Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2:カテゴリーアーカイブ

ころ柿の里

所属してい某写真クラブの県企画で総勢なんと80数名で山梨県は塩山、ころ柿の里へ日帰りで団体バス旅行を敢行です。いままでこういう趣旨のバス旅行は行ったことがなかったので後学のための参加でした。

アマチュアカメラマンの団体って傍から見たらけっこう迷惑千万なところがあると、今更ながらしみじみと感じてしまいましたよ。

_XT13116

こんなかんじですからね。仕事しているようじゃないですね。でも地元の人は慣れてらっしゃるようでとても穏やかに対応されてます。感謝感謝です。

でも出かけた金曜日は天気が悪くて日が射しこまないんです、残念。

_XT13363

本当なら青空と柿とか、障子に映った柿の影とかが撮りたい題材なんですけどダメでした。

…全文を表示する

鹿島臨海工業地帯

昨日は天気が悪かったので、天気が悪いほうが良さそうな被写体ってことで工業地帯に行ってみました。鹿島臨海工業地帯です。
_XT12888

行ってみると意外と「どこへ行けばいいの?」状態でした。

_XT12962

千葉県側の遠くから見ていると、ああ、あの辺だろうと思って近づくと、アレレ? って。

結果的に「砂山都市緑地」にたどり着きました。

…全文を表示する

東京ドイツ村のイルミネーション

東京ドイツ村に出かけました。イルミネーションのためです。

車には何本かレンズを積んでましたが、降りるときに明るいF値のCarl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2だけでいこうと思い立ってしまいまして・・・

_D750915

暗い中でのマニュアルフォーカスってあんまり経験がなかったこともあって、修練のためのチョイスでしたが、やっぱり予想通り難しいですね。 ^^;

…全文を表示する

彼岸花2

掲載日:  

今朝は朝日が射しているうえにとても爽やかで気持ちがいいです。で、先日の熊野神社じゃなくて、ほんのご近所にある墓地入り口に彼岸花を発見。

彼岸花

Dxo Filmpackで Velvia 仕上げです。先日はシグマの24-105mmでしたが、今日はツァイスのプラナーT 50mmです。でもVelvia仕上げにしちゃうと差が分かりません。(^^ゞ

…全文を表示する

レンズ沼 – Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2

フォクトレンダー Ultron 40mm がとてもおもしろかった。敬遠していたMFだけど、思っていたほど厄介でもなく、これならもう1本くらいと・・・・レンズ沼にまた一歩ズブリ・・・。Ultronと同じコシナ製のCarl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2です。

自分的にカールツァイスまでは手にすることはないだろうと漠然と考えていたのにです。この先が怖いです。

このレンズ、ドット2なのでCPU内蔵でAEが効きます。なのでニコンのフォーカスエイドを併用すればマニュアルフォーカスも問題ありません。程よいトルク感のピントリングはUltronと比較して非常にストロークがあり最短から最遠まで一気に回せませんが、それだけ微妙な調整が効くタイプです。ニコンの安い50mm f1.8と比較してませんが、RAW撮影でLR5のレンズ補正だけして(風景プロファイル使用)あるので色味は補正してません。
DSC_7541

DSC_7551

…全文を表示する