Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

八千穂高原の白樺とツツジ

8月 2017の月別アーカイブ

NIKON D850

掲載日:  

私のメインカメラのNIKON D800Eですが、気がつけばもう5年を経過してるんですねぇ。

その間にD810が発売されましたが、個人的にD800EからD810へ買い換える必然性を感じられなかったのです。

D800Eの性能に不満を感じるとすれば、AFの範囲の狭さ、スピードと高感度特性程度で当然3600万画素は十分以上なんですがね。

しかし今回のD850発売はこれからの5年以上先を考えると、ここらで買い換えとかないとマズいかもしれないと。幸いPCはAMD RYZEN7 1800に新調したばかりなのでD850の4500万画素でも問題はないはずです。D850に懸念があるとすればXQDカードの採用です。レキサーが撤退したのでソニー1社しか製造してないフォーマットなのにD5、D500、D850とXQDを採用しているのがねぇ。もちろん進化が止まったCFカードは論外でしょうが。

で、D800Eの下取り額は? と調べたら10万前後です。D850が初値最安で36万くらいなので差額26万円です。D800Eのときもそうでしたが、NIKONはこのクラスのカメラの値付けがスペックを考えると格安なので助かります。

なのでD850を予約します。

Ploom Tech互換 Cinnamon Kick

掲載日:  

もう止めればすべて解決なんでしょうが、意志薄弱なジジイなので、いまだ喫煙者です。

そこでPloom Techを買ってみたんですが、どうも吸い込んだときの感覚と吐き出す蒸気の少なさでどうにも満足できません。その割にクラッとくるのは、私が普段軽いたばこを吸っていて、かつ、無意識にあまり深く吸い込まずにいるせいでしょう。

ところでIQOSなどと違って、Ploom Techはアマゾンさんなどで、互換品が売られているんですよ。Ploom Techもまだまだ流通が悪くて予約販売なので、予備が買えないんですね。なのでアマゾンさんで一度互換品を買ったんですが、これも本家と大差ない感じでした。

ところが!!

ガジェマ

Cinnamon Kick

このCinnamon Kickは違います。蒸気の量や吸ったときの感覚が普通のたばこと比べても満足感が高いのです。

まだ使い始めて間がないので耐久性や充電などに関することは分かりませんが、Ploom Techで満足できない場合の選択肢に入れてもいいと感じてます。

 

 

NIKON D750 再度の点検・修理

掲載日:  

NIKONのD750を買ったのが2014年下期なのですが、購入後にシャッターまわりの不具合報告があって、無償点検修理に出したわけですが、2014 年から3年も経った今年、改めてメールが届きました。

D750ご愛用者の皆様へ

まあ、幸いカメラボディは1つじゃないので、発送しました。

で、返ってきたD750。納品書です。

シャッター部組の交換が記載されています。これってシャッター交換だから、今までの撮影枚数がゼロになったってこと? 本来シャッターは消耗部品なので10万回くらいで交換でしょう? 私のD750は、いっても2万回くらいだからまだまだ交換対象回数じゃないけど、回数リセットだったら、ちょっと得した気分です。私の個体は不具合感じてなかったので。