フォルクスワーゲンup!

フォルクスワーゲンup!(FF/5MT)【海外試乗記】.

WebCGの記事を読むとこのVWの新しい3気筒エンジンはとても良くできているようですね。

記事の通り、日本人にとって小さなエンジン、少ない気筒数って身近な存在なわけですが、世界的なダウンサイジングの嵐の中でいままでガラパゴス的で日本固有といってもいいこの手のクルマというか技術を欧州勢が手がけるとこうなるというとてもいい見本です。

そしてこれも記事の通りで日本車にとってはとても怖い存在です。

数十年のスパンで熟成されてきたはずの日本のスモールコンパクトは実は世界的には通用しないレベルでしか無かった?ということが暴露されてしまうかも知れません。「どうせマーケットは日本国内だけだからこの程度まで作れればいいや」と考えていたのだとしたら、もう通用しないでしょう。

まだ遅くないです。いまこそスモールコンパクトは日本車だ!と主張できるモノ作りをぜひお願いしますぜ。

うちのカミさんのアルトが後数年で買い替えのサイクルなんで・・・できればそれまでに・・・。m(__)m