SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

「世界初」手ブレ補正搭載フルサイズ大口径標準ズーム「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD」発売日決定 – ITmedia デジカメプラス.

タムロンがアナウンスしていた SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD の発売日が決定したようですね。

大口径標準ズームで初めて手ブレ補正機能を搭載したレンズです。キャノンにしてもニコンにしてもこのクラスでは手ブレ補正は搭載していないので楽しみです。

ただ残念なのはアナウンスされた価格が148000円だったことと「簡易防滴機構」なことでしょうか。

価格コムによると実売価格で11万円弱と純正じゃないのにまだ高いです。せめて実売8万くらいなら良かったのに。それと簡易防滴も残念ですね。このクラスだとフルサイズ一眼で使うのが普通でしょう。だとすれば本体は防塵防滴されているのでレンズが簡易防滴では釣り合わないかと。

ではなんでそうなのかといえば、たぶんインナーズームじゃないからでしょうね。つまりズームに応じて鏡胴が伸び縮みするので完全な防塵防滴は難しいと。インナーズームにするには全長がもっと必要だったりするんでしょうか?

そうは言っても要はレンズの性能が問題ですよね。早くサンプルを見てみたいです。個人的にA09(SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD)が気に入っているのでこのレンズにも期待しています。実売がもっと下がってニコン用が出ればD800ボディとこれで当座はいけるかな?