Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

8月 2013の月別アーカイブ

スターサーバープラス9月30日で受け付け終了

最近使っているネットオウル運営のレジストラ、スタードメインですが、以前のエントリーに書いたとおりドメインを登録すると無料で3GBの容量でPHP+MySQLデータベースが使えるサーバーが使えるので(メールは転送)重宝していました。

でも今朝届いたメールに「スターサーバープラス9月30日で受け付け終了」とありました。

スタードメインでは2013年9月30日をもって、
無料サーバー機能「スターサーバープラス」の新規受付を終了いたします。

9月30日までにスターサーバープラスをお申し込みいただいたドメインおよび
すでにスターサーバープラスをご利用中のドメインにつきましては、
9月30日以降も引き続きスターサーバープラスのご利用が可能です。

また、「スターサーバー」につきましては9月30日以降もこれまでどおり提供いたします。

PHP+MySQL無しのサーバーは使えるようですし、ドメイン契約を続ける限り既存のユーザーはOKみたいです。

でもこれで友人に勧めるセールスポイントが減ってしまいました。

あ、でもまだ1ヶ月ありますから、ドメイン移管も含めて駆け込みは可能ですね。

 

 

長野道・上信越道おかげさまで20周年記念パスなど

長野道・上信越道おかげさまで20周年記念パス

自分用のメモです。

首都圏方面からの往復と周遊エリア内の乗り降り自由が定額になるサービスです。

例えば練馬から上信越道長野までETCを使わないと片道で4900円ですし、川口中央から那須高原SAまでだと片道4550円です。ETC利用で比留間の走行だと4200円と3850円。(間違ってるかな?)

だとするとルートや時間によってはお得じゃないですかね?

いずれも

平成25年10月1日(火)から12月1日(日)のうち連続する最大3日間ご利用いただけます。
※日帰りや2日間のみでもご利用いただけます。
※往路走行の入口IC流入前までにお申込みください。
往路走行の入口IC流入後にお申込みされ受け付けされた場合、
ドラ割「おかげさまで20周年記念パス」は適用になりません。
※ご利用開始、終了とも出口料金所の通行日をもって判断します。

ドラ割 | 長野道・上信越道おかげさまで20周年記念パス

ドラ割 | 北関東オーライパス(首都圏出発プラン)

上の2つは普通車で6500円です。

ドラ割 | 北関東オーライパス(周遊プラン)

こちらは普通車で5000円

いつのまにか、蝉の声が遠のいて秋の虫が鳴き始めています。1年で一番空気が澄み切っていて大好きな季節ですから、紅葉狩りにお得に出かけたいです。

 

 

 

台風15号コンレイ・・・接近は痛し痒し

台風13号と14号は珍しい越境タイプでした。ハリケーンからタイフーンになった場合、名前はハリケーンのままなんですね。

で、今年の猛暑を反映して熱帯低気圧も量産モードらしく、すでに15号(コンレイ)がフィリピンの東にあります。

JTWCの予想進路は今日現在で

15号 0827-JTWC

気象庁は

15号-0827-気象庁

台風嫌いの私からすると気象庁の予想進路が希望ですが、関東の取水制限や海水温を下げて欲しいと考えると、勢力を下げつつ日本列島縦断ってのも消極的賛成かもしれません。

答えはここ数日で出るでしょう。

カテゴリー お天気| タグ | コメントを書く

apt-get updateが途中で止まる

3日前くらいから自宅サーバーのアップデートがうまく進みません。 orz

——————————
apt-get update
ヒット http://ftp.jp.debian.org wheezy Release.gpg
ヒット http://ftp.jp.debian.org wheezy Release
ヒット http://ftp.jp.debian.org wheezy/main amd64 Packages
ヒット http://ftp.jp.debian.org wheezy/contrib amd64 Packages
ヒット http://ftp.jp.debian.org wheezy/non-free amd64 Packages
ヒット http://ftp.jp.debian.org wheezy/contrib Translation-en
ヒット http://ftp.jp.debian.org wheezy/main Translation-ja
ヒット http://ftp.jp.debian.org wheezy/main Translation-en
ヒット http://ftp.jp.debian.org wheezy/non-free Translation-en
ヒット http://packages.dotdeb.org wheezy Release.gpg
ヒット http://packages.dotdeb.org wheezy Release
ヒット http://packages.dotdeb.org wheezy/all Sources
ヒット http://packages.dotdeb.org wheezy/all amd64 Packages
無視 http://packages.dotdeb.org wheezy/all Translation-ja_JP
無視 http://packages.dotdeb.org wheezy/all Translation-ja
無視 http://packages.dotdeb.org wheezy/all Translation-en
89% [security.debian.org (2607:ea00:101:3c0b:207:e9ff:fe00:e595) へ接続しています
——————————
/etc/apt/sources.list の

deb http://security.debian.org/ wheezy/updates main contrib non-free
を削除すると進むんですが・・・

別途借りているVPSサーバーは問題がないのでリポジトリ側のトラブルではないですが、この数日でなにも設定変更はした覚えがないので困ってしまいました。

トラブル解消の手段が分かる方・・・お助けを!!

追記:

apt-get update として、停止しても5分以上放置モードにしていたらアップデートが完了しました。はて、やはりなにか阻害する要因があるみたいです。logで分かるかなぁ?

 

 

シグマ 18-35mm F1.8 DC HSM

シグマ 18-35mm F1.8 DC HSMこのレンズはとても魅力的ですねえ。APS-C用なのが残念でなりません。18-35mmということはフルサイズ換算で27-52mmくらいでF値が1.8ってスゴイです。

実際、各サイトのレビューも非常に好意的です。

フォトヨドバシ

日経トレンディ

ITmediaデジカメプラス

デジカメWatch

などなど・・・。

ともかくズームレンズでF1.8って世界的に見ても稀有というか初めてじゃないでしょうか? キャノンやニコンの大三元といわれるズームがF2.8なのに純正以外のシグマがF1.8通しのズームをだしちゃって、発売直後だけど実売価格はキャノン用で8万円ちょっとです。

今年当初に発売になった35mm F1.4 DG HSMもすごく魅力的で思わずポチッとしちゃいそうだったんですが、実際の使い勝手はこちらの18-35mmが上かもしれません、APS-C用だけど。(T_T)

Lレンズじゃなくても、ナノクリじゃなくても、手ぶれ補正が無くても、810gと重くても近頃のシグマレンズはすごく魅力的です。それにこのレンズもUSBドック対応でしょうから、純正じゃなくてもフォーカスの微調整で悩むことは無いのもスゴイです!!

このレンズ使いたくてAPS-C一眼買っちゃうってのもアリなんじゃないですか?

 

ハスの花の色って?

お盆にカミさんの実家へ出かけてヒマだったのでちょっと散歩先でハスを撮ってみました。

ハス1

D600/シグマ50-500mm (210mm f8)/DxO Optics Pro + FilmPack Provia

重かったけど久しぶりにシグマの50-500mmを持ちだしました。ハスの背景の田んぼはもうずいぶん色づいています。今月末か9月初めには稲刈りが始まるんでしょうか。

ハス2

D600/シグマ50-500mm(500mm f8)/DxO Optics Pro + FilmPack Provia

500mmという焦点距離からすれば格安と言えるレンズですが、大気の状態に左右されない中景なら十分な解像度がありますね。特にこういった田んぼの遠い位置にあるハスのような被写体だと助かります。もちろん三脚必須ですけどね。

ところでハスの花の色なんですが、今回撮影したあたりではほとんど「白」でして、大賀蓮のような「ピンク」は見当たりません。そこで近所のハス農家の方に聞いてわかりました。つまり食用に地下茎を出荷しているようなハス田のハスは味、食味優先の交配(F1?)の結果、ほとんど「白」だそうです。たまに先祖返りしてピンクっぽくなることもあるそうですが。

なのでピンクのハスは原種に近いか、生け花用に栽培されているものらしいです。

千葉も暑い・・・あ゛づい゛・・・

四万十で40度オーバーみたいですね。千葉も暑いです。うちのエアコンが能力不足でフル回転しているのに全然涼しくなりません orz

うちの近辺はまだ都市部のようにコンクリートだらけじゃないんですが、都市部はツライでしょうねぇ。エアコンの排熱とコンクリートの反射で熱の逃げるところが無いんですから。

ブログネタも見当たりません。

NIKON D800Eで1.2クロップ

D800/Eここのところ軽さに日和ってD600ばかりを連れ出していたんですが、ふとD800Eのクロップサイズでの試し撮りをあまりしてなかったことを思い出しまして引っ張り出して来ました。

D800/EのクロップはAPS-Cレンズを取り付けた時には自動的に1.5クロップになるんですが、フルサイズレンズのときは手動で変更できます。

で、いままでスルーしていた1.2クロップです。

1.5クロップはAPS-Cサイズなのでだいたい1500万画素ちょっとなんですけど、1.2クロップはD600と同等の2400万画素ほどになるんですね。初めて気が付きました。

風景撮影で1.5クロップはちょっと小さいなとか思っていたわけですが、1.2クロップなら十分です。

それに例えば手持ちのレンズを1.2クロップで焦点距離を換算すると下のようになります。

14-24 16.8-28.8
18-35 21.6-42
24-70 28.8-84
28-75 33.6-90
70-300 84-360
70-200 84-240
50-500 60-600
35 42

どうでしょう? 1.2クロップだと案外使いやすい焦点距離に収まっているのではないでしょうか? 18-35なんてちょうどお散歩にピッタリです。

そしてもう1点。

クロップするとファインダー内の100%表示にヘアラインで撮影可能範囲が矩形で描写されるんですが、「デジカメウォッチのインタビュー記事」によると

カタログには載っていませんが、クロップエリアを単なる線ではなくD4同様に枠の外をグレー表示にすることにも対応しています。その設定方法が難しいのでこの場で言っておきますと、[カスタムメニュー]→[オートフォーカス]→[フォーカスポイントの照明]を「しない」にすると、グレーの枠が表示されるようになります。ただし、この設定にするとフォーカスポイントの赤い表示はしなくなります。その場合、音で合焦を知らせる設定にすると良いかと思います。

なるほどこうすると撮影可能範囲の外側がグレーアウトして見やすいです!!! 後はこれの切り替えをマイメニューに登録しておけばサクッと切り替え出来ます。

今後はしばらくD600じゃなくてD800Eを使い込んでみようかと思います。