Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

1月 2017の月別アーカイブ

FirefoxでSSL接続エラーが出てサイトが見えないので

ここ DriveCafe.com は、https://startssl.com さんでSSL証明書を取得していました。で、今朝もメンテでログインして作業して完了し、時間をおいて再度表示しようとしたら、アクセスエラーで表示できません。

表示できないのは、FireFoxのみで、Google Chromeでは見えます。しかしトラブルシューティングで自分のFireFoxだけ見えるようにしても問題解決にはならないのです。

ただ調べてみると Mozilla Security Blog で、 Distrusting New WoSign and StartCom Certificatesという記事がありまして、どうも startssl.com 運営の Startcom と所有権保有者の WoSign が「発行日を古い日時に改ざんして証明書の発行を行っていたことを Mozilla は確認しました。」と、ありますね。こうなると、事の真相は関係なくて、Mozillaが変更しない限り、FireFoxでは startssl.com の証明書は使えない考えた方が良さそうです。

そうなると・・・Let’s Encryptもあるのですが、今回はやむを得ず Netowl さんで一番安い CoreSSL の証明書を購入しました。3年で2,559円です。

SSL証明書も一時期よりは安くなりましたが、それでも個人ブログで買うのはなんか抵抗がありますな。とはいえ、 しかたありません。いまさらHTTPに戻したくないので。

まあLet’s Encryptのような無償SSL証明書より有償の証明書のほうが、箔がつきます?

富士山を見に行ってきました

昨日、早朝に起きて、東名経由で富士宮市や本栖湖、精進湖などと富士山巡りをしてまいりました。

本来の目的地と写真は、あえて掲載しません。秘密♫だからです。だって千葉県の濃溝の滝だってSNSで広まって、いまや一大観光地ですもん。そうなると困るからです。

んで、実はそこでも失敗しました。まずレリーズを忘れました。そして可変NDフィルターが安っいのを使ったら、まあ、ムラは出るし、解像度は落ちるし・・・。ただシグマ24-105mmはフィルター径82mmと大きいので、ちゃんとした可変NDだとレンズ並みの価格で手が出ないのです。だからNDでシャッタースピードが遅いのにレリーズがないという、とほほモードでした。絶対リベンジします。

上は本栖湖定番の場所からです。次は・・・・魚眼で。

…全文を表示する

江月水仙ロード

水仙の群生地として知られているそうなので、鋸南町の江月水仙ロードへ行ってみたのですが、今年は正月に暖かかったせいで、開花してしまい、旬が過ぎてしまったらしいです。なんか昨日の奥日光といい、連チャンで残念な結果です。

下は保田漁港でX-T2のAF-Cモードで初めて鳶を追ってみた1枚です。思っていたより食いつきはいいようです。これなら動き物も撮れそう。

富津岬突端の堤防から。

今年も冬の奥日光へ

去年に続いて今年も雪を待って奥日光へ出かけてきました。結果から言えば、雪の状態は去年の方が良かったですので、残念な結果でした。

せっかくの休みだったのに・・・・雪の状態はいまいち、かといって降雪は弱く、されど太陽は見えず・・・・ (T_T)

2017.1.4 東京ドーム オカダカズチカ VS ケニーオメガ戦

このブログでは書いてませんが、実はプロレス好きです。(^0^;)

好きなんですが、それを文章にまでしようとは思いませんでした。

しかし、新日本プロレス恒例の1.4東京ドームでのオカダカヅチカVSケニーオメガの試合は凄かったので、つい書く気になりました。

でも幾ら文字で凄かったと言っても伝わらないので、Youtubeで探して見て貰うと少しは分かるかも知れません。

そうは言っても、これだけ見ると私が何に驚いているかは、分からないと思います。

まずレスラーには自分の「間」(ま)があります。技を出してそれを相手が受ける。または躱す。逆に相手の技を受ける、躱す。それらの流れにはレスラー独自のリズムがあるんですね。そしてこのリズムというか「間」をうまくつなげて自分が有利になるように持って行くのがとても上手なレスラーがいたりするんですが、当然このリズムは相手あってのことです。速いリズムのレスラーとゆっくりしたレスラー同士が戦うには、試合開始でいかにお互いのリズムを読んで試合を組み立てるかを理解した方が、その試合を支配して行くことにないます。だから両者が試合の流れの中で、いかに自分のリズムに持っていけるかが大切だと思います。

…全文を表示する

飛び道具 シグマ 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE

飛び道具です。中古を探したんですが、やはりそうそう使う物ではないせいか、いい出物が見つかりませんでした。なので楽天のポイントをすべて使ってしまい、3万円少々で新品を買いました。

魚眼って難しいうえに、使いどころも悩むところが多いので今まであまり食指が動かなかったんですけどねぇ。

でもフルサイズ換算20mm以下の焦点距離であってもカバーしきれないこともあるわけです、って都合のいい言い訳です、ハイ。

あと魚眼って、円周魚眼と対角魚眼があるんですが、円周魚眼はそれこそ使い切れなさそうなので却下して、シグマの15mm魚眼にしたわけです。ニコンでももちろん純正もありますが、Ai AFってのもけっこう古いし、実売8万オーバーは飛び道具には出せません。その点シグマさんのも新しくはないけどリーズナブルでF値も2.8、最短撮影距離も15cmと寄れますね。

んで早速試写しました。

初物の珍しさ満載です。

もうちょっと寄れば、定番の鼻デカワンコです。

水平に撮れば魚眼らしさは現れないですね。

案外使えるかも知れません。設計が古いレンズですが、十分納得できる性能です。思っていたより逆光耐性も高いです。光芒もいいかんじにキッチリでます。ほぼ180度写るので太陽が入る可能性は高いから当然なんでしょうか。

あとはやはりどういうシチュエーションで、どう効果的に使えるか? つまりは腕ですな。

 

 

大晦日は狐の行列、王子にて

例年なら大晦日は自宅で紅白歌合戦なんですが、去年は友人らと北区王子へ「王子 狐の行列」を撮りに行ってきました。

「王子 狐の行列」は大晦日から新年に年が変わる時間に、王子駅前にある装束稲荷から王子稲荷神社まで行列するのですが、詳しくは公式サイトをごらんください。

公式サイトからの引用です。

王子には古くから大晦日に各地から集まった狐が大きな木の下で装束を整えて王子稲荷神社に詣でたという伝承があります。

その木の下に狐が集まる様子を描いた歌川広重の浮世絵、その木の脇に祀られた社が「装束稲荷」です。

平成5年大晦日からその伝承を元にここをお護りする者同士が集ったとき、広重の浮世絵 にならって揃って 王子稲荷神社に初詣をしました。ささやかな行列でしたが、 それが「狐の行列」のはじまりでした。以来、王子の街の私たちは、古い文化を新しい街づくりに生かそうと、ずっとこの風習を大切に大切に守り育てているのです。

そんなことで、大晦日の7時すぎに千葉を出て王子まで出かけました。

…全文を表示する