Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

10月 2014の月別アーカイブ

紫峰

霞ヶ浦の東側からの筑波山です。紫峰ですね。

紫峰

市街地が間に入ってなかなかいいロケーションになりませんね。

筑波山頂

昨日は昼間の温度が高くて遠景は霞んでダメダメでした。C-PL付けてもこれが限度。

私のことなので、間違っても歩いて登山などしないわけで、ケーブルカーで一直線! でも帰りが大変でした。遠足の子どもたちの団体がワンサカで、ケーブルカーが長蛇の列、なかなか帰れませんでした。 (T_T)

あ、このあたり、紅葉はまだまだですね。

ArtisteerでWordPressテーマが日本語にならない場合

メモです。

実はずっと悩んでました。このサイトでも使っているテーマ作成ソフトウェアの Artisteer ですが、新しい版のArtisteerで作成したテーマのいろいろな箇所が日本語にならなかったわけです。

なので直接テーマファイルを編集して無理やり日本語化していたんですが、ようやくわかりました。

別のCMSであるConcrete5をテストしていて、自宅サーバーだとまったく日本語が出てこないのでConcrete5のFAQを見たら gettext というパッケージを追加する必要があると・・・・。 orz

で、Wordpressとgettextでググると、WordPress Codexにも記述がありました。

いやあ、ようやく解決です。

メインPCのパーツ交換

4790KのエントリーでそろそろメインPCのパーツを交換しようと考えていると書いたわけですが、書かなかった理由の一つに今使っているメモリーがDDR3の8GB×4枚だということがありました。

もし次のCPUがDDR4専用になってしまうと、これが無駄になるわけです。円安でメモリー価格が高くなっているので32GB搭載しようとすれば、初物のDDR4と相まって高額になりますからね。

そんなわけもあって、今日パーツを発注しました。

  1. CPU  Intel Core i7 4790K BOX
  2. M/B  GIGABYTE GA-Z97X-UD3H
  3. SSD  Crucial MX100 512GB SATAIII CT512MX100SSD1
  4. Scythe 虎徹(SCKTT-1000)

です。

電源はとりあえず今のを使ってみてC6/C7ステートが必要かどうかを考えようかと思います。本当はHDDも交換したいですが、予算があるので今回は見送ります。

問題は最近は組み上げに対してのモチベーションがなかなか高くならないことですかねぇ。だってOSのインストールやアップデート、ソフトウェアのアクティベーション解除など、メンドーが多すぎです。中には解除に英文でメールしないと行けないのもあるので、なおメンドーなんですよね。せめてAdobeのようにソフトウェア内から解除できればいいんですが。

でもこれであと数年はメインPCとして使える「はず」だと考えましょう。Windows10、いや11まで。

…全文を表示する

EIZO Color Edge CX241

CX241PC本体に比べるとモニターはあまり頻繁に交換することが無い私でして、いままで5年ほど三菱のRDT241WEXというのを使ってました。

しかしさすがに5年以上経過してきて、そろそろ交換の時期かと。さらに5年前と違うことは私が写真の趣味を復活したことなので、ここはちゃんとしたカラーキャリブレーションモニターを購入しようと決めて探すと、三菱はもう液晶モニターを出していないらしいですね。

現状ではNECとナナオの二択みたいです。

またうちの環境では27インチはとても無理なのでサイズは24インチで、ワイドモニターは縦方向の画素数が1200ドット無いので却下しました。つまり24インチの1920×1200ドットのモニターです。

でNECとナナオの比較した結果、タイトルのColor Edge CX241 にしました。

RDT241WEXの時は市販のSpyder4というキャリブレーションツールを使っていましたが、CX241は同梱です。さらにRDT241WEXはAdobe RGB対応率は70%以下でしたが、CX241は99%です。

で、今日到着し、セッティングしました。

…全文を表示する

4790Kにするべきか?

4790K今メインで使っているCore i7 2600Kですが、気がつけば自分としては異例に長い期間使用しています。2600Kの発売日が2011年1月だったので3年も経過しています。

その間OSはWindows XPが終熄したり、Vistaに幻滅したり、7が長持ちしそうだったり、8はパスしたりとずいぶん遍歴を重ねたわけですが、CPUとしてもずいぶん前の世代になってしまいました。

ただその間にSSDが普及したことで転送速度がアップしてCPU速度を補助したのか、不満が無いのも事実でしたから、(カメラに予算がかかりすぎってのもありますが)ついつい2600Kを使い続けていました。

私のCPUローテーションはメインのお下がりを自宅用に使うので、自宅用はなんとCore i7 860なんです。

さてそれで、Haswell Core i7 4790Kです。

ちょっと調べると、発熱がけっこうあるとか、アイドリング時の消費電力は2600Kより低いとか、電源がC6/C7ステート対応じゃ無いとスタンバイができないとか・・・。もう少し突っ込んで調べないといけないかも知れませんね。

で肝心な交換したとして、どれくらいパフォーマンスがアップするか? なんですよね。 まあ、2600Kからの交換だとCPUとマザーだけでも(スタンバイを使わない場合)他のパーツは使えそうですので、50000円台で済みそうだから、昔のようにとりあえず買っちゃえ!!ってのもアリなんですが。

さてどうしましょ?

台風中継

夏に少なかった台風がここへ来て遅れを取り戻すように量産体制です。18号が関東地方を直撃してようやく去って行きました。もう台風大嫌いなのに・・・。

その台風情報ですが、接近してくるまでは米軍と気象庁発表でよく把握できるんですが、間近になるってくると気象庁のホームページでは更新が遅すぎてリアルタイムに分からないんですね。

なのでどうしてもテレビってことになります。

で、JCASTテレビウォッチにいつも不愉快というか、不審に感じていたことが書いてありました。

この記事です。

視聴者が欲しいのは台風の位置や勢力、今後の予想、そして各種の警報などであって、レポーターの大げさな現地レポートじゃないってことです。

そりゃ台風が接近している海岸に行けば、それなりに荒れた海が撮影できるし、ほとんど被害が無いのに1枚だけ飛んだトタン板の看板を写せば、絵的にテレビマンは満足かもしれませんがね。

もうあんなの見たくないのです。無意味どころか場合によっては詐欺まがいと言ってもいいのではと思います。