Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

11月 2012の月別アーカイブ

Ai AF Nikkor 35mm f/2D

ニコンでフルサイズ対応の単焦点レンズを揃えようとして広角系を探すと35mmではこの投稿タイトルと高い35mm F/1.4GとF/1.4Sの3本があります。

さすがにF/1.4Gは使用率を考えると手がでないので必然的にこのF/2Dになります。このレンズ自体も設計は古いので高画素機での使用はどうなんだとの懸念もあったのですが価格コムあたりの書き込みで大丈夫と判断して購入しました。(フード込みでも3万円ちょっとなので高くないんですが使えなければゴミ同然ですから。)

到着そうそうにD600につけてテストしました。

下のサンプルはISO100/F2開放で撮影した写真のほぼ中央部の原寸トリミングで、RAWファイルをView NX2でなにも編集せずにJpegに書き出しました。カメラのピクチャーコントロールはスタンダードで14ビットRAWです。

D600 + 35mm f/2D  F2開放 ISO100

ん・・・・なんか思ったよりボヤっとというか、フレアというのか、すっきり写りません。こんなものなんでしょうか? ピントが合ってないわけではないですね。

絞りをF4以上にするとカリッといくんですが、F2.8未満ですと同じ感じです。もちろんパンフォーカスでカリカリにシャープなことばかりがレンズ性能では無いですし、35mmの広角で遠景を絞り開放で撮影するシチュエーションはあまり考えられないのですけど。

現像時に補正した写真

上の写真は同じものをCapture NX2で「軸上色収差補正」と「倍率色収差補正」を調整し、ピクチャーコントロールを「風景」にしてみたものです。ここまでやれば、なんとか耐えられる感じかな? まあ大きなモニターじゃなければ原寸大で表示しないので分からないと言えばそれまでですが。Adobe Lightroom4.2でもレンズ補正の色収差を調整するといくぶんスッキリします。 でも純正ソフトのほうが補正効果は大きい感じです。

しかしそうしてみるとこのレンズの開放時にスッキリしないのはレンズ収差ってことでしょうか? それが比較的古い設計のレンズの限界なんですかねぇ・・・・

でもこれはあくまで遠景を開放で撮影した場合でして、近距離、室内、ポートレートなどでは症状は顕著に出ないようです。近距離で開放だとボケの面積も増えるので分かりづらいってこともありでしょう。それにポートレートなんかだとフワッとして描写も面白いし。

それとこのレンズは思った以上に寄れますね。これは楽しいです。

寄って撮影

こういう被写体だと開放でも全然OKでしょ? そしてなによりレンズが小さくて軽い! これはすごいメリットです。D800Eにこのレンズだと少々バランスが悪いですがD600なら大丈夫です。このメリットを活かして夜の街なかでのスナップは楽しそうです。

ひとつ難点はフードがねじ込み式でしてフードをした状態だとレンズキャップができないことです。

追記:

別にこのレンズに限ったことではないですが・・・・

このレンズはアマゾンで買ったんですけど、アマゾンでレンズの購入はダメですね。購入履歴から「返品・交換」で進んでいくと「返品できるのは未開封の品だけ」と出てきます。そして開封したものは購入価格の50%となるそうです。そしてこのレンズの場合、交換のラジオボタンはグレーで選択できませんでした。

レンズなどは使ってみて初めて不具合等が判明するわけですから、これではハズレの場合には損します。せめて交換できないのは理由がわかりません。しかし中古で買い取ってもらうよりは高いですけど。

 

4代目スバル・フォレスター

4代目のフォレスターが出てきました。もともとスバル好きで2代目フォレスターSG5に乗っていた私としてもどんなふうに変わるのかなと興味津々でしたが、よくも悪くもスバルのデザイン、スバルのモデルチェンジでしたね。

スバル自体が大企業というわけではないので昨今のダウンサイジングのトレンドを迅速に反映するだけの企業体力がないことは分かります。でもでもやっぱり期待しちゃいますよね。例の水平対向ディーゼルターボはいつ搭載されるかとか、ガゾリンエンジンだとしても1.6リッターくらいのとか、せっかくトヨタと提携したのですからハイブリッド技術を流用できるんだろうし・・・なんて。

いままで国内では唯一だったアイサイトも最近は他のメーカーでも似たようなシステムを実用化してきていますから(もっともスバルがアイサイトを格安で出したから他社もあまり高価にできないっという流れを作ったという意味では賞賛していいです)いつまでも目玉扱いできません。

で、新しいフォレスターですが、車関連サイトの記事なんかに貼り付けてあるツイッターなどでは3代目よりデザインがいいなんて人もいるようですがどうでしょう? 私は「やっぱりスバルのデザイン」としか言えないです、(笑) きっとそのうち見慣れて普通に感じるんでしょう。しかしまだアメリカを向いたデザインであることに変化はないようです。

そして前述のようにパワーソースなどに新機軸は出て来ませんでした。NAは3代目後期と同じで4ATがCVTになっただけ。前情報でもスバルはDCTは開発していないようなのでこれからもCVTメインでしょうが残念です。直噴ターボモデルはといえば280hpだそうで、完全にSUVとなったフォレスターにこれだけのパワーをどこで使うんでしょう? どうせターボを付けるならダウンサイジングして1.6リッターとかでトルク増大方向のほうがマッチしないでしょうか?

やはりディーゼルターボは次期レガシーでの搭載ですかねぇ。

 

AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED

ニコンのマクロレンズです。フルサイズで使うにはワーキングディスタンスがちょっと短いのですが標準レンズ兼用と考えると使いやすい焦点距離でもあります。

普段はスナップ、ときどきマクロって感じです。

AF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gやシグマの105mmマクロも持っていますが、ついポチッてしまいました。だっていろいろなところで銘玉とか言われているし、ナノクリの割にリーズナブルなんですもん。(まだキャノン売却の残りがあるし)

これで単焦点は 50/60/105 となりました。35mmも欲しいんですが、前のエントリーに書いたシグマの新しいのの価格が下がるのをまつか純正のF2ですかね。

昨日届いたばかりなんで数枚しか撮れてませんが、純正なんでAFの問題もなさそうですが、なんかD600だと露出がちょっと明るいかなぁ・・・(サンプルはマイナス補正してます)


NIKON D600 / AF-S Micro Nikkor 60mm f/2.8G ED

 


NIKON D600 / AF-S Micro Nikkor 60mm f/2.8G ED

 


NIKON D600 / AF-S Micro Nikkor 60mm f/2.8G ED



NIKON D600 / AF-S Micro Nikkor 60mm f/2.8G ED

 

シグマ 35mm F1.4 DG HSM

シグマから発売予定の新しい単焦点35mm f1.4です。これはとても楽しみな一本です。ニコンには高い35mmと安い35mmがありますが、安いのは発売からだいぶ経過しているのです。かといってさすがに単焦点に10万単位以上を支払えるほどリッチでもないのです。

それにコシナで取り扱っているプラナーとかディスタゴンなどのマニュアルフォーカスレンズもなかなかに手を出しにくいです。

またキャノンで使っていたシグマの50mm f1.4も良いレンズだったのでこの新しい35mmにも期待をしているわけです。価格コムでの初値は約9万なので7万程度になったら買いかなぁと。

ヨドバシカメラにレビューが出でいます。

http://photo.yodobashi.com/gear/sigma/lens/3514dgeos/index.html

この記事を見ると期待が高まります。

凶器

研ぎ澄まされた凶器が10本・・・いや、後肢もあるから20本。

先日貰われてきました。

私がいつまでも前の猫を忘れないのでカミさんが勝手に貰ってきちゃいました。メスでネロと名づけました。

なんかペルシャがかっているらしくて顔が平たいっす。そしてメスとは思えないほどパワフル。その上「とてもいやしい」というか、食欲旺盛です。なんかいつも腹ペコみたいで困ってます。生後二ヶ月半ほどですがすでに成猫くらい食べてそう・・・。

こっちは毎日凶器にやられて傷だらけです。

Wnidows8を入れてみました

富士通の格安サーバー MX130 S2改にダウンロードで購入したWindows8Proアップグレード版を入れてみました。MX130 S2に入れてあるHDDに古いXPが(Dドライブとして)入っていたせいか、アップグレード版であってもすんなりと入ってしまいました。Windows7では別途追加インストールが必要にLANチップドライバーも問題なく入ってます。

Windows8のインストール時間はAMD Phenom II×4 945  / Memory 16GB /AMD 880Gチップでだいたい15分~20分位だと思います。SSDならもっと速いですね。

Windows7の時はプロダクトキーの入力をとりあえず飛ばして進めましたがWindows8ではダメです。たぶん強制的にアクティベーションにいってます。なので今回は試しにいれているんですが次回のインストールで電話が必要かな?

ログインに必要なユーザーアカウントは以前から使っているマイクロソフトアカウントを使いました。SkyDriveでデータを入れてありますから。

起動時のモダンUIですけど、各所で色々と話題になっている通りでWindows7までの標準的デスクトップPCではあまり意味が無いですので、クラシックUIに切り替えてデスクトップにマイコンピュータアイコンを出してなるべく以前のインターフェースに近づけてみました。

でもご承知の通りタスクバーに「スタートボタン」がありません。これではアプリケーションにアクセス出来ないのでGoogle先生に助けてもらうといくつか見つかりましたので下のフリーウェアを速攻で追加です。

Classic Shell 3.62J
http://www.dnki.co.jp/content/view/145/1/

スタートボタンを追加してクラシックUIにしてしまったWindows8はほとんど以前のOSと変わりません。

この状態でFirefoxとChromeをインストールしましたが、どちらのブラウザもまだモダンUIをサポートしないので、モダンUIのパネルから起動しても強制的にクラシックUIに変更されてしまいます。

続いてGoolge日本語を追加しましたが、こちらは環境設定ができません。環境設定画面が出ないのです。環境設定のショートカットを作成すれば設定自体はできますが、どうも挙動がおかしいです。まだWin8への対応が悪いようです。

しかしクラシックUIで使うならWindows七からWindows8への移行はどれくらい意味があるのでしょうかね? ネットの情報だとスピードはWindows8のほうが速いみたいですがベンチマークレヘルでの差なら無関係です。

やはりWindows8のモダンUIを活かせるハードウェアが出てくるまでは移行を急ぐ意味は見いだせないのではないでしょうか。

2013年にはスマートフォンの市場規模がPCを逆転

IDC JAPANによる来年以降の市場予測ではもうPCよりスマートフォンの方が売れるとしています。

RBBTODAYの記事より引用

 そして、2012年以降のICT市場を大局的にみると、市場の成長、市場の変革をけん引していくのはスマートフォンとなり、国内ICT市場では2013年に、スマートフォンの市場規模がPCを逆転すると、同レポートでは予測している。

キーボードじゃなく指で操作できるインターフェイスが登場したことによって、ここ最近の動向を見るまでもなく一般的な使い勝手はPCよりスマートフォンやタブレットが優っているのは誰が見ても明らかじゃないでしょうか? 特にいままでPCに対して躊躇していたユーザー層を取り込む簡単さや魅力がありますから。

この予測を見ると思っていた以上にその割合の変化が加速しているってことですか。

今後はPCの比率がだんだん小さくなってくるんでしょうね。そうするとPCを捨てられないユーザーは少し困るかもしれませんね。だっていまのPCの価格は市場原理が働いているから安いわけで市場規模が縮小すれば値上がりは必至でしょう。自作派のパーツなんかも高くなるのかなぁ・・・それは私も困ります。さすがにまだスマートフォンやタブレットの自作版なんて無いです。

ノートPCはたぶんタブレット兼用でキーボードはドックタイプが主流になるのかな? じゃあデスクトップはどうなっていくのでしょう。タッチパネルのモニターは出てくるとして、大画面のモニターだとタッチで操作するのも大変ですよ、広くて。それに手元から遠いとなお辛いから当然アームで移動できる方式でしょう。あ、操作はスタイラスペンかな? それにデュアルモニターで大画面は今までの位置でサブモニターを手元においてそちらでタッチ操作?

どちらにしろPCが必要な操作ではキーボードはまだ無くならないでしょう。マウスは・・・緻密な作業はペンで代替えできるかな?

 

サイバーリンク Photo Director 4

サイバーリンクから発売されているRAW現像ツールの新しいPhoto Director4

Adobe Lightroomの販売価格が安くなってからはあまり旨みがないのかもしれないけど、機能的にはけっこういいところをついているというか、部分的にはLightroomのいいとこ取りだったりします。

今回のバージョンからはPhotoshopみたいな画像の修正ツールも増えました。

Photo Director 4 新機能紹介

コンテンツアウェアツールなんて「コンテンツに応じた・・・」そっくりです。

でも実は返品しました。

私のカメラNIKON D800E/D600では使えませんでした。Photo Director4は32ビットソフトウェアなので扱えるメモリー容量に制限が出て、特にD800Eのような高画素カメラが出力する大きなRAWファイルを処理しきれないみたいです。「メモリーが足りません」とエラーが出てしまうんです。これでは何も出来ません。昔のカメラであるキャノン EOS 5D Mark IIや40Dのは扱えましたのでちょうど2200万画素クラスのRAWファイルが境界線かなと思ってます。なら入門機でも高画素のNIKON D3200などはどうなんでしょう?

機能などはいいものがあるのでぜひ早急に64ビット版をリリースして欲しいものですね。フルサイズ一眼が増えれば高画素機も一気に増加するでしょうから。

Google Cloud Print

しばらく前に長らく使っていたキャノンのMP600という古いプリンタが壊れまして、インクの値段が安いブラザーのMFC-J825Nというのに交換しました。

このプリンターはUSB/有線LAM/Wifiと接続方法がありましてUSBじゃなくネットワークでの接続をチョイスするとLAN内ならスマホからプリントできるというんですがまあそんな狭い環境だったら大して私には意味が無いんですけど、ついでなんでクラウドプリントってやつを試してみました。

なぜなら前のプリンターは使わないときは電源を落としていましたけど、こいつはFAX機能があることもあって常時オンがデフォルトです。だからLAN接続ならルーターも常時オンですので外部からいつでもアクセスできるわけです。

じゃあクラウドプリントを実現する一番簡単なのは・・・・Google Cloud Print ですかね。

はじめにPCにGoogle Chromeが入れてあることを前提にして、スマートフォンとタブレットに登録しているGoogleアカウントにPCからログインして Google Cloud Print へアクセスしてプリンタを登録しておきます

次にうちはAndroidなんで Easy Print というアプリを追加し、Easy Printの中でさきほどPCでプリンタを追加したGoogleアカウントを指定してプリンタを選択すれば、スマートフォン内のファイルとかGoogleドライブのファイルとかをプリントできるようになります。もちろんちゃんとプリントできました。

誰もいない場所のプリンターが動いて印刷してるってなんか妙な感覚というか、FAXみたいというか、時代は次々と進歩しているんだなぁと実感します。でも私の勘違い。夜間にテストしたら仕事場のPCが起動してないと印刷が実行できず、翌朝にPCを起動したらスプールされていたのか印刷開始となりました。

でも「これ、どう使う?」っていう疑問もありますね。

 

Nexsus7にBluetoothキーボード付きケース

先日ポチッとしたGoogleの7インチタブレットNexsus7ですが、中1日で香港から到着しました。速いですねぇ。

さすがにこの手の製品は1年前とは格段の進歩で動作速度になんの問題もありません。使い勝手もごく標準のAndroid4.1のままなのですでにAndroid使いな方は迷わないと思います。また購入後すぐにOSのアップデートが入りました。このあたりはOS開発元の製品なので安心です。

Nexsus10も発表されてiPadより画面解像度が高いみたいで楽しみですが、一つ心配が・・・。

私のような老眼だとdpiが高いと相対的に表示される文字は小さくなるようなのが辛いです。もちろんブラウザなどはピンチアウトで拡大されますがタブレットの設定画面などはそのままです。Nexsus7でも細かいです。

あと、ついでにBluetoothのキーボード付きケースを買ってみました。

【minisuit】Google Nexus 7 ワイヤレス キーボード スタンド ケース 良質PUレザー ブラック

これをつけると一気に7インチタブレットの軽快感が無くなってしまいますがね。

Bluetoothでの認識も数回トライしたらOKでしたが、英語キーボードでどうやったら日本語入力ができるか? です。

そしたら Goolge Play にそれらしきアプリを発見。

日本語106/109キーボードレイアウト

このアプリを入れるとキーボードの言語設定に今まで出てこなかった日本語が追加されます。そして実際の入力はCTRL+SPACEで英語と日本語を切り替えられます。このあたりはLinux標準のキーアサインです。

ハードウェアのせいかBluetoothのせいか、キーの反応はしても速いとはいえませんがそれなりに使えます。いずれにしろ7インチタブレットで文章を長く入力することは稀なケースだと思うので十分使えそうです。