ベルボン Neo Carmagne 840SP2geocarmagnen840_0480
三脚です。いままでメインの三脚はマンフロット 055CXPRO3でした。取り回しと安定性のバランスはとても気に入ってました。たぶん70-200mmとか、70-300mm程度なら問題ないと思います。

でもいま手持ちのタムロン150-600mmだと少々頼りないのです。

なのでもう少しパイプ径の太いものはと探しました。ちなみに055CXPRO3はパイプ径29.2mmで、自重1.65kg、全伸高175cmです。だからパイプ径34mm以上を希望です。

もちろんジッツォという選択肢もあるわけですが、当然予算が足りません。て、言うか、私の腕前でそこまで高価な機材は恐れ多いわけです。

ハスキーのハイボーイも考えましたが、やっぱカーボンがいいなと。それでマンフロットだと057シリーズが該当します。057カーボン三脚ギア付き4段あたりですか。価格コムだとだいたい82000円くらい。品物としては非常にそそられるんです。パイプ径39mmもあるし、脚の伸縮もレバー式だし。

なので「これで決まり」とか思ったんですが、他を検索していてお買い得なものを見つけてしまいました。

このエントリーのタイトルである ベルボン Neo Carmagne 840SP2です。

ベルボンのサイトには「ジオ」はあっても「ネオ」という製品はすでに型落ちで見当たりません。じゃあ今頃ネオって? という話ですが、販売サイトでの説明は・・・

※Neo Carmagne 830sp2は Geo Carmagne N840のサービスセンター補修用部品をベルボンの工場で組み上げて作成した商品です。品質は Geo Carmagne N840と変わりません。1年間のメーカー保証書もついています。

と、あります。これは良さそう・・・。現行品のジオと比較しても遜色が見当たりません。あと、マンフロットは脚が剥き出しでウレタンカバーは別売ですが、ベルボンは最初から付属してます。冬場で剥き出しは辛すぎるので結局買うしか無いんです。

よし決定!! で、買ってみました。

_D750796
左が 055CXPRO3で、右が840SP2です。 055CXPRO3は3段、840SP2は4段なのでこの状態だとほとんど高さは変わりませんね。

_D750800
でも脚をすべて伸ばすとこんなに差があります。これで雲台をつけると脚立がないと無理です。でも脚はすべて伸ばさなくてもいいのです。私の身長(180cm)だと4段目を1目盛だけ出すとちょうどいい高さでした。

ただ・・・重さが三脚部だけど3.3kgありますので、ハスキー3D雲台とかを付けると、自由に持ち歩くことは体力と勇気が入りますです。当然カメラとレンズもですもんね。

車のカーゴの肥やしにならないように使いこなさないと・・・ですね。