Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

シグマ APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM:カテゴリーアーカイブ

タムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD

カメラネタが続いてますが、タムロンから新しい超望遠ズームが発表されましたね。

SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD(A011)

600mmという超望遠です。希望価格が税込147000円ってのがちょっと安すぎて怖い面はありますが、カメラメーカー純正の500mmオーバーはとてもじゃないけど手が届かない価格帯なので、このレンズの望遠端の画質に期待しちゃいます。広角端のF値がF5はツライ感じですが・・・

私はシグマの50-500mmを持っていまして、このA011もほとんど同じ重さなんですね。フィルター径も一緒です。

シグマの50-500mmは価格を考えれば望遠端の画質についてもなんとか納得できる範囲、つまりは想定内なんですけど、A011が同等以上であればリプレイスも考えたくなります。

ちなみにシグマ APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMのサンプルです。

2枚ともトリミングしてあります。NIKON D600/APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM/f8

APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM

 

 

ハスの花の色って?

掲載日:  

お盆にカミさんの実家へ出かけてヒマだったのでちょっと散歩先でハスを撮ってみました。

ハス1

D600/シグマ50-500mm (210mm f8)/DxO Optics Pro + FilmPack Provia

重かったけど久しぶりにシグマの50-500mmを持ちだしました。ハスの背景の田んぼはもうずいぶん色づいています。今月末か9月初めには稲刈りが始まるんでしょうか。

ハス2

D600/シグマ50-500mm(500mm f8)/DxO Optics Pro + FilmPack Provia

500mmという焦点距離からすれば格安と言えるレンズですが、大気の状態に左右されない中景なら十分な解像度がありますね。特にこういった田んぼの遠い位置にあるハスのような被写体だと助かります。もちろん三脚必須ですけどね。

ところでハスの花の色なんですが、今回撮影したあたりではほとんど「白」でして、大賀蓮のような「ピンク」は見当たりません。そこで近所のハス農家の方に聞いてわかりました。つまり食用に地下茎を出荷しているようなハス田のハスは味、食味優先の交配(F1?)の結果、ほとんど「白」だそうです。たまに先祖返りしてピンクっぽくなることもあるそうですが。

なのでピンクのハスは原種に近いか、生け花用に栽培されているものらしいです。

刑部岬で避暑気分

掲載日:  

ご承知かと思いますが、ここ数日暑いことといったらもう大変ですよね。猛暑日連発です。やっぱりNASAの発表は正しかったってところでしょうか。

まあ私は普段仕事場にお篭りしているんで昼間の暑さを実はそれほど体感していないんですが、休日は話が別です。普段が普段なだけに耐性ができてません。昨日のお休みは本当に暑くて困りました。ともかく暑いし風が殆ど無い!

う~・・・・暑い。

千葉県には高い山が無いので涼しい高原も無いんです。んじゃ海でしょ。

あ! あそこはきっと涼しいゾ。

と言うわけで元・飯岡町(現・旭市)の刑部岬へ出かけて来ました。

自宅付近でエクストレイルの温度計が34度くらいだったんですが、海沿いの道に到達するとなんと27度です。これならエアコンを切って窓全開で走れます。爽快ですよ~、来てよかった。

刑部岬周辺地図

大きな地図で見る

元・飯岡町は東日本大震災で千葉県内では一番被害があった地域ですが、刑部岬はその飯岡町を見下ろせる格段に高低差があるロケーションです。でもそこに展望台があります。今日の狙いはここの展望台。

道を走っていてもすでに快適な温度だったわけですが、この展望台に来ると、もう天国です。ほぼ四方が開けている上に下の展望台は上の展望台が屋根になっているので完全に上からの熱が遮られています。そして自宅で無風だったのがここでは心地よい風が吹き抜けています。

体感では25度を下回るかんじでほんとうに気持ちいいです。できるならここで暮らしたい。この猛暑日でこれですから、普通の日はヘタすると肌寒い時もあるかもしれません。

しばしベンチで避暑モードです。

…全文を表示する

カタクリ

掲載日:  

今年は3月末ころからカタクリが咲いているという情報が入っていたんですが、なにしろ天気が悪い。お花見もいけないくらいなので森の下生えの位置に咲いているカタクリは太陽が差し込まないと暗くてウレシクないのです。

昨日がおやすみでしたがもうほとんど台風みたいな天気でした。さらにこの土日も荒れる予報。なので今日なんとか時間を見つけて30分ほど撮りに行きました。

残念ながらもう盛りは過ぎたようですね、残念。

去年は180mmマクロと70-200mmを持参したのですが、まだちょっと短いかな?と、今年は70-300mmと50-500mmです。シグマの50-500mmは解像度で不利なんですけど、こういった被写体だとあまり分かりませんね。ただボケが綺麗に円形になりませんです。

_DS63525

_DS63570

_DS63531_DxO