Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

Fマウントレンズ:カテゴリーアーカイブ

冬の荒川線沿線再訪

今年も桜トラムこと都電荒川線沿線へ出かけてきました。今回の目的の一つは写真家の中井精也さんのギャラリー「ゆる鉄画廊」が三ノ輪橋近くのジョイフル三ノ輪にあるので、行ってみたいな・・と。

しかし! 結果で言うと水曜日はダメでした! 

私の休みが水曜のなのでこりゃ絶対にダメじゃないですか? ジョイフル三ノ輪自体が水曜は休みのお店が多くて半分くらい閑散としてました。はい。

まぁそれは結果論でして、散歩がてらの荒川線沿線はやっぱり楽しいのです。

雑司ヶ谷の鬼子母神境内の上川口屋さんもまだまだ元気に開店してました。江戸時代創業でなんと235年とか。

荒川線は駅の数は多いけど駅と駅の間は狭いので2駅歩くなんて簡単です。

…全文を表示する

秋の桐生川とわたらせ渓谷鉄道周辺

写真の友人たちと桐生川源流、わたらせ渓谷鉄道あたりに紅葉を撮りに出掛けました。7月を最後にいろいろとあって撮影に出掛けられませんでしたから、ほんとうに久しぶりの撮影行はたのしかったです。

千葉を早朝3時台に出発、新しい湾岸の高谷JCTから外環で東北道と進み、佐野の先で北関東自動車道で佐野田沼ICで降り、66号線で桐生川源流を目指しました。

紅葉自体はやっぱり台風の影響を避けられずキレイとは言いがたく残念ですね。来年に期待しましょう。

続いてわたらせ渓谷あたりに移動して・・・

撮り鉄にはほど遠いので、列車ってどう撮るのかよく分かってません。ローカル線は本数も少ないのでチャンスも少なくて、待ち時間が長いのも私にはどうも向いてないかも。(小中-神戸中間)

…全文を表示する

神楽坂祭り2018

去年に引き続き2回目の神楽坂祭りです。今回の相棒はD850とF1.8トリオの28mm、50mm、85mmの単焦点のみ。それも絞ってもF2.8までと、だいたい解放勝負です。ISO設定は~6400までの自動モード。

この日は少しだけ酷暑から解放された日で、神楽坂へ着くまでは快適な夏の散歩でした。

路地裏のニャンコ

日が暮れる頃から、浴衣姿の女の子たちが増えてきます。

一応ホオズキ祭りとかうたってますが、去年同様ホオズキの屋台は二軒のみと、名前だけ。

…全文を表示する

桜を追って三春町へ出掛けた

今年は桜の開花が早くて地元や東京で桜を満足に撮影できませんでしたので、友人と福島県三春町へ出かけてきました。

三春と言えば滝桜が有名ですが、観光客で混雑しているのは目に見えているので滝桜は無視しまして、三春周辺を何カ所も巡ってきましたよ。

しかし三春の周辺ってどこも桜がありますね。最初は感動してましたが徐々に慣れちゃってて、本当にいいスポット探せたのかが心配です。

で、前日の深夜に千葉を出て、三春町役場の駐車場で仮眠しながら日の出前を待ちました。そして最初は塩ノ崎の大桜です。

早朝なのでちらほらとカメラマンがいますが邪魔なほどではありません。

塩ノ崎近くの桜と名残の月。

…全文を表示する

冬の浅間大滝周辺

今年も行ってきました、浅間大滝あたり。今年は一人じゃなく写真仲間と一緒です。

千葉から関越道で小諸まで行き、湯ノ丸経由で嬬恋へ入りました。

定番の撮影スポットですが、手前の畑に雪がありませんでした。今年は日本海側は豪雪ですが、太平洋側は雪が少ないですね。奥日光もそれほど降らなかったし。

しかし嬬恋村のこのあたりは眺望抜群です。寒い時期は空気も澄んでるので気持ちよく見渡せます。

…全文を表示する

冬の富士をめぐる

残念でした。富士山がほとんど見えませんでした。主役が見えないと「どこの何をしに行ったのか?」って話ですね。

東名で富士宮市から時計回りで富士山を周遊しましたが、忍野へ着くまで全く見えません!

精進湖畔です。対岸に富士山が見えれば絵になるんですが。なんか今年は一般的な太平洋側の冬晴れってのが少ない感じです。

唯一、忍野からの主役が映った1枚

…全文を表示する

八丁堰の白鳥

今年も東庄町の八丁堰に白鳥が飛来しています。

鳥さんは難しいですねぇ。遠いし、早く動くからなぁ。D750に150-600mmを一脚で狙ったんですが、上空にくると一脚が邪魔でして、一脚ごと持ち上げてカメラを振らないといけなくなっちゃったりして。

2月いっぱいくらいは、白鳥がいてくれそうらしいです。

鴨さん、気持ち悪いくらいたくさんいます。

日光、興雲律院の律院年越祭

ここ数年雪が降る季節に日光へ出かけてますので、今年も行ってきました。残念ながらいろは坂にも中禅寺湖周辺にも道路に雪が積もってませんでしたね。日本海側は豪雪ですがこちらは少ないようです。

湯ノ湖畔にて

なので奥日光は早々に切り上げて、興雲律院の律院年越祭を観てきました。

興雲律院は有名な東照宮とは全く別で、1729年建立の天台宗で、もともとは修練場みたいな成り立ちらしいです。ですから年越祭も山伏姿でした。

期待していた雪景色はハズレでしたが、年越祭は面白かったです。

ただ、火の粉でダウンジャケットが穴あきになりました。こういう時はナイロン製のもので近づいてはダメですね。

新春の飯岡海岸と刑部岬からの富士山

新年になって三日目、千葉でも猛烈な風が吹いてましたので、日暮れ頃に飯岡海岸へ行ってきました。

案の定、寄せる波が強風で吹き上がってました。

こう風が強いと体感で氷点下に感じられます。防寒はちゃんとしたんですがねぇ。帽子だけじゃなくてフェイスマスクするんでしたよ。つらいつらい。

…全文を表示する

工事が終わった東京駅周辺

丸の内側の改修工事が終わった東京駅周辺を歩いてきました。やはりけっこう寒くて帽子と手袋必須の季節です。

ようやく邪魔者が無くなってよく見えるようになりました。

駅前の木々に電球が巻き付いてましたが、昨日は点灯しませんでしたね、きっとクリスマス前後からなんでしょう。

…全文を表示する