Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

9月 2011の月別アーカイブ

HIPAD M7++ その2

7インチの中華パッド HIPAD M7++ のその後。

やはり500gは重い。7インチなので片手で保持できるんだが重さはギリギリで長時間は無理である。次に液晶。安い中華パッドなので液晶の表示はきれいとは言いがたい。なんか一昔前のSTN液晶みたいに色に深みがないし、地図なども見にくい感じだ。やはりこの辺はある程度金額を出さないと無理だろう。

タッチの操作感はまあまあでたまに判断ミスがある程度なので許容範囲だ。操作や起動など全体のレスポンスは概ね悪くはなく必要十分だろう。Gセンサーも本体をローテートするくらいでは反応に問題ない感じ。発熱は少し長い時間使っていると裏側が熱くなってくるが、触れないくらいにはならない。また、バッテリーの持ちは比較的いい感じ。少なくてもネットブックよりは長時間使える。しかしwifiの受信感度はあまり良くない気がするのは欠点かも。

あとカメラ部分は最悪。画質がどうのこうの言うのも馬鹿らしい。もっとも液晶側にしか付いていないからこのカメラは自分撮り用なんだろう。

Bluetoothは外部スピーカーしか接続していないけど、とりあえず動いた ^^;

でもなんだかんだ言っても値段からすればけっこう面白いし、車に積んでおいて出先でHTC ARIA のテザーで情報を取る使い方には重宝しそう。欲を言えばあと100gでも軽くなったらいいんだけどなあ。

HIPAD M7++ その1

イーモバイルの HTC ARIA はサービスエリアが狭いことと(これはどのスマートフォンでも同じだが)バッテリーの寿命以外はとても重宝している。

しかぁ~し!!

携帯に便利な小ささとのバーターで画面が小さいことは老眼のおっさんにはつらい場面も多いのだ。それは地図を見たいときやネットの情報を・・・と思ったときに顕著。

なのでスレートPCとかパッドタイプが欲しいなぁと思っていたんだが、iPadは楽しそうだしアプリも多い。周辺機器も充実しているんだけど、反面自由が少ない。それと10インチは大きすぎる。

10インチの物体を歩いて持ち運ぶのは論外だし車の中にしても置き場所に困ると思う。(まあ重さが200g位になれば別だけど)

なので現状はイーモバイルのGALAPAGOSがベストかなと。7インチで片手で使いやすいサイズなんだけど、自分の使用頻度を考えると44800円は高いなぁ・・と。

じゃあ賭けをしてみようか! ハズレを掴む可能性も高いんだが格安な中国製Pad、いわゆる中華パッドに。

で、Padに望む機能は

  1. 静電式タッチでマルチタッチが可能なこと
  2. 7インチサイズで出来れば軽いこと
  3. Bluetoothがついてて欲しい
  4. GPSは内蔵式の感度が悪いならいらない
  5. OSがAndroid 2.3か3.0以降

この条件で価格を考えながら探していくと、中華パッドの中でも優秀という声が多いDropad A8と同じ系統の HIPAD M7++ というパッドを発見。

実売価格は中華パッドとしては高めで18000円前後だが、Android 2.3 で重量はちょっと重い500g、RAM512MB、CPU1GHz、内向きカメラ、Bluetooth内蔵とけっこうよさそう。

楽天のポイントもあるしってことで発注してみました!