Fujifilm X-E1を買いましたFujifilm X-E1
X20を売却してオリンパスやソニーと迷った挙句にX-E1を購入しました。

X-E2が発表になって位相差AFとかデジタルスプリットによるフォーカスが使えたりするんですが、D800E、D600があってのサブならぬサードカメラですから、新製品の価格は出せませんし、EVFの使い勝手も自分には未知数ですから、型落ちで格安になったX-E1は魅力です。なにしろ実売価格がレンズキットで88000円程度で、レンズ単体は45000円しますのでボディは45000円しない計算です。

X-E1が届いてまずはバッテリーの充電をして、初期設定です。私は背面液晶での撮影はしないので液晶を常時OFFにし、撮影後の画像確認もoffです。これで電気を食うのはAFとEVFがメインですのでだいぶ省エネかと思います。

記録方式はX20でもJPEG撮って出しがいい味なので、とりあえずRAW+FINEとし、手持ちの16GBのSDカードでも500枚位上撮影できそうです。

DSC_6262

しかし・・・X-E1もボディだけだとX20とほとんど同じ重量ですが、さすがにレンズが重い。合計600gオーバーでX20とはずいぶん違い、その上バランスはあまりいいとはいえませんね。ストラップで肩からかけるとレンズがお辞儀しそうです。こうなるとパンケーキレンズが欲しくなります。

DSC_6263

さらにD800Eとかの一眼レフタイプと比較すると右手のグリップ部分も浅くホールド感が薄いです。また純正のストラップはX20とほとんど同じで細くて頼りないので社外品かなにかに変更予定です。

で、とりあえずJPEG撮って出しのテストです。さすがにセンサーサイズがAPS-CなのでX20で気になったヌメッとした質感もないし、ノイズも非常に少ない感じです。

X-E1でJPEG撮って出し

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 1/150 F/4 ISO200 PROVIA

 

X-E1でJPEG撮って出し

XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS 1/340 f/5.6 ISO200 PROVIA

それと・・・私が慣れていないせいだと思いますし、X-E2ではもっと良くなっていると思いますが、EVFはやっぱりまだまだOVFにかなわないです。追随性が悪い。レスポンスも。ただ電子ファインダーだから、OVFではマグニファイヤーじゃなければできない拡大ができてMFでのピント合わせができる点は優位点といえます。

色々と短所っぽいところばかり書いちゃいましたが、出力される画像に関してはX20と比較にならないくらい良いです。それでいてD600とくらべても半分近い重さですから、ロープロパスポートスリングやクランプラーのミリオンダラー4にサッと収まるのもいいです。