Gmailを自動でスプレッドシートに書き出すふとGmailに蓄積されているメールをまとめられないか? と考えました。

例えばメールを特定条件でスプレッドシートへ自動記入できれば? と。

スマートフォンだとIFTTT(イフト)とかで自動化できますが、今回はマイクロソフトフロウ(Microsoft Flw)でやってみようと思いました。

Microsoft Flw

当然ですが、GoogleのアカウントとMicrosoftのアカウントが必須です。

マイクロソフトフロウの無料プランは月750回の実行数と15分毎のチェックになります。(プラン参照

●Gmailの特定ラベルがついたメールが届いたら、Googleスプレッドシートに自動で記入する

下準備

  1. Gmailでフィルターを使って指定したいメールにラベルを付けるように設定
  2. Googleスプレッドシートを新規作成して自動記入したい項目の名称を記入しておく

※2は例えばメール件名と本文ならスプレッドシートのセルに件名、本文と横方向に記入してシート名、スプレッドシート名を付けておきます。

ではマイクロソフトフロウの「テンプレート」ページから

https://japan.flow.microsoft.com/ja-jp/templates/

検索で Gmail を探して結果から「GmailのメールをGoogleスプレッドシートに記録する」を選びます。

ここでマイクロソフトアカウントとGoogleアカウントにログインしておきます。

ログインしていれば、上図のようになり、続行して

ここの「編集」をクリックして作成しておいたGmailのラベルを選択します。

続いて、あらかじめ作成しておいたスプレッドシートとシート名を選びます。

スプレッドシート名とシート名を選ぶとスプレッドシートに書いておいた「件名」と「本文」が選択できるようになります。

これで「フローの保存」をクリックして完了です。

あとは実際にメールが届いて動作確認すればOK。・・・とはいえ、私もまだ確認してませんけど。

 

ついでにGoogleアカウントに保存されているすべてのデータのダウンロードは以下のリンクでできます。

Googleアカウントのダウンロード