Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

八千穂高原の白樺とツツジ

9月 2013の月別アーカイブ

新型フィット

掲載日:  

いまはディーゼルのエクストレイルですが、前のクルマはVWゴルフの5世代め、ダウンサイジングの1.4リッター、ツインクラッチ搭載車でした。そして国産はCVT全盛だったわけです。唯一ランエボがツインクラッチだったかな?

そしてようやく一般的な車種でもツインクラッチ車が発売です。ホンダ・フィット。

それもハイブリッドとの組み合わせです。ホンダのツインクラッチはi-DCDと呼ばれるそうですが、VWのそれはエンジンパワーのみの伝達が仕事でしたが、フィットのそれはモーターとエンジン、2つのパワーソースを切り替える必要があるわけですよね。

ツインクラッチの説明Wikipedia)

ツインクラッチの特徴

素人が考えるとそれだけでもVWのツインクラッチ(DSG)より複雑になりそうな感じがします。それにツインクラッチの課題として機構上ATみたいなクリープが無いので私が乗っていたゴルフ5でも上り坂道での停止発進は少々ナーバスになり気味だったんですが、純粋な大衆車たるフィットでは擬似クリープなどは完全解消なんでしょうか?

しかしそういった問題を抜きにしてもツインクラッチとハイブリッドのタッグはワクワクする話題です。ぜひ試乗してみたいです。

ROWAアングルファインダー

掲載日:  

なんか一部で発売後1年足らずのD600の後継機が出るとかでないとか噂が出ていますが・・・ユーザーとしてはちょっとどころかすごく残念ですね。センサーの油汚れのトラブルがうまく解消できないのがマイナーチェンジの要因の一つであるとか無いとか・・・うーん。まあうちのD600では自分が鈍感なのか感じないので良しとしておきましょう。

さてD600ネタなんですが、低い位置でマクロなんかで撮影するとき、古い人間はライブビューよりやっぱりファインダーを使いたいなんて欲求がありまして、純正の各窓用変倍アングルファインダーはけっこうお高いのでROWA JAPANのを買ってみました。

角窓用なのでD800には使えませんし、ROWAの販売ページの説明にはD600とはうたってませんが、D7000があるので大丈夫だろうと購入してみました結果、問題ありませんでした。

…全文を表示する

粟又の滝

掲載日:  

台風18号が去って訪れた爽やかな空気に誘われて粟又の滝まで行ってきました。圏央道で市原鶴舞ICから大体40分ほどです。ほんとに風が気持ちよく、日陰にいると半袖では肌寒いくらいです。もっとも日差しはまだまだキツイので日向で動くと汗は出ますが。

粟又の滝

NIKON D600 / AF-S NIKKOR 18-35mm

粟又の滝

NIKON D600 / AF-S NIKKOR 18-35mm

駐車場が少し離れているのでD600に18-35mmを付けて、ロープロのパスポートスリングに28-75mmを入れていきましたが結果的に18-35mmだけで終わってしまいました。D600には14-24mmよりこちらのレンズのほうが軽くて使いやすいです。ただ、こういった渓谷っぽいロケーションでは思いの外暗いのでISO感度は上げざるを得ないのと、日があたっている場所とコントラスト差も大きいので以外に難しいです。上の写真はLightroomでグラデーションマスクを使いました。

…全文を表示する

3代目エクストレイル発表、賛否両論ですね

掲載日:  

新型エクストレイル
ついに3代目エクストレイルが発表されました。

WebCGの記事写真

ショーモデルの時から「これはデュアリスでエクストレイルじゃない」とか言っていた初代、2代目のファンはたぶん3代目のデザインに不満が出ているでしょう。私も心情的にはそちらに属しますが。

ロケットニュース24の記事

今までのデザインを好むユーザーはエクストレイルの無骨で実用的なデザインが好きなのでアーバンSUVとなった事に大きく失望するのは理解できます。それにデザイン優先だと室内のパッケージングに与える影響、個人的にはデザイン優先でリアに向かってルーフが下がっているのがカーゴ部分のユーティリティに影響していそうで不安ですね。まあ、まだ各部のサイズは見ていませんし、なんか3列シートのグレードもあるとか記述があるので室内長は確保されているのでしょう。でもやっぱり高さは不利です。

リアに向かってルーフが下がっている

あとはパワーソースです。ディーゼルユーザーとしては今更単純なガソリンエンジンには戻りたくありません。欲を言えばハイブリッドディーゼルが希望ですがまず無理でしょうから、せめてCX-5超えのディーゼル、そしてガソリンハイブリッドモデルを期待しましょう。

…全文を表示する

台風18号マンニィ

掲載日:  

小笠原近海という比較的近い位置で台風18号が発生しました。

今日現在の米軍発表の予想コースが下で、

米軍の台風18号予想コース

気象庁の予想コースがこれです。

気象庁の台風18号予想コース

また、デジタル台風によれば

気象庁の予報によるとこの台風はあまり強くは発達しないとのことですが、私も同じ印象を受けています。この台風は雲の広がりとしては大きいのですが、雲がばらけて中心にまとまりにくいタイプのような感じです。ただどのような勢力であっても、大雨や強風や高波の影響は各地に出てきますので、最新の情報にご注意下さい。

だそうです。確かに現在のところはあまりまとまっていないようです。気象庁の予想でも日本の南で980hPaです。

今年の台風は今までのところ、あまり発達してないのが多いです。普通これだけ夏が暑いと海水温も高いから950hPa以下とか猛烈なのができそうですが・・・。このあたり予報士の方はどう推測しているのでしょう?

ともあれ、被害が少なくて、かつ、恵みの雨と海水温低下をもたらして欲しいです。

カテゴリー お天気| タグ | コメントを書く

サーバーメンテナンス

掲載日:  

Debian Wheezyがリリースされてからアップデートした自宅サーバーですが、なんかシックリ来ないというか、レスポンスが悪かったりして納得できないので一度ディスクのフォーマットからやり直す気になりました。

なのでこのブログをKAGOYA VPSサーバーに一時的に引越ししました。

自宅サーバーはnginxでこちらはApache2だし、メモリーも保証1GBだからずっとタイトな環境ですが「納得出来ない状態」の自宅サーバーよりWordpressのレスポンスがいいです。

やはり何か変なんでしょうね。

ついでと言ってはなんですが、MX 130 S2用にCPUクーラー、

と、ケースファン

を購入してありますので、これらを換装して様子を見ながらOSの入れなおしをしていきましょう。

自宅サーバーはここのブログ以外にsubsonic音楽サーバーも稼働しているので、停止するとススマホから音楽が聞けないので困るんですがね。

2013/9/28追記:

まず購入してあったケースファンですが・・・・電源が3ピンでした。MX130 S2のコネクターは4ピンなので3ピンだと回転数制御が働かない?気がしますので交換は断念しました。

さらにCPUクーラーですが、取り付け自体は問題ありませんでした。しかしヒートシンク自体の大きさというか全体的になんか標準搭載のものより強そうには見えません。残念ですがこちらも死蔵となりそう。せめてサイズの大手裏剣2リビジョンBのようにサウスブリッジまでも風が届きそうなサイズだったらいいのですが・・・。

なお、OSの入れ直しですがこちらは「とりあえず」完了しました。ただやっぱりMySQLサーバー周りが今ひとつ納得できるパフォーマンスが出てない感じです。何が問題なのか? 私の力量では問題の切り分けができていません。今後の課題です。