Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

EF24-105F4LISUSM:カテゴリーアーカイブ

銚子へお出かけ

掲載日:  

昨日はお休みでした。天気予報で夏日になりそうだとのことだったので、まず早起きして近所をドライブしてから午前中の早い時間にホームセンターへ油粕とゴーヤの種を買いに行き、夏に向けて植え付けを済ませました。

いかにも暑くなりそうな朝です。畑から水蒸気が上がってます。

その後、久しぶりに銚子へでかけました。

_MG_0413.jpg

銚子電鉄の外川駅は終点です。近辺はまだ昔の風情が残っていて道も漁師町らしくとても狭くてエクストレイルだと厳しいくらいですけど、そこがいいんでしょうね。ニャンコが道端で昼寝してたりして。

カミさんが銚子の灯台へ昇ったり君ヶ浜を散策したりとまったりした休日でした。帰りに嘉平屋で揚げ物を買って帰宅です。

新しいDPPのデジタルレンズオプティマイザー

掲載日:  

キャノンの純正RAW現像ソフト、デジタルフォトプロフェッショナルが3.11.26.0にアップデートされて5D Mark III発売に合わせていくつか新しい機能が追加されました。またこのバージョンからDPPアップデート後にレンズデータを個別にダウンロードする方式に変更されています。

新しい機能の一つがデジタルレンズオプティマイザーです。公式サイトから引用します。

レンズから入った光が、カメラ内のフィルターなどを通過する際に発生する光学的影響。それは、画像のにじみやピントの位置ずれの要因のひとつになっていました。Digital Photo Professional*の新機能、デジタルレンズオプティマイザは、この光学的影響に対し、光の伝達係数を関数化・フィルター化。受光画像に適用することで光学的な影響を補正。それにより、画像中心部だけではなく、特に画像周辺部での解像感や描写力が向上。作品を隅々まで高画質に仕上げます。CMOSセンサー/EFレンズ/ソフトウエアと一貫して自社設計、製造するメリットを活かし、高精度な補正と優れた効果を可能としています。

いわゆる「小絞りボケ」、F値を大きくしたときの回折現象も補正できそうです。またこの機能は5D Mark IIでも使えます。でさっそくテストしました。

EOS 5D Mark II に純正24-105mmをつけてF22のRAWで撮影したものを補正せずにJPEG出力したものです。普段はこんなに絞り込まないんですがテスト用です。そして下の画像の左がデジタルレンズオプティマイザーを使わない状態で右が100%使った状態です。

サイト用に少し縮小していますのでわかりづらいかも知れませんが確かに右のほうがディテールがクッキリしていますね。使えそうです。シャッタースピードを落としたくてF値を大きくしたい時もあるのでこの機能は価値があります。

ただ残念なのは汎用ソフトじゃないから純正以外のレンズでこの機能が使えないことです。

ミツバチと杏または河津桜で全部ピンク

掲載日:  

いやぁ、さすがに今日は暖かかったです。気持ちいいですね。

一昨日は蕾だった我が家の杏が開花しました。某所の河津桜はもうサカリを過ぎた感じでしたね。杏もピンクで河津桜もピンクです。