Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

八千穂高原の白樺とツツジ

10月 2013の月別アーカイブ

Fujifilm X-E1でテスト

DSC_6261
台風が去ってようやく気持ちの良い秋晴れだったので、X-E1でテスト撮影です。X-E1でオートに設定すると明るい環境ではけっこう多めに絞り込まれるようです。

最近フルサイズしか使っていないのでAPS-Cの一番解像度が出やすい絞り値が分かりませんが、たぶんフルサイズより絞らないほうがいいのでは?と考えてますが、どうでしょう。フルサイズだと多くのレンズではF8くらいが回折も気にならないところなんですが、APS-CだとF5.6あたりかな?

なのでX-E1で解像度の美味しいところをと考えるならオートを解除する必要がありますね。

そんなこんなで近所の神社でテスト撮影です。以下はすべてJPEG撮って出しで、VELVIA設定です。

XE-1のテスト

DSCF0212

やはりX20とは解像感が違います。さすがにAPS-C、無理をしていない感じがいいです。

DSCF0217

XE-1のテスト

XE-1のテスト

最後の写真はJPEG撮って出しだと暗部が潰れていますがRAWファイルで見るときちんと情報は記録されています。ベルビアだとこうなります。

X20を売却してX-E1にしましたが、自分の中の画質の許容範囲は満たされました。EVFのレスポンスなどまだまだ改善箇所はありそうですが、レンズ込みで600gちょっとと、D600の半分でこの画質なら十分満足できるものです。よかった!!

あとはレンズですが、さすがにXマウントレンズを増やすつもりはないのでニコンレンズ用アダプターを考えますね。

 

Fujifilm X-E1を買いました

Fujifilm X-E1
X20を売却してオリンパスやソニーと迷った挙句にX-E1を購入しました。

X-E2が発表になって位相差AFとかデジタルスプリットによるフォーカスが使えたりするんですが、D800E、D600があってのサブならぬサードカメラですから、新製品の価格は出せませんし、EVFの使い勝手も自分には未知数ですから、型落ちで格安になったX-E1は魅力です。なにしろ実売価格がレンズキットで88000円程度で、レンズ単体は45000円しますのでボディは45000円しない計算です。

X-E1が届いてまずはバッテリーの充電をして、初期設定です。私は背面液晶での撮影はしないので液晶を常時OFFにし、撮影後の画像確認もoffです。これで電気を食うのはAFとEVFがメインですのでだいぶ省エネかと思います。

記録方式はX20でもJPEG撮って出しがいい味なので、とりあえずRAW+FINEとし、手持ちの16GBのSDカードでも500枚位上撮影できそうです。

DSC_6262

しかし・・・X-E1もボディだけだとX20とほとんど同じ重量ですが、さすがにレンズが重い。合計600gオーバーでX20とはずいぶん違い、その上バランスはあまりいいとはいえませんね。ストラップで肩からかけるとレンズがお辞儀しそうです。こうなるとパンケーキレンズが欲しくなります。

DSC_6263

さらにD800Eとかの一眼レフタイプと比較すると右手のグリップ部分も浅くホールド感が薄いです。また純正のストラップはX20とほとんど同じで細くて頼りないので社外品かなにかに変更予定です。

…全文を表示する

3代目エクストレイルにディーゼルターボは無いのか?

3代目エクストレイル3代目エクストレイルの発売が今年の12月となりましたね。

前のエントリーで書いたとおり、2代目までとガラリと変わったエクステリアデザインがはたして吉と出るか凶と出のか、客観的に見ている限り興味深いものです。

しかし2代目エクストレイルユーザーとして見ると、このデザインはすぐに受け入れられるデザインとは到底言いがたいものがあります。初代が出て好評。それを受け継いで2代目となり、モデル末期までコンスタントに販売されているのは、やはり今までのエクステリアデザインが他のアーバンSUVと違っているからでしょ?

キャッシャカイ(デュアリス)を廃止してエクストレイルと統合するらしいとか、日産の世界せ略を考慮すると、この変化も分からないではないのです。トヨタ・ハリアーもFMC間近ですので。でもムラーノがあるじゃないですか!!

まあ、デザインは見慣れれば良く見えるようになるということもあるのでいいとしましょう。

でもあれだけ鳴り物入りで搭載したクリーンディーゼルはどうなったのでしょう?

1年後に投入されるのはハイブリッドだけですか? ホントに?

オートックワンの記事から引用

エンジンについては、発売時点で設定されるのは2リッター直4のガソリンエンジンのみ。1年後にハイブリッドモデルを投入するというが、クリーンディーゼルターボは新型 エクストレイル で発売される予定は無く、先代モデルが継続して販売される。

ディーゼルは低回転域から高い駆動力を発揮するので、ボディの重いSUVに合っている。砂地のような抵抗の大きな悪路を走る時にも運転がしやすい。加えて同等の性能を発揮するガソリンエンジンに比べて燃料消費量が少なく、軽油の価格はガソリンに比べると1L当たりの単価が20円ほど安い。
低燃費指向のパワーユニットとしてハイブリッドを用意するのは理解できるが、新型エクストレイルでクリーンディーゼルターボを選べないのは残念だ。

ハイブリッドのモーターもトルクはガソリンエンジンよりあるし、立ち上がりも速いのも分かりますが、総体的コストはどうなんでしょう。トヨタと違ってハイブリットの実績がない日産の場合、車両価格がすでに搭載されているクリーンディーゼルより安くなることは考えにくいですし、SUV系の重たい車重を考慮すれば実燃費で20km/lオーバーを実現するのはかなり難しいと思います。でも20km/lを超えてこないとレギュラーと軽油のコスト差は埋められません。

さらに頑丈で長寿命のディーゼルエンジンと長くても10年以内にバッテリーの交換が発生するハイブリッド(交換費用も安くないはず)では長いスパンでのランニングコストも現状ではディーゼルに分がある気がします。ディーゼルのハイブリッドなら別ですが、もっと高価でしょうね。

うちのエクストレイルは4年のリース契約でいま3年目に入ったところです。つまり再来年の6月までに延長するか買い替えかを考えないといけないわけです。まあ、こんなことを書いていてもエクストレイルのハイブリッドが実際に出てみないと魅力はわからないんですけど、今の時点では(エクストレイルがこの仕様のままなら)次は残念ながら・・・・ (T_T)

志賀高原の紅葉撮影行が惨敗でした

17日深夜に3度めとなる志賀高原行を友人の車で決行しました。今年の10月は度重なる台風の襲来や高温など、非常に不安定で秋晴れとは程遠いのですが、その中でも何とか晴れ間を見つけて出かけたのですが・・・・・。

前日の台風26号の通過のせいで寒気団が引きこまれ渋峠は初雪で通行止めだったそうで、紅葉どころか雪景色です。

[pe2-image src=”http://lh5.ggpht.com/-yqxqUGTAhSo/UmNlliPjWbI/AAAAAAAANjg/yZXIRToALSE/s144-c-o/DSC_3000_DxO.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/101913695307623240938/20131018#5936700429326047666″ caption=”” type=”image” alt=”DSC_3000_DxO.jpg” pe2_gal_align=”none” ]

それでも撮影ポイントには日の出待ちの車が停車していました。しかし結果として朝日も厚い雲に阻まれてまったく拝めず終い。

[pe2-image src=”http://lh3.ggpht.com/-8vxXBKhIizs/UmNlm_qsN_I/AAAAAAAANj8/bQzRnHt_reg/s144-c-o/DSC_3078_DxO.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/101913695307623240938/20131018#5936700454404372466″ caption=”” type=”image” alt=”DSC_3078_DxO.jpg” ]

…全文を表示する

Fujifilm X20を売却して

x20
FujifilmのX20ですが、売却してしまいました。

フジのフィルムシミュレーションによるプロビアやベルビアの色味はとても気に入っていました。でもメインカメラが2台ともフルサイズでして、X20のセンサーサイズからくる限界、特にJPEG撮って出しでの人物の肌の質感、なんかベタッとして塗り絵っぽい感じがいまいち納得できませんでした。

それとRAWで撮影してLightroom5で現像はできるのですが、総体的完成度はJPEG撮って出しになかなか及びません。X-Trans CMOSセンサーの特性をLIghtroomがまだ完全に引き出せていないのかもしれませんね。

幸いというかX20発売から1年経過していないので比較的高額で売却できたので、もっとセンサーサイズの大きなサブカメラを物色しました。

とは言ってもあくまでサブなので光学ファインダーの一眼は大きすぎるのでやはりミラーレスがターゲットですが、どうしても液晶での撮影スタイルが馴染めないのでやっぱりファインダーは必須です。

そうなるとマイクロフォーサーズかAPS-Cセンサーのカメラです。そこで価格も考慮すると

  • オリンパス OM-D EM-5
  • ソニー NEX-6
  • ソニー NEX-7
  • Fijifilm XE-1

あたりが候補です。ファインダーが不要ならパナソニックのGM1とかも魅力的なんですけどねぇ・・・。

さて上の4つの候補で、カメラとしての基礎体力はEM-5が一番納得できそうです。防塵防滴だし、手ぶれ補正も強力そう。しかしRAW現像環境がダメでした。LightroomもOpticsも完全ではありません。これは痛い。それと上の4機種のどれをとっても当然私はレンズ資産がないわけで、キットレンズ以外で使いたければニコンのレンズをアダプターで使うしかありません。そうなるとマイクロフォーサーズでは焦点距離が2倍となり使いにくそうです。最初のデジタル一眼がオリンパスE-300だった私としてはEM-5にはとても心惹かれるんですが候補からははずさざるを得ません。

ソニーの2機種もけっこうよさそうなスペックです。まあNEX-7の2400万画素は多すぎですが。でもソニーはフルサイズ戦略キャンペーン中でNEXよりαシリーズに舵を切ったように感じます。

なのでX20で気に入ってしまったフジの色味が捨てがたいのでXE-1が第1候補です。

そのXE-1は一昨日、後継のXE-2が発表になりました。AF速度のスピードアップ、位相差AF、最新のEXRプロセッサと順当なモデルチェンジですが、価格と性能を考えるとXE-1はまだまだ魅力的です。(XE-2がチルト式液晶を採用していたら心が動きますが)

さあ、どうしましょ?

カテゴリー X20,カメラ| タグ | コメントを書く

強風の中のキバナコスモス

台風24号崩れの温帯低気圧が日本海を北上していて千葉県も強風が吹き荒れていました。

[pe2-image src=”http://lh6.ggpht.com/-QXgyImAFzsY/UlZFwKKzYpI/AAAAAAAANck/npGLUpglwcg/s144-c-o/_DS66234.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/101913695307623240938/201304#5933006252772909714″ caption=”強風の中のキバナコスモス” type=”image” alt=”_DS66234.jpg” pe2_img_align=”none” ]

NIKON D600/AF-S  NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED / SS 1.6s F11

こんな日は被写体ブレというレベルじゃないので、あえてブレた写真にしようとNDフィルターを装着して撮影です。でも何秒くらい開けるとちょうどいいブレになるか難しいですね。風は一定じゃないですからね。

で、こちらはカマキリ君とトンボちゃん。

[pe2-image src=”http://lh6.ggpht.com/-Eva72OF6krQ/UlZGcj6J_EI/AAAAAAAANdA/hj3SfeiCQjs/s144-c-o/_DS66218.jpg” href=”https://picasaweb.google.com/101913695307623240938/201304#5933007015596653634″ caption=”カマキリとトンボ” type=”image” alt=”_DS66218.jpg” pe2_img_align=”none” ]

 

 

NIKON D610の仕様は謎だ

掲載日:  

NIKON D610やっぱり・・・・噂通り発表されちゃいましたか、D610。

D600が去年9月27日ですから、ちょうど1年という短いスパンでの世代交代となりました、っていうか変更の内容見るとアレレ?としか言いようがないんですけどね。

  • 連写速度は、アルゴリズムの改良などによりD600(2012年9月発売)の5.5コマ/秒から6コマ/秒に向上。D600の静音撮影と同レベルというシャッター音で3コマ/秒の連写が可能な静音連写モード(ダイヤル上のQcポジション)も追加した。静音連写は新しいシーケンスの開発により実現したという。
  •  また、撮影頻度が高いというシーンでのオートホワイトバランス精度を向上。青空における黄色かぶり低減、顔における顔認識での自然な肌色再現、人工光下における色被り低減などに変更を加えたとしている。

え? これだけ? それなのに型番が1つ増えたんでしょうか? センサーの供給元が変わったという話もあったようですが、カタログでは分かりませんし、デジカメウォッチの速報にあるリンクの「カメラ内部のクリーニング方法やサービス機関での点検について案内」のようなセンサーのゴミ問題を収束させるのが目的だとすれば、あまりに安易なモデルチェンジでニコンらしくないです。

特に私のようにずっと他社(キャノン)で来て、D800からお堅いイメージのニコンに鞍替えしたユーザーだと、なんか裏切られた感が強いっす。

うちのD600は幸か不幸か、自分が鈍感なのか、センサーのゴミについてヒドイと感じてないので、これなら買い替えはないですね。

 追記:

うちのD600ですが、センサーのゴミをチェックしたところ、やはりけっこう付着していたのでニコンピックアップサービスでセンサークリーニングを頼みました。そして完了して返却されたんですが、やはりシャッターユニットが交換されていました。1年保証は切れていましたが無料でした。

これでD600もD605位になったんでしょうか?

カテゴリー カメラ| タグ | コメントを書く

台風24号・・・予想が難しいですね。

掲載日:  

台風24号
10月に入って秋本番だというのに連チャンで台風が発生してますね。

今日現在、24号が沖縄付近にいます。

私の乏しい知識では直前に23合が同じようなコース(ここまでのところです。ここからは東西に大きく違いますが)を通っています。と、いうことは海水が23号によって撹拌されて海水温が低下していたはずですよね。

そうすると直後の24号は海水温が低いのでそれほど成長しないと考えていました。

ところが!! ほんとに素人の考えってダメですね。

気象庁の予報を見ると那覇市の東130kmでなんと935hpaです。デジタル台風の画像を見ても鮮明な台風の目が見えて全体の形も乱れていない感じです。

台風24号 デジタル台風 2013年10月07日 14:45 JST

台風24号(DANAS)はさらに発達して「非常に強い」台風となり、最大風速50m/s、最大瞬間風速70m/sの勢力にまで発達しています。この台風はサイズが比較的小さく、中心付近で風が急に強くなるタイプの台風だと考えられます。また動きも速いため、中心の右側ではさらに風が強くなるかもしれません。現在のところ予報のやや南側を進んでいるようで、すでに沖縄本島全域が暴風域に入りつつあります。また奄美群島南部から奄美大島にかけての地域も台風の進行方向の右側に入るため、強風に警戒が必要です。

このままのコースで日本海を進むと、九州北部は暴風圏に入りそうだし、関東では日本海を通り過ぎるまで南からの空気で10月とは思えない気温が続きそうです。この動きが紅葉前線に影響を与えないことを願ってます。

 

カテゴリー お天気| タグ | コメントを書く

月額1000円でPhotoshop CCとLightroom5はお得ですか?

掲載日:  

Adobe_deal_equation_650px_YenAdobe Photoshop CS6 にアップグレードした時、Adobeはすでにパッケージ販売からCreative Cloudに移行していたので、アップグレードはこれが最後でOSでの対応が続く限りはCS6で行こうと思っていました。

ところが先日AdobeからPhotoshop CCとLightroom5限定でCSユーザーは月額1000円というアナウンスです。(CSユーザー限定は解除された模様)

Photoshop 写真業界向けプログラム

Photoshop CS3以降をお持ちのお客様には、わずか月額1,000円で以下のすべてを含むCreative Cloudメンバーシップが特別に提供されます。

Photoshop CC
Lightroom 5
20 GBのオンラインストレージ
Behance ProSite
Creative Cloud Learnのみで提供されているトレーニングコースの利用
継続的なアップグレードとアップデート

これには心が揺らいでしまいました。もし私がまだLightroom4を使っていたら、速攻で契約していたでしょう。だってLR5へのアップグレードも1万円弱かかるわけですからね。

でもすでにLR5にアップしちゃってるわけで、今回のAdobeの月額1000円コースは来年のLR6へアップグレードできるんでしょうか? もしできるなら安いですよね。

そのあたり確認したいなぁ・・・・。あ、ちなみに月額1000円は今年12月末までの限定だそうです。

追記:

電話で確認しました。このコースは明確にLightroom5と謳っているので、LR6が出た場合は、バージョンアップ料金が発生するそうです。ただし、月額がアップするのではなくてワンタイムでの支払いらしいです。

そうなると私のようにすでにLR5ユーザーは単純にPhotoshop CCを月額1000円で使えるというのがメリットということですね。CCの新機能が魅力的ならお得ですか。(うちのCS6は素のCS6でExtendじゃないので、CCになると3D機能が増えるからお得?)

 追記2:

Creative Cloudのメリットを発見。ライセンスでは1ライセンスで2PCまで(排他使用)となっているんだけど、Creative Cloudからログアウトすると、そのPCで認証を解除したことになるらしいです。なので緊急で3台目以降のPCでもインストールしておき、メインPCでログアウトすれば3台目でも使えるってことですね。まあCS6以前でもメニュー「ヘルプ」からライセンス解除すればいいので同じといえば言えるわけですが、気分的にログアウトの方が気楽です。