Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

八千穂高原の白樺とツツジ

1月 2014の月別アーカイブ

香取神宮にて

掲載日:  

例年通り多田朝日森稲荷で御札をもらい、その足で香取神宮へ参拝へでかけました。ここ数日は冬なのに暖かなのですが、一月も終わりなので香取神宮も閑散としていました。

香取神宮

ちょっと前までは暗部がつぶれ気味でコントラスト差が激しいこのな感じの写真は敬遠していたんですが、今回はあえて解禁して太陽が当たっている部分の描写をテーマに撮ってきました。

DSC_8057

…全文を表示する

サンワダイレクトのスマートフォン車載ホルダー

掲載日:  

スマートフォン車載ホルダーGoogle の Nexus5に変えたので、エクストレイルに車載してみようと考えました。

ホームセンターやカー用品店にも色々とこの手のグッズは売っていますが、使い勝手はなかなか分かりづらいのです。

分かりづらい理由も色々でしょうが、結局「自分の車にちゃんと装着できて、キッチリと固定されるか?」というのが最大の懸念ですよね。このあたり、買ってみなければ分からないのがツライところです。

今回も「買っちゃえ!!」ってことでポチッてみましたが、結果大正解です。

買ったのは↑これです。

私の車、エクストレイル2代目後期型ですが、ダッシュボード上部センターにティッシュボックスが入る収納があり、ダッシュボード面から盛り上がっています。スマートフォンが見やすい位置はこの収納のあたりなんですが、ここに取り付けると視界を遮る率がとても高く邪魔なのです。

他に場所は・・・・と探すと運転席右のダッシュボードにあるカップホルダーとエアコン吹き出し口の間が良さそうです。カップホルダーは開閉式なので、このフタに付けてもいいのですが、開閉式ゆえ悪路でフタが動きそうでした。

スマートフォン車載ホルダー
ちょうど吸盤の大きさがキッチリ入るスペースです。

…全文を表示する

Fujifilm X-T1が発表ですね

掲載日:  

Fujifilm X-T1
フジフィルムから噂になっていた防塵防滴のミラーレス一眼レフが一月28日に発表されるようです。

まだ詳細がでませんがフジフィルムのサイトに「X」新製品イベントというページが公開されました。

「X」新製品イベント

まだ正面の造形しか分かりませんが、X20、X-E1と使ってみてフジフィルムのカメラが吐き出す写真の良さがわかりつつある自分にはとてもワクワクするものです。

Fujifilm X-T1

オリンパスなどのマスクロフォーサーズ連合より画質が良くて、ニコンやキャノンのAPS-C一眼よりコンパクトなフジフィルムに期待していまいますよ。

個人的希望としては

  1. X-E2以上に高精細で追随性のよいEVFとデジタルスプリットによるフォーカスが可能なこと
  2. バリアングルな背面液晶
  3. 画素数は1600万画素でベスト
  4. 重さはボディが450gくらいまでにして欲しい
  5. SSは可能なら1/8000が欲しい
  6. ISOも100からで実用高感度が6400
  7. 防塵防滴なレンズ・・・普及クラス帯で欲しい

でも写真をよく見ていくとSSダイヤルが4000までしか無いので5の希望はダメですね。(T_T)

さてさて、28日、何が出てくるでしょうか?

カテゴリー カメラ| タグ ,| コメントを書く

夕浜

掲載日:  

せっかくの休みだったけど、千葉県でも雪になるとかならないとかと言う天気予報のご宣託を信じて家でグタグタしていたので、せめて夕方に海へと・・・。

冬の夕浜

冬の夕浜

冬の夕浜
かすかに夕日の残照が残る海です。

冬の夕浜
いったいこんなところで何故焚き火しているのだろうか? 合法か?

 

EVFのメリットについて考えなおす

掲載日:  

X-E1にマウントアダプタでUltron 40mm以前のエントリーでEVFについて個人的にネガティブな意見を書いています。

しかしそう言った意見があることもEVFにとってはまだまだ想定内だから、ファインダーの進化はEVFに向かっているのも事実でして、SONYの新しいフルサイズもEVFを採用しているんでしょう。

そのメリットの大きな1つである「ファインダーで見えている絵は撮影後の写真と同じである」ということを私はまだ理解していなかったわけです。恥ずかしいけど。

そのあたりについて価格コムのこのスレッドでもいろいろな意見が出ています。

例えばマイナス0.7の露出補正の設定すればファインダーではリアルタイムでマイナス0.7の表示になるということを改めて「おお、なるほど」と理解したわけです。

以下の写真はすべてX-E1で-2補正してベルビア設定JPEG撮って出しです。見て欲しいのはハイライトとシャドーのバランスで、撮影時に見たまま、かつ、こう撮りたいと考えた露出だということです。

X-E1でEVFのメリットを考える

…全文を表示する

Nexus5のケース

掲載日:  

レイアウト ハードコーティング シェルジャケット

Nexus5ですが、個人的にストラップが付かないのが不満です。それと本体がとても薄いのはスタイリッシュでいいんでしょうけど、薄さとカーブで握った時のシッカリ感が足りなくて落としそうです。

なのでサイズが大幅に変わらないこととストラップホールが付いていることを前提にケースを探すと、これが非常に少ないです。

基本的に衝撃吸収と謳っているケースはケース自体の厚みがあり、Nexus5に装着するとグッと大きくなりますので、耐衝撃性能は薄さとのバーターと言っていいかと思います。

で、今回は巷のショップでもよく見かけるメーカー「レイアウト」さんの「Nexus5用 ハードコーティング シェルジャケット」を買ってみました。透明タイプなのでホワイトのNexus5の裏の刻印もよく見えます。オマケで保護フィルムが2枚ついてますが、私は別のものを使ったので在庫にしました。

ストラップホールは背面下部にあります。メーカーサイトによれば

※本製品のストラップホールにストラップを付けて使用する際にはホール部分の破損にご注意ください。ストラップの取り付け部分が細い場合ホールが破損する恐れがあります。

と、記述があります。
たしかに2つの穴の強度がどれくらいかは使ってみないと分からないですからね。過信は禁物ってとこです。
ケース自体はNexus5にキッチリと装着できていますから、落とした時にケースが外れることは稀かと思います。

これである程度使ってみましょう。

カテゴリー Nexus5| タグ | コメントを書く

Nexus5購入 その1

掲載日:  

Nexus5
前のエントリー通り、きのうヨドバシカメラにてイーモバイル版Google Nexus5 16GBを購入しました。千葉市にはイーモバイルストアもありますが、ヨドバシポイントが3000ポイントほど付くのでヨドバシでの購入です。ただ、ヨドバシだと好きな電話番号を選べませんでした。ストアでなら有料ですが電話番号が選べただろうとそこは残念。

いつもどおりのAndroid端末なので開封後はGoogleアカウントの登録から始まってアクティベーションします。自宅Wifiも接続可能にしたら、さっそくシステムアップデートでKitkat4.42になりました。このへんがGoogleリファレンスモデルの強みですね。続いてPCの方からGoogle Playに入って常用アプリをサクサクッと追加していきます。ISW16SHも決して遅くない端末だと思ってましたが、Nexus5は圧倒的に軽快です。ダウンロード、アプリインストールとすごく速いです。3GとLTEの差ってのもありますが。

だいたいOSのブートスピードが違います。ISW16SHだとシャープのブート画面とかが表示されたりして1分近くかかりますが、Nexus5はその半分以下で起動してきます。

さらに充電時間も速いですね。まだ時間計測はしてませんがISW16SHの倍近く速い感覚です。それと寝る直前、夜11時ころに100%充電してケーブルを外して朝8時に見てみると94%ほどでした。

ただし!! サイズに問題ありかも。ISW16SHと大差ないと前のエントリーで書いたのですが、あくまで「ケースを付けない」状態でのことでした。Nexus5にいわゆる衝撃吸収タイプのケースなんぞを装着したなら・・・デ・・デカすぎるって事になります、やっぱり。スマホをバッグに入れている方は気にしないかもしれませんが、パンツのポケットが定位置な私などは、なるべくサイズを大きくしたくないです。なので極力薄いケースを探すしかありません。(それでいてストラップホール付きって至難の業ですが)

あとLTEでの契約っていまは無料通話分付きってのが無いみたいです。その上、通話単価が高い。なので話題の楽天電話と同等のサービスに加入してみました。

G-Call

楽天電話のアプリがあまり使いやすくないとの評判だったのでこちらにしました。まだ詳しい使い勝手は分かりませんけど、アプリを起動してアドレス帳から選ぼうとすると毎回アドレス帳の場所を指定する必要が有ることと、あいうえお順しか出てこないのがメンドーですね。

というわけでファーストインプレッションでした。たぶん続きます。

カテゴリー Android,Nexus5| タグ | コメントを書く

au GRATINAへGmailアドレス帳を変換

掲載日:  

個人的メモです。スマートフォン ISW16SHをGRATINAに機種変更しました。

ISW16SHではGmailのアドレス帳をメインに使っていて本体にアドレス登録はしてませんでした。なのでGRATINAへアドレス帳を移行するには? と、探した結果です。

  1. Gmailアドレス帳でVCF形式でエクスポート
  2. PCのテキストエディタでUTF-8形式をShift JISに変換
  3. GRATINAに使用しているMicroSDのPRIVATE/AU/DF/D_PIの中にコピー
  4. GRATINAのMicroSDのデータフォルダ/PIM情報/ から全件読み込み

4の時にすでにアドレス帳が登録されているとダブりますのであらかじめ削除しておきます。

ついでですが、いまはガラケーも充電はUSB経由なんですね。以前のACアダプターは使えません。ま、スマホと2台持ちには好都合ですが。

追記:

上の手順で変換したアドレス帳は「グループ」情報がまったく反映されていませんでした。でも携帯で使うにはグループで表示したほうが使いやすいので、古いカシオのW61CA(simなし)を持ちだして、ソースネクストの軽快電話も持ちだしてインストールし、Gmailからインポートしてからグループ設定をしてW61CAに転送しました。

そしてGRATINAに赤外線で全件転送して無事完了です!! 古い携帯も保存しておくと役に立つもんですね。あと古いソフトや転送ケーブルもです。

GratinaとNexus5と

掲載日:  

昨年の11月にauのISW16SHのUSBコネクタが不注意から壊れたりしまして、そのあたりはこちらのエントリーに書きましたが、その頃はISW16SHをガラケーに戻してNexus7とかにMVNOのSIMカードと思っていたんですが、その後でイーモバイルからNexus5がでていて、これが意外と好条件であることが判明しました。

ISW16SHの前にHTC-Areaを使っていて、その頃はイーモバイルの通信エリアが狭くて苦労したので「もうイーモバは無いな」とかと感じていたんですけど、いまのイーモバイルはソフトバンクの通信網も使えるんですね。

その上、端末を一括買取しちゃうと2年間は月額が2515円で月間5GBまで使えるみたいです。イーモバイルのNexus5は16GBモデルのみなのがちょっと残念ですがGoogle Playと同額だし、Googleど購入した時の修理窓口などの不透明な感じよりは安心できそうです。(月額525円プラスで修理サポートもある)

MVNOなSIMで音声通話付きだとやっぱり2000円近くする上、通信速度は良くても200kbps前後なのでLTEが使えるイーモバイルの2520円はとても格安に思えます。

まあ、2年間を過ぎると月額が上がってしまうとか、パケットの上限が下がってしまうとか、ある種の時限爆弾的契約ではありますが、幸いNexus5はSIMロックフリーなようなので、きっちり2年使って解約すればいいわけです。だいたい2年したらもっと魅力的な端末が出ているわけだしね。

なのでISW16SHは18ヶ月目ですが、Gratinaに機種変更して、スマホはイーモバイルのNexus5で行こうと思います。懸念していた端末のサイズもISW16SHとNexus5では幅はほぼ一緒で縦が若干大きくなる程度なので、持った感じは変化なしでした。バッテリーが交換できないのは困りモノですが、iPhoneも一緒ですもんね。実質的空きストレージが12GB程度らしいですが、私的には大きなサイズのゲームも入れないし、写真はほとんど撮らない、音楽は自宅サーバーからSubsonicでストリーミングしているので全然問題無いです。

ただ一つだけ問題は、ISW16SHでGmailをメインに使ってきたので、アドレス帳はGmail上にあります。これをガラケーのアドレス帳にどうやって変換するのか? です。vCARD形式でエクスポートしておけば、なんとかなるんでしょうかね。