ROWAアングルファインダーなんか一部で発売後1年足らずのD600の後継機が出るとかでないとか噂が出ていますが・・・ユーザーとしてはちょっとどころかすごく残念ですね。センサーの油汚れのトラブルがうまく解消できないのがマイナーチェンジの要因の一つであるとか無いとか・・・うーん。まあうちのD600では自分が鈍感なのか感じないので良しとしておきましょう。

さてD600ネタなんですが、低い位置でマクロなんかで撮影するとき、古い人間はライブビューよりやっぱりファインダーを使いたいなんて欲求がありまして、純正の各窓用変倍アングルファインダーはけっこうお高いのでROWA JAPANのを買ってみました。

角窓用なのでD800には使えませんし、ROWAの販売ページの説明にはD600とはうたってませんが、D7000があるので大丈夫だろうと購入してみました結果、問題ありませんでした。

各社対応の アングルファインダー(1倍と2倍選択可) の同梱一式

さっそくNIKON用アダプターで装着です。

各社対応の アングルファインダー(1倍と2倍選択可)

以前のエントリーのように丸型アイキャップをつけているので、それを外して上から溝に差しこむだけです。

各社対応の アングルファインダー(1倍と2倍選択可)

上図のように倍率は等倍と2倍の切り替え式です。また接眼部の下のラバー部分が視度調節になっており、90度に曲がっている部分はカメラの縦位置撮影ポジション時にも回転することができます。

各社対応の アングルファインダー(1倍と2倍選択可)

純正品を使ったことがないので実際の使い勝手やファインダーのクリア感などは比較できませんが、マクロで使ってみた感じでは全く問題ありません。

実際、マクロではマニュアルでのピント調節で2倍表示というのは格段に楽ですね。

ニラの花

上はニラの花ですが、背が低いので小さい三脚でアングルファインダーを付けてテストしました。アングルファインダー、気に入りました。

あと・・・・できれば、装着後に上に跳ね上げ式にでもしてもらえると、もっと便利かなぁ。