Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

ハードウェア:カテゴリーアーカイブ

D850用XQDカードを確保

掲載日:  

すでに予約しているNIKON D850。メモリーカードがXQD/SDのダブルスロットです。D5だとCFかXQDが選べますがD850は一択です。まあ、進化が止まったCFでも困りますがXQDってどうなの? ってことですよ。

いままでもソニーとレキサーしか作ってなかったのにレキサーが撤退表明しているので今後の供給はソニーのみです。

とはいえ、無くては困るのでとりあえず1枚ゲットしました。

レキサー LXQD64GCRBJP2933 Professional 2933x XQD 2.0カード 64GB

いままでずっとメディアは32GBで通してきましたがD850は画素数が4500万なので32GBではさすがに足りないだろうと64GBです。

さらにSDカードも追加しました。自分的にはトランシェンドでしたが、トランシェンドで一番速い黒いカードは64GBものしか見当たらないので、サンディスクのSDSDXXG-128G-GN4INです。

SDSDXXG-128G-GN4IN

で、XQDって速いのかな? という疑問が・・・。

いままで使ってきたカードリーダーはXQD対応じゃないので、同じ環境とはいえませんが、CrystalDiskMarkで測ってみました。


XQD

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 189.567 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 53.633 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 16.777 MB/s [ 4095.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 0.013 MB/s [ 3.2 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 263.632 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 145.531 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 16.210 MB/s [ 3957.5 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 0.011 MB/s [ 2.7 IOPS]


SD

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 92.905 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 86.748 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 5.899 MB/s [ 1440.2 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 2.271 MB/s [ 554.4 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 95.219 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 89.338 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 5.888 MB/s [ 1437.5 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 2.232 MB/s [ 544.9 IOPS]


こう見るとシーケンシャルリードはXQD速いですね。シーケンシャルライトはそれほどでもなし。ランダムリードライトはSDの方が速くないか? うーん。

これだとSDカードをメインカードにして足りないときにXQDという使い方でもいいようです。

 

Core i7 7700KをスルーしたらAMD Ryzenが出てきた

掲載日:  

まだまだCore i7 4790Kで問題なく使えていました。で、Kaby LakeなCore i7 7700Kが出てきましたね。でも調べると4790Kと7700Kのベンチマーク差が20%無いらしいです。

だから今回もスルーして4790Kを使い続けようと考えてましたら・・。

なんとAMDから久しぶりに良さそうなのが出てきたじゃないですか!!!

AM4ソケットのRyzen 7登場!!

うわー、ちょっと食指を動かされるじゃありませんか、これ。

1800XだとCore i7 6900Kにも届きそうな性能と謳ってますが?

メインマシンにAMDだとすればPhenom II以来になります。それが2009年だったので、約8年ぶりです。

解禁は3月3日みたいなので、ユーザーベンチマークが出てくるのが楽しみです。果たしてAMDが言うことが真実なのか? もし見かけ倒しなら、まだまだ4790K現役続行です。


2017/03/11追記

ふむ、実際、発売開始になってから、ネットで調べるとやはり総合的に見てRyzen7は現行のCore i7と比べてもゲーム以外なら、性能は高そうですね。最下位の1700でも。8コアCPUが現実的になるなんて、久しぶりにワクワクします。

そうなると狙いは1700xか1800xでしょうが、現時点ではマザーボードがほぼ完売状態らしいので、導入は早くても4月でしょうね。

しかし主要パーツのCPU、マザーボード、クーラー、メモリー、電源、SSD、OSと計算していくと1800xで14万程度と決して安くはないですね。まぁ1800xだとCPUだけで約半額を占めますからねぇ。

なんとか予算を捻出しないとなぁ~。

Vostro2520+Core i5 3320mのベンチマーク

掲載日:  

vostro_2520_teaser_new_02無事にパーツ交換が済んだVostro2520ですが、Core i3 3120mの時のスピードが分からないので、仕事場で使っているデスクトップPCと一緒にベンチマークしてみました。

ベンチマークのソフトは定番のCrystalMark 2004R3です。

まずデスクトップPCの結果ですが、スペックはCore i7 4790/32GBメモリ/SSD/nVidia Quadro K620って感じです。

bench_

CPUとしては一昔前ですが、GPUにQuadro K620なのでGDIやOGLの数値は比較にならないので無視してください。

次にVostro2520改です。

bench_vostro

ALUがデスクトップPCの約半分、FPUが0.53倍、MEMは0.28倍と大差です。HDDだけは0.93倍と健闘してます。(同じSSDでもバスとかTLC、MLCの差かな)

まあ、この結果だけ見てしまうと話にならないです (T_T) けど、友人からのもらい物プラス14,000円の出費だと思えばコストパフォーマンスは悪くないんじゃないでしょうか?

 

 

Vostro2520のCore i3 3120mをCore i5 3320mに換装

掲載日:  

vostro_2520_teaser_new_02アマゾンさんからCore i5 3320mの中古品が届きましたので、早速Vostro2520のCore i3 3120mを交換しましょう。

ただ・・貰ったVostro2520を使い倒していないのでCore i3 3120mの性能を知らずに「ノリ」での交換なので、ネットで性能差を調べると

Core i3 3120m VS Core i5 3320m

CPUBOSSさんでは10点中6.3対6.8だそうです。小数点0.5の差はいかがなものかとも思いますが、ま、趣味だと思えば無問題でしょう。

img_0418

とりあえず背面のバッテリーを外します。

img_0419

キーボードパーツはボディに数カ所のツメで固定されてますので、細いマイナスドライバー2本とかで(できれば専用のプラスチック製がキズつかないけど)ツメを押しながらキーボードを持ち上げていきます。

…全文を表示する

DELL Vostro2520を貰ったのでグレードアップしよう

掲載日:  

vostro_2520_teaser_new_02

友人からDELL Vostro 2520をいただきました 🎵

このVostro2520は今年7月前にWindows10にアップグレードしてあったものです。ただ友人はWin10にしたら動きが緩慢とのことで、新しいノートを買ったそうです。

んじゃってことで、スペックを調べてみました。

CPUはCore i3 3120m、メモリーは2GBです。HDDは320GB、画面は1366×768です。OSは32ビット版でした。個人的にメモリー2GBは無いと思ってまして、5400rpmのHDDもイヤなので、どうせもらい物なこともあり、パーツを発注です。

とりあえずバラしてメモリーを見てみるとノート用SODIMMでDDR3L-1600となってます。Lが付いてるってことは普通のDDR3-160より低電圧なのかも知れません。なのでアマゾンでUMAXのメモリー、8GBをポチりました。

UMAX SoDIMM DDR3L-1600 8G*1Castor SoDDR3-8GB-1600

さらにTLCメモリーのSSDで240GBのSANDISKのやつ

SDSSDA-240G-J26C (SSD/2.5インチ/240GB/SATA)

も発注です。2つ合わせてだいたい1万くらいです。

…全文を表示する

DS416J入院中です

掲載日:  

134102202月に導入したSynology DS416Jですが、ただいま入院中なんです。

DS416JにWestern DegitalのRED 3TBを4台入れて2月に稼働開始の後、ある日突然本体からブザー音が鳴り始めました。

管理画面で確認すると、Disk4が正常ではないと出ています。とりあえずブザー音を止めてからディスクの修復を開始。だいたい半日ほどで復旧です。

が! それから1週間くらいで同じ症状が出ました。これはハードディスクが逝っちゃったか?と、やむなくRED 3TBを1台追加で購入してDisk4を交換しました。

だけど・・・・・3月に入ってまたもエラーが発生です。これはハードディスクじゃなくて本体の不良だと判断し、Synologyにメールしましたら、カーネルログを送れと指示され、手順どおりに送ったら

…全文を表示する

Synology DS416jを導入しました

掲載日:  

13410220
直前のエントリーで検討していたDS416j。やはりバックアップ体制強化のために導入してしまいました。

DS215Jは自宅に移動です。

今回、DS416J導入のため、DS215Jに入っていたWD RED 3TB 2台をDS416Jに入れ、更に同じWD RED 3tBを2台同時に購入です。

3TB✕4台でRAID(SynologyのSHR)で、空き容量は 8.1TB です。

導入前からDS215jよりCPUクロックが高くなったので、全体的な動作スピードも上がっただろうと推測していましたが、そのとうりでした。ブラウザで管理ページを操作しても、またスマートフォンのアプリでファイル操作しても一段レスポンスが向上して快適になっています。

…全文を表示する

Synology DS46jを検討中

掲載日:  

13410220去年の9月にSynology DS215jを導入しました。

DS215jには3TBのHDDが2台入ってます。で、3TB2台でもRAID(正確にはSynology独自のSynology Hybrid Raid)で、管理プログラムも入るので、実際に使える容量は3TBを下回ります。

そのなかに写真のRAWファイルや大量のMP3とかを入れると、空きがすでに800GBを割ります。

このペースだと後1年も立たないうちに容量不足になるのは避けられないと、不安な気分です。

そうするとHDDが2台しか入らないNASではHDD自体の容量を上げるしか無いわけですが、4TB以上のHDDってまだ値段がこなれていません。

ならばDS215jを自宅用に払い下げて、HDD4台のNASを入れるしかないのでは ?

ということで、DS416jを検討中です。

DS416jとDS215jの比較

CPUがDS215jよりクロックアップしてたりします。それに本題の容量はRAID5やSHRで3TB✕4台だと、n-1となるので8強確保できるはずです。

コストパフォーマンスでいうとUSB接続のハードディスクケースのほうが高いですが、RAIDによる安心と、今や必須といえるネット越しでのアクセスでNASを選ぶ必然性はあります。

なので前向きに検討中です。

 

無線LAN中継器 忠継大王 MZK-EX750NP

mzk-ex750np

我が家の寝室は母屋じゃなくて離れなんです。そしてネット回線は母屋です。当然無線LANのアクセスポイントは母屋にあります。いままで離れの寝室では電波がギリギリで接続できるかという環境でした。そこで意を決して中継器を導入しました。ネットで評判がいい忠継大王です。

寝室に設置するのに見た目重視というか、ネコ派だけど、こいつ見た目が可愛いじゃないですか!!

 

【在庫目安:あり】【送料無料】PLANEX 11ac/ n/ a/ g/ b対応 433Mbps+300Mbps コンセント直挿型…

母屋のアクセスポイントはNEC製品ですが、この中継器同士はWPSボタンで簡単にコネクトできました。またこいつは2.4GHzと5GHz両方で接続できます。NEXのが2.4GHzのみなので意味はありませんがね。

導入後は寝室で快適にネット接続できるようになりましたよ。

NAS Synology DS215J

掲載日:  

syno-0仕事場でのストレージはHP MicroserverにFreeNASを入れて使っていました。

別にMicroserverがダメってわけでもないです。費用対効果でいえば非常に良いわけです。同じ価格帯でNASを買うよりCPUやメモリーは圧倒的に有利です。Microserverは AMD Turion™ II NEO N54Lで、デュアルコアでクロックも2.2GHzなのに、DS215Jは同じディアルコアであるもののクロックは800MHzと非力です。メモリーもMicroserverが標準で2GB搭載してますがDS215HJは512MBですもん。また、Microserverは導入してから今までダウンタイムはまったく発生していません。

だからHP Microserverは優秀だと言えます。もちろんOSを自分で管理できる人という限定ですが。

でも生来の浮気症というか、Synology DS215Jをポチッてしまいました。^^;

syno-0

このDS215JはSynologyの製品の中では格安の部類ですから、読み込みや書き込みのスペックはMicroserverより劣るものの、FreeNASより圧倒的に導入が簡単だったり、クラウドと連携できたり、メディアサーバーが標準で利用できたり、もちろんスマートフォンからもアクセス可能などなど、面白そうだったからです。

それにメールサーバーにもなりそうなのが最後の決め手でした。

…全文を表示する