Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

八千穂高原の白樺とツツジ

2月 2014の月別アーカイブ

ニコンが新しい現像ソフト Capture NX-Dベータ公開

掲載日:  

いままでニコンは無償の View NXと有償のCapture NX2という2本体制だったんですが、ニコン広報から新しい現像ソフトを今夏までにリリースするとアナウンスしています。

引用します。

「Capture NX-D」は、現行の「Capture NX 2」から切り替える形で提供する無償のソフトウェアです。ニコンのデジタル一眼レフカメラ、レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1」、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」の一部の機種で撮影された、画像処理前の生データであるRAW画像(拡張子.nef/.nrw)を読み 込み、よりイメージ通りの画像へ仕上げます。RAW画像以外にもJPEG、TIFFファイルの画像調整も可能です。
「-D」は、「Development[現像]」からとっており、「RAW現像」のための調整機能に特化したソフトウェアであることを意味しています。

Capture NX2は有償でしたが、これからは無償ということでしょうか? キャノンのDPPは最初から無償でしたから、これでようやく同じ土俵ということですか。しかしCapture NX2を購入したユーザーはどうしてくれるんでしょう?

ベータ版がダウンロードできます。↓

http://beta.nikonimglib.com/index.html.ja

ちょっとだけ触った限りではいままでView NXで管理して現像はCapture NX2に渡すというフローが1つのソフトで済んでいるので分かりやすくなったことが印象的です。各調整スライダーの感度は悪いのは今後のブラッシュアップに期待したいところです。LCHエディターなどを適用すると現像後の書き出しは結構時間がかかりますね。また、初期値でアンシャープが強い気がします。

あと、View NX、Capture NX2ともにできていたフォーカスポイントの表示は探し出せませんでした。それとせめて写真ごとにキーワードとかタグとか登録して検索できるようになると良かった気がします。

ま、今後に期待です。

#Capture NX2ユーザーへの、なんらかのメリットも含めてね♪

 

メインPC用パーツ確保

掲載日:  

いまだ風邪が全快しません。 orz

ところでメインのPCなんですが、もうここのところずっとアップグレードしてません。以前は少なくても2年以上なにも変更しないことはなかったんですけど、最近はCPUの性能アップも頭打ちに感じることもあるし、OSがモアパワーを要求することもなくなってきたせいもあるのでしょうか。

なのでメインPCのCPUは Core i7 2600K のままです。

CPU自体はなかなか故障しないパーツだと思ってますけど、マザーボードなどは長く使うことに少々不安もあります。なので今のうちにパーツ確保に走りました。

まだSSDの512GBタイプはコストパフォーマンスが悪いので買えませんが、とりあえず古いCPUが走るZ77チップセットのマザーだけは確保しておきました。いままでほとんどGigabyteでしたが、最近のAsrockの安定性の情報に賭けてみました。BIOSではなくUEFIにしておかないとWindows8以降は色々とメンドーらしいですし。

とはいえ、このパーツでWindows8.1にするつもりになりそうもありません。デスクトップPCで(タッチを使わない環境)Windows8.1にする必然性が見当たらないので。自宅で1台だけWindows8.1を入れてますがやはりまだ慣れませんね。

何の情報も無いエントリーでした。

しつこい風邪

掲載日:  

うちの奥さんが風邪を引いて長い間咳が続いて治らなかったんですが、9日の日曜日夜からついに私に感染し、月曜から木曜日あたりまで38度前後の発熱が続きました。ですから結果的に月曜から金曜日まで寝ていたわけです。

ようやく土曜日に布団から起き上がったんですが、今日、火曜日になっても100%全快しません。まだ咳と痰が出て鼻水も止まらないんですが、それより「なんか気分が優れない」のでやる気が起きないのが困ります。

う・・・・・ん、なんてしつこいんだ、今年の風邪。

レヴォーグやエクストレイルなどなど

掲載日:  

3代目エクストレイル12月に発売になった3代目のエクストレイルですが、まだ試乗できていません。ともかく自分的にはディーゼルが無いこと、カーゴルームが狭くなってリヤシートがダブルフォールディングできないこと、せっかく30km以下で動作する緊急ブレーキを付けてきたのにクルーズコントロールが前車追従機能が無いことがネガなポイントなんです。

もし次の車にエクストレイルをチョイスするなら、年次改良で良くなった上にハイブリッドの出来次第ということになりそうですね。ただ試乗するとどう変わるかも楽しみではあります。

モーターディズ 3代目エクストレイル試乗記

一方スバルのレヴォーグはまだ発売前ですが、非常に盛り上がっている印象を受けます。私としてもDIT1.6ターボ搭載がとてもうれしいです。アイサイトもVersion3でカーゴの容量も先代?レガシィ同等らしいですね。

そういえば新型レガシィもセダンのみは発表になりました。アウトバックはまだです。大きすぎるといわれるレガシィですが、全幅1840mmってよく考えるとCX-5と同じなんです。まあCX-5の場合は全長が短いですが。ただサイズはともかくレヴォーグが国内向けレガシィ後継だとすると、このレガシィは価格的に私の守備範囲を超えてきそうな予感がするので、アウトバックが出てもターゲットでは無い感じです。

…全文を表示する

アマ無線の再開局申請

掲載日:  

ずいぶん以前、いわゆる4アマという一番ランクの低い(出力が低い)アマチュア無線家でした。ただ単に友人との連絡などに便利だったからなんで、別に日本中や世界の無線家たちと更新していたわけではありません。

アマ無線は一生ものの無線従事者免許と、更新が必要な実際に運用するための無線局免許が必要なんですが、数年前、携帯が普及しだしてから無線局免許を失効させていました。

で、去年ふと「世界にたった一つのコールサインだったわけだから」と再免許申請してみようかと思い立ちました。まあ、これだけ携帯電話が普及していて、漏れ聞く話しによればアマ無線やっている人も減っているらしくて、以前のコールサインも使いまわしされずに再取得できるのでは? と考えたんです。

昔は申請といえば紙に書いて提出でしたが、当然今ならネットで申請です。

総務省電波利用ホームページ

ここから「総務省 電波利用 電子申請システムLite」で申請するんですけど、去年は挫折しました。

もうホントに久しぶりで用語は忘れているし、電波形式なんかは以前と違う表記になってるしで、数回トライした結果の挫折でした。

で、そのままにしていたものをこの1月に再トライしてみましたところ、2回の訂正で今度は見事に申請出来ました! 以前は図面とか色々と大変でしたが、ずいぶんシンプルになったものです。

そして、一昨日、開局免許が送られてきまして、やっぱり以前のコールサインが残っていて使えるようになりました。うれしかったです。

・・・・とは言え、これといった使い道もないし、CQ CQ とかやるつもりもないんですけどね。 ^^;