Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

八千穂高原の白樺とツツジ

4月 2012の月別アーカイブ

MS製Windows Liveアドミンセンター

掲載日:  

あんまり全てをGoogleさんに依存するのも良くないんだろうなぁ~と。例えば新しいGoogle Driveのプライバシーでなんかネット住民がもめているらしいとか・・・。(検索すると色々出てきます)

そんなこともあって以前は太っ腹にドメイン登録無料でスタートしたはずがうやむやのうちに消滅して変化して現在はWindows Live アドミンセンターになっているGoogle Apps対抗のサービスです。

Google Apps対抗なんで機能は似たりよったりなんですが、Google Appsの無料版で使えるアカウントが10個になってしまった現在、こちらはアカウント制限を設けていない点が嬉しいところではありますので私もいくつかサブドメインを登録してありました。

このサービスで使えるHotmailも以前はpopアクセス出来なかったりしたのですが、今は普通のメールソフトで送受信できるようになってますし、WEBメールインターフェイスだと広告が入るらしいのがメールソフトだと入らないのはポイントが高いです。しかし!今日はじめて気がついた弱点が1つ。

「POP受信の時間間隔が15分」

つまり一度受信すると次は15分後じゃないとエラーで撥ねられるってことです。これ、けっこう痛いです。平常時はそれほど問題ではないのかも知れませんが場合によっては数分単位で受信を繰り返したい時もありますから。Google Appsだとプッシュ配信に対応しているんでいつのまにか当たり前だと思ってしまっていました。ちょっとどころか残念無念。

どこかに回避策っと無いもんですかね?

それともう1つ。普通メールサーバーって個人サーバーを別にすればメインサーバーと予備サーバーを複数設置しているものです。で、Windows live アドミンセンターで初期設定の時に指示されるMXレコードは1つだけなんです。Google Appsでは5とか7とんなんですが。もちろんMXレコードが1つだと言って実際のサーバーが1つなわけは無いんですが、メールサーバー自体じゃなくてネームサーバーのトラブルがあったら困るんではないでしょうか? そこが不満と言えば不満です。

え? 無料で文句を言うなって?

Google Drive開始で有料版価格が改訂されちゃってる

掲載日:  


オンラインストレージのGoogle Driveが正式に開始されたようですね。その辺の使い勝手は別の話題なんですが、いままで私はPicasa Web Albumのために年間5ドルで追加容量を購入していました。5ドルでプラス20GBでした。

ところがGoogle Driveが開始されたため?なのか、いつのまにか年間5ドルのプランが消えちゃってます。いまは月額2.49ドルで25GBですから年間約30ドルといままでの6倍の値上がりですよ~。

じゃあ前のプランで契約している場合も変更されるのか?と探したら、ここに出てます。

引用

How to keep your old plan

Google storage plans have changed, but you can stay on your current plan as long as you:

  • Keep your account active
  • Keep payment information in Google Wallet accurate and up-to-date
  • Don’t cancel or upgrade your current plan

If your account lapses, your credit card is declined, or you choose to change your storage plan in any way (upgrade or downgrade), you’ll be switched to the new Google storage plan.

You’ll access your account information in a new place, even if you choose to keep your current plan. The new place to access and manage your account information is www.google.com/settings/storage.

ってことらしいです。つまり

  • アカウントをアクティブ状態で維持しなさい
  • 支払いで使うGoogleウォレットの情報を正確・最新にしておけ
  • いまのプランをアップグレードしたりキャンセルするな

これをチェックしておけば、今のところは年間5ドルのプランは保持されるってことらしいです。

ん~・・分かっていれば違うアカウントも5ドルプランにしておくんだった。

ちなみに大盤振る舞いだったMSのSkyDriveも25GBから7GBに減らされてます。そのあたりはこちらの記事の解説がヨサゲです。

 

NASか外付けHDDか

掲載日:  

以前のエントリーで書いたNASの NetGear Stora なのだけど、あいかわらずHDDを見失うトラブルが数ヶ月に一度発生しています。そのたびにRAIDの再構築を行うんですが結構時間もかかるわけです。で、原因が分からないわけでもあります。タイの洪水以来新しいHDDを買ってないので交換してStora本体かハードディスクかの切り分けができないのが敗因です。

ところで私の環境でNASを使う必然性はと言えば単純に使っているPCとはハード的に独立したものだから安全性が担保できるだろうという意味合いなんですが、最近は趣味の写真ファイルが膨大になりつつあります。なにしろRAWで撮影すれば一度にGBの単位でファイルが増加するわけです。

そしてこれらのファイルをバックアップするのにNASの場合は当然ネットワーク経由となります。いくらLAN環境がギガビットとはいえ実際の転送速度はNASの処理能力にも左右されますのでバックアップにけっこうな時間がかかります。

そういった事情でいまいちトラブル原因がはっきりしないStoraは自宅に引き取ってしまい、仕事用PCには外付けのハードディスクケースを追加してみることにしました。2台以上のPCで仕事をしていればNASが必須なんですけどね。

価格コムでも売れ筋のUSB3.0対応の RATOC RS-EC32-U3R 、今日発注しましたのでSrotaに入れていた2GBHDDをこちらに移植しましょう。レビューは後ほど。

初めての刈払機

掲載日:  

正確には「初めての購入」です。数年前から買うかどうしようか迷っていたんですが、ようやく踏ん切りをつけまして昨日カインズホームで購入しました。

迷っていた理由はなんか怖かったから。だってノコギリがあんなに高速回転してて万一の時は大怪我必至じゃないですか! まして私は農業のプロでも無いので使用頻度は低いわけです。だけと体験自体は去年友人から借りて使ってみて便利だなと体感していたんです。

で、今年はうちのカミさんが膝痛や腰痛を訴えていて普段は手でとっている宅内の雑草も大変そうだからと・・ついに刈払機デビューです。プロならたぶんホームセンターじゃなくてちゃんとしたお店で購入するんでしょうが、別にそこまでのものは必要ないのでカインズホームに出かけてみました。

当然売り場にはいろいろな機種があるわけですが、こっちは全く知識がないわけです。ただ電池式は最初からパワー不足だから除外していましたし、エンジンを使うんだから排気量の違いがあるだろうな程度は分かっていました。

そこで売り場のお兄ちゃんに少し説明してもらって排気量25ccくらいのやつを19800円で購入決定しました。本体には回転刃が1つ付いているし、去年友人の刈払機を使った時に買った回転刃もあるので、ナイロンカッターと(本当はGS行けばいいんだけど)混合ガソリンを一缶追加購入です。(なんか最近は混合ガソリンを作ってくれないGSも多いとか聞きますね。)

帰宅後にさっそくナイロンカッターを取り付け、ガソリンを充填してエンジンオン! 高い刈払機なら慣らし運転するのかも知れませんがホームセンターのやつなんでいいや!と数分間暖めてから速攻で試し刈り開始です。

エンジン式なのになぜナイロンカッターかといえば、今日の目的は自宅の庭ですから庭石が多いのです。回転刃では無理です。そして試し刈りの結果を言えば、自分的には大変満足でした。庭の雑草程度ならナイロンカッターで十分刈れますね。もちろん一時間程度使うとナイロン自体はすり減ってしまいますので交換が必要ですがね。

こんな事ならもっと早く買っていれば良かったかなとも思います。とは言え、「根こそぎ」ということなら除草剤の方が完全に近いわけでして、価格で言っても噴霧器の方が安いのでいままでは除草剤を撒いていたわけです。しかし宅の周辺の笹は除草剤じゃなかなか退治できないからこその刈払機購入でした。

さあ、この19800円の刈払機、何年使えますことやら・・・・。

新しいDPPのデジタルレンズオプティマイザー

掲載日:  

キャノンの純正RAW現像ソフト、デジタルフォトプロフェッショナルが3.11.26.0にアップデートされて5D Mark III発売に合わせていくつか新しい機能が追加されました。またこのバージョンからDPPアップデート後にレンズデータを個別にダウンロードする方式に変更されています。

新しい機能の一つがデジタルレンズオプティマイザーです。公式サイトから引用します。

レンズから入った光が、カメラ内のフィルターなどを通過する際に発生する光学的影響。それは、画像のにじみやピントの位置ずれの要因のひとつになっていました。Digital Photo Professional*の新機能、デジタルレンズオプティマイザは、この光学的影響に対し、光の伝達係数を関数化・フィルター化。受光画像に適用することで光学的な影響を補正。それにより、画像中心部だけではなく、特に画像周辺部での解像感や描写力が向上。作品を隅々まで高画質に仕上げます。CMOSセンサー/EFレンズ/ソフトウエアと一貫して自社設計、製造するメリットを活かし、高精度な補正と優れた効果を可能としています。

いわゆる「小絞りボケ」、F値を大きくしたときの回折現象も補正できそうです。またこの機能は5D Mark IIでも使えます。でさっそくテストしました。

EOS 5D Mark II に純正24-105mmをつけてF22のRAWで撮影したものを補正せずにJPEG出力したものです。普段はこんなに絞り込まないんですがテスト用です。そして下の画像の左がデジタルレンズオプティマイザーを使わない状態で右が100%使った状態です。

サイト用に少し縮小していますのでわかりづらいかも知れませんが確かに右のほうがディテールがクッキリしていますね。使えそうです。シャッタースピードを落としたくてF値を大きくしたい時もあるのでこの機能は価値があります。

ただ残念なのは汎用ソフトじゃないから純正以外のレンズでこの機能が使えないことです。

佐倉チューリップフェスタ

掲載日:  

昨日は爽やかで初夏といってもいい気温と風とですごくいい一日でしたのだカミさんと佐倉市「佐倉市ふるさと広場」で開催中のチューリップフェスタへ出かけました。まあ平日だというのに結構な人出です。 普段は取られない駐車場料金もしっかり取られました、はい。

いずれにせよこんなに人が多いと写真は難しいですね。単なる観光でした。

_MG_9903.jpg

_MG_9891.jpg

_MG_9936.jpg

_MG_9962.jpg

_MG_0015.jpg

 

AMD FX-6100使用感

掲載日:  

正直なところAMD Fx-6100には失望中です orz

失望と感じるシチュエーションはほとんどRAW現像なんですがZ68+Core i7 2600Kで現像するときには感じないレスポンスの悪さがFx-6100では顕著です。

Adobe Lightroom4で現像プリセットを適用しようとクリックし、それが反映されるまでのタイムラグが数秒ありますし、DxO Optics Pro 7 でも同様ですね。

アプリケーションの起動時間などはFX-6100は起動ドライブがハードディスクなのでSSDより遅いことは分かっているから納得していますが、CPUパワーを必要とされるケースで自分が思っていたより遅いのは辛いです。FX-6100マシンは自宅なのでいわばサブ機ですから現像を除けば使い道はほとんどメールとかWEBブラウジングなので我慢出来ないわけではないんです。でもねえ・・・。

Z77マザーが出てきたので4月中にIvy Bridgeが出るのでしょうか? そうなるとAMD勢はもっとつらい状況ですなぁ。Aシリーズでは到底太刀打ちできないでしょう。

もっとも時代は自作のデスクトップPCを傍流にしてしまいそうな感じでしょう? Win8もタブレットのご機嫌伺いしてますし。自作パーツもだんだん減ってくるんでしょうか? だとしたら寂しいなあ~。

ともかくFx-6100マシンを何とか喝入れしたい今日この頃です。(高画素一眼になったらもっとスペック要求が高くなるんでね)

フォルクスワーゲンup!

掲載日:  

フォルクスワーゲンup!(FF/5MT)【海外試乗記】.

WebCGの記事を読むとこのVWの新しい3気筒エンジンはとても良くできているようですね。

記事の通り、日本人にとって小さなエンジン、少ない気筒数って身近な存在なわけですが、世界的なダウンサイジングの嵐の中でいままでガラパゴス的で日本固有といってもいいこの手のクルマというか技術を欧州勢が手がけるとこうなるというとてもいい見本です。

そしてこれも記事の通りで日本車にとってはとても怖い存在です。

数十年のスパンで熟成されてきたはずの日本のスモールコンパクトは実は世界的には通用しないレベルでしか無かった?ということが暴露されてしまうかも知れません。「どうせマーケットは日本国内だけだからこの程度まで作れればいいや」と考えていたのだとしたら、もう通用しないでしょう。

まだ遅くないです。いまこそスモールコンパクトは日本車だ!と主張できるモノ作りをぜひお願いしますぜ。

うちのカミさんのアルトが後数年で買い替えのサイクルなんで・・・できればそれまでに・・・。m(__)m

カテゴリー VW,くるま| タグ | コメントを書く