowsは出さないとマイクロソフトが言ってるようなので10とは長い付き合いかもしれませんから、慣れないとだめですね。

CX-5でLINE無料通話が使えた

掲載日:  

昨日、走行中に(BluetoothでNexus5をCX-5にコネクトしてありました)電話がかかってきました。

でもモニターに出たのは見慣れない電話番号です。

「はて?」とステアリングの通話ボタンを押したんですが、反応なしです。「あれ?」と思いながらNexus5を取り出して通話をタップしました。

するとCX-5のスピーカーとマイクでちゃんと会話出来ました。友人からです。

で、コンビニに立ち寄った時にNexus5で通話履歴を確かめたけど、履歴が見当たりません。

「どうして?」

なので改めて友人に電話すると分かりました。LINEの無料電話だったんです。つまりマツダコネクトってLINEであろうと通話できるんですね。まあステアリング上の通話ボタンは使えませんけど。

今度こっちからLINE通話してみましょ。

Lenovo YOGA Tablet 2 10インチ

掲載日:  

lenovo-yoga-tablet-2-pro-1380-main先日Lolipopにしたら遅くて使い物にならなかった初代Nexus7ですが、発売は2012年、すでに3年が経過しています。今の時代にタブレットで3年経過すると、化石とはいえないまでも、もう過去の遺物扱いになりそうですが、そこはGoogle純正の強みでOSが4.4ならまだまだなんとか使えそうです。

とは言え、そろそろ違うのが欲しいというので表題どおりLenovo YOGA Tablet 2を購入しました。Android 4.4のsimフリーモデルです。

CPUがインテルAtomなので、OSへの最適化という意味ではWindows8.1という選択肢もあったんですが、Windows版のストレージが32GBでは心許ないのと、Windows特有のアップデートでの通信量の多さ、そしてWindows10発表前という点を懸念して枯れたAndroid4.4をチョイスです。

到着後の印象を言えば、サクサク感は少ないです。Nexus5の方がずっとスムースです。やっばりAtomがAndroidに最適化が進んでないのかもしれません。では使えないほどか? と言うならば、ゲームなど負荷の高いものでなければ必要十分でしょう。さらに低価格という点を加味すればコストパフォーマンスは高いと思います。初代Nexus7より画面は綺麗だし、サウンドはずっといいです。simフリーで使えますし。

タブレットの形状が独特なので長所・短所両方あるんですが、縦位置で片手持ちには便利です。

いまのところwifiオンリーで使ってますが、格安なsimを買ってみようかと考えてます。候補はServerman SIM か DMM Moblie です。

Serverman は税込みでも500円未満なのが何と言っても魅力です。常時250kbpsですが。DMMの方は税込みだと700円を超えてしまいますが、月1GBで超過時は200kですが、使用量を必要に応じて気軽に変更できるので、今月は・・・というときに便利そうです。

どちらも変な縛りがないので初期費用の3000円程度が惜しくなければ、どっちがいいか使ってみて比較してみようかな? なんて考えることもできますね。

追記(2015/5/31):

結局DMM Mobileのsimを購入しました。税込みだと700円をちょっと超えます。ただ高速通信が1GBまで使えるのはイザという時に心強いかと。専用アプリで低速・高速の切り替えもできます。

契約から2日ほどでsimが到着し、簡単に開通できました。

低速モードでブラウザ利用は画像が多いサイトじゃない限り、それほど待たされる感覚はありません。Yahoo!のトップページくらいならなんの問題もありません。うちのDriveCafeは写真が少々大きいのでツライです。

Googleマップなどはさすがに低速モードでは難しいかもしれません。でもGoogleマップもオフラインモードを全面的に使えるようになったそうなので大丈夫かな?

もっともメインのNexus5でも月のデータ量は2GB程度なので、DMM Mobileで3GBプランにすれば解決できますし、それでも税込み918円です。

 

Google Chromecast

掲載日:  

ChromecastGoogle Chromecastが日本でも発売になりました。価格も安いので発売日にポチッとしてみましたところ、今日届きました。ヤマト運輸の宅急便で、トレースすると香港から出荷されていますね。

で、Chromecastですが何をするものなんでしょう? ・・・・って買ってから言う文句じゃないわけですが、AVWatchのレビューがわかりやすいかもしれません。

つまりHDMI端子のあるテレビがあって、家庭にWifi環境を構築してあり、スマートフォンやタブレットを持っている人が、ネットの動画などをテレビの大画面で鑑賞するためのドングルってとこですか。

通常のLinuxやAndroidベースのメディアプレイヤーと違う点は、スマフォやタブレットはあくまでリモコンとして作動し、ChromecastがWifiを介して直接再生することですと。

Chromecast到着

実際は自宅に帰らないと検証できませんが、いまや家庭でWifiを構築している率も高いですから、SDK配布で再生できるメディアが増えればいいなと考えてます。

…全文を表示する

まいとーくFAXとロジクールのマウスウェア

掲載日:  

確定申告とかいろいろと一段落したので、少し前に買ってあったCore i7 2600用のマザーボードと新しいSSD、3TBのHDDを使ってWindows7を入れ直しました。

最近はAdobe CloudやMicrosoft Officeなどアクティベーションが必要なソフトウェアが増加したせいで、単純にストレージを初期化して再セットアップすればいいって訳にはいかないのがメンドーではあります。まずは必要なデータのバックアップをして、解除できるアクティベーションは事前に解除する手間が必要です。解除する手段のないソフトはメールなどでアクティベーションカウントを戻してもらうように要請しておきます。

で、パーツを交換し、Windows7のインストールはサクサクッといくわけですが、今回は2点ハマりましたのでメモしておきます。

…全文を表示する