Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

6月 2015の月別アーカイブ

Template Toasterとは?

a_vs_ttこのサイトのようなWordpressなどのCMSの多くは、外観をテーマとかテンプレートと言うひとかたまりのパッケージで実装させるわけですね。

世界的にユーザーが多いWordpressなどは無料、有料とものすごくたくさんのテーマが配布されていますが、ユーザーが「これはいい!!」と思うテーマってどうしてもたくさんのサイトで使われているんですよね。もちろんカスタマイズの余地はあるのでそれぞれのサイトでオリジナルにしようとカスタムして、オリジナルとは全く違う外観と機能を持たせたところもあるでしょう。

でも全部がそこまでのスキルを持っているわけではないです。なのでホームページビルダーみたいなソフトウェアでテーマが作成できれば、比較的簡単にオリジナルテーマが作成できます。

いままでわたしは Artisteer というソフトを使って満足していたんですが、最近のWordpressテーマは、ただ単に静的に外観を提供するだけではなく、コンテンツスライダーとかグリッドデザインを包含した多機能なテーマが増えています。

Artisteerもレスポンシブデザインには対応していますが、スライダーとかグリッドとかには対応していませんし、現状のArtistterは年間ライセンス方式なのに、ここのところアップデートされていません。(今年の3月が最後)

で、色々と探していたら Template Toaster というのを見つけました。デモ版がダウンロードできるのでインストールしてみました。

…全文を表示する

結局Ubuntuに出戻りです

ubuntuCentOS7に移行しようと画策していたんですが、結局Debian系の呪縛から逃れられない私です。前のエントリーにも書きましたが、一番の問題はおじいさんの頭が新しいOSの作法をお勉強することを拒んでいるということでした。

還暦が近くなってくると、もうなんか色々と根気が続かない自分がいたりして、不甲斐ない気分満載でございます。世の中の新しいものについて行くことが無くなってしまったらお終いかなとは思いますが、実際には安穏怠惰な生活に流されてしまうんですよねぇ・・・・情けないかも。

と言うわけで、Ubuntu14.04LTSに出戻りしますた。CentOSの残骸で消せないLVMも結局そのまま引き継いで使用したりして。

ただし、2012年頃から稼働していたMX130 S2には、ホコリがたっぷりでファンなどの駆動系が心配になったので、予備マシンのまだ使用時間が少ない(Win8マシンになってた)MX130 S2に交換しました。先日NTT-Xから届いたメールで、このMX130 S2も販売終了ということです。スリム筐体な個人サーバーが選択肢が減ってしまいましたので、この予備機を大切に使うしかありません。

で、この予備機は、AMD Opteron 3280/メモリー16GB/HDD 2TB + 1TB という構成です。Opteron 3280って8コアですよ、8コア。今やスマフォもオクタコアとか謳う時代なんで、威張れないかも知れませんけど、腐っても・・・と自己満足してます。

CX-5燃費記録2015/06/17

昨日、かみさんの実家へ父の日を兼ねてドライブしてきました。その際、出かける直前に満タンにしてでかけ、帰宅後の今朝、改めて満タンにしました。

余談ですが・・急に値段が上がりましたね。千葉でいままで軽油が100~101円くらいだったのに昨日は108円でしたよ。会員価格でも107円。一気に5円以上の値上がりです。何に反応したんでしょう。

さて、そういうわけで帰宅後に満タン法で計算しました。

出かける前の走行距離が3,017kmで、帰宅後が3,209kmなので、走行距離は192km。

そして帰宅後の給油量は10.09lなのでザックリと満タン法で、なんと!! 驚きの19.03km/lという燃費になりました。

エアコンOFFで延々と郊外路を低速走行(したくてしたわけじゃないけど交通事情が許さなかったので)という好条件でしたが、満タン法で19km/lオーバーするとは驚きです。金額ベースでいうとレギュラーが1リッター138円で計算するとだいたいレギューラーで24km/l走行して同等ですもんね。

まあ普段は13km/lから15km/lなので、今回は特別ですが。

カテゴリー CX-5| タグ | コメントを書く

千葉動物公園でダメダメフォト

昨日、ちょっとした団体の義理で千葉動物公園の撮影でした。

そろそろ暑くなってきたし、重い機材はイヤだなと、ニコンのフルサイズ機はやめてFujifilm X-T1のみで参加してきました。レンズは広角、標準、望遠と3本体制ですが、ミラーレスのメリットで重さは殆ど感じません。楽チン♪ですねぇ。

だ・け・ど・・・・・・・

AFの遅さが致命的です、X-T1。やっぱり動く被写体にはフジのAFは使えません orz

そこであえてボツ写真を掲載しちゃいます。

_XTA4662

上は静止状態のテナガザルくんですが、これがパイプを伝って動きのあるところを撮影しようと、コンティニュアスAFで連写かけてみますが、フォーカスポイント1つじゃ全く歯が立ちませんでした。根本的に私の設定が間違ってますかね。

で、ボツはこちら。

_XTA4719

背景にピンがきてます。

次はX-T1のせいじゃないですが、被写体が檻の近くにいると檻の格子がまったくボケてくれないので、邪魔すぎです。いちおう絞り開放ですけど、無理でした。

_XTA4601

下はコントラストが強すぎて補正しようがないです。これからの季節、動物たちはあんまり日向に出てきてくれないみたいです。もっと涼しい季節がベストでしょう。

_XTA4135

ってわけで惨敗ムード濃厚な撮影行でございました。

ちなみにX-T1、RAW+FINE設定でだいたい700枚ほどでバッテリー交換しました。32GBのSDカードもそれくらいで満杯です。シングルショットのみで撮影していると300枚超えたあたりでバッテリー交換なんですが、連写だとけっこう撮れるんですね。

OS交換・・・ならず

今このエントリーを書いている時点でこのサイトはレンタルのVPSサーバー上にあります。このVPSサーバーは2GBメモリーのCore2Duo T7700 3コア仕様ですが、うちのMX130 S2改よりレスポンスがいいのです。

このレスポンスの差はサーバーの最適化が進んでいるせいなのでしょうか?

うちのMX130 S2はAthlonII X4 615e に16GBメモリーですから、スペックだと十分以上だと思うんですけどねぇ。

まあ、そういったことで、Ubuntuをやめて、「初めてのCentOS」にしてみようかなと思います。Linux触り始めたときはTurbo Linuxだったけど、その後はDebianオンリーだったのでRedHat系の作法が全然分かりません。

DebianもJessieになったばかりですが、サポート期間の短さに最近メンドーになってきたってのも有ります。UbuntuはLTSを使っているのでサポート期間はOKですが・・・。

ついでにハードはもう1台のMX130 S2にOpteron 3280をのっけたやつに交換しましょ・・・で、しばらくはVPSサーバーに放置します。

追記:

VPSサーバーから、テストのために格安共有サーバー「ミニバード」に引っ越ししてみました。いまの格安サーバーは思っていた以上快適なレスポンスですね。うーん・・・自宅サーバー要らないかも・・・(T_T)

追記2:2015/06/13

う~ん・・・どうもCentOSと相性が悪いかも知れません。まずファイヤーウォールのfirewalldでつまずきました。iptablesは分かりやすいんですけど、firewalldは新しいゾーンとかの概念が入ってきて、おじいさんには理解が遅すぎます。さらにストリーミングサーバーのsubsonicを動かすためにffmpegを入れたいんですけど、ソースからコンパイルではなくrpmで入れたいわけです。でも標準リポジトリには無いし、(なんかlivavってのがお勧めらしい)yumのリポジトリ追加もaptよりメンドーな気がします。あくまで個人の感想ですけど・・・。

んで、Ubuntu14.04 LTSに戻そうとしたらインストーラーがCentOSが作ったLVMを削除できなかったり、初期状態でNICを認識できなかったりと、こちらも前途多難です。どうしましょ?

CX-5でLINE無料通話が使えた

昨日、走行中に(BluetoothでNexus5をCX-5にコネクトしてありました)電話がかかってきました。

でもモニターに出たのは見慣れない電話番号です。

「はて?」とステアリングの通話ボタンを押したんですが、反応なしです。「あれ?」と思いながらNexus5を取り出して通話をタップしました。

するとCX-5のスピーカーとマイクでちゃんと会話出来ました。友人からです。

で、コンビニに立ち寄った時にNexus5で通話履歴を確かめたけど、履歴が見当たりません。

「どうして?」

なので改めて友人に電話すると分かりました。LINEの無料電話だったんです。つまりマツダコネクトってLINEであろうと通話できるんですね。まあステアリング上の通話ボタンは使えませんけど。

今度こっちからLINE通話してみましょ。