マツダとトヨタのデザインの違い最近のトヨタのエクステリアデザインて、どうも納得できないのはジジイになったからでしょうか?

個人的にはなんか子供が描く未来のクルマって感じがするのです。あれだけ力のある会社ですから、そういう反応があることは百も承知でしょう。それであっても、ああいうデザインを採用するには、数年後にはあれが正しかったと言われる確信があるのかも知れません。

CarViewよりトヨタプリウス

じゃあマツダのデザインはどうでしょう?

CarViewより新型CX-5

2つを見比べると、トヨタは要素を足していくデザインで、マツダは余分な要素をマイナスしていっている感じがします。 私にはCX-5の方がクリーンで格好良く見えます。

ただ、この見方はきっと古い考え方を持った人のものかも知れませんね。未来を見据えると怖いかもです。

年配の人に格好良く見えるCX-5のデザインは、ノーズとデッキのバランスとか、昔からクルマがスポーティに見える図式に則っていると言えるわけで、ある意味古いセオリーに縛られているとも考えられます。

製品は売れなければ存在価値が無いのは当然で、そういう意味ではCX-5のデザインがもつ訴求力は成功と言えるでしょう。

今度のCX-5は2世代目になります。そしてデザインはキープコンセプトと言っていいでしょう。スカイアクティブのセカンドステージの入り口にいるクルマです。CX-5がキープコンセプトだったと言うことは、正真正銘のスカイアクティブセカンドステージを具現化するアテンザもきっとキープコンセプトだろうなと推測します。

じゃあサードステージでは? まさかトヨタみたいな未来志向デザインは採用しないで、マツダデザインを貫くでしょうか。 さてさて。