Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

八千穂高原の白樺とツツジ

6月 2011の月別アーカイブ

エクストレイルインプレッションその1

掲載日:  

納車されて数日経過したエクストレイル20GT 6AT。Cセグメント代表といえるゴルフ5からの変化はそう簡単に吸収できていないかな。

エンジンの違い

まず何よりはエンジンの違い。ガソリンエンジンプラス低圧ターボのゴルフから同じターボ付きとはいえディーゼルへの乗り換えだから当然だけど、最初はアクセルワークが分からなかった。

ゴルフ5のDSG(DCT)は出だしがデリケートで、ある程度コツが必要なところがあったのでどうしても踏み始めが弱くなりがちなんだけど、エクストレイルのディーゼルは1000回転台のトルクが薄いせいか遠慮せずに踏み込んでやったほうがスムースに発進できそうだ。もちろんディーゼルなのでこの時に思いの外エンジン音が高まるが、そこで躊躇して踏み加減を弱くするとどうも良くない。まだ走行距離が100km台なので燃費との関係は分からないけど、なんか「慣らし運転」もあんまり無意味らしいから今後は少しアクセルワークを考えてみようかなと思う。(なんせ下手するとシグナルグランプリで軽自動車と競争しちゃうくらいだもの)

 

試乗したときに感じたディーゼル特有の振動は幸いなことにあまり感じない。試乗車ではアイドリング時にステアリングにプルプルと振動が伝わってきたと思ったのだが、納車されて長い時間触れるようになったら大丈夫そうだ。

しかしエンジンサウンドはやはりディーゼルである。巡行スピードに達するまでは気になる。スタートが上りだったりすれば尚更。でも一旦スピードが(一般道でも高速でも)負荷がかからない巡航速度になってしまえばロードノイズのほうが大きく感じる。

そうそう、そういえば気がついたところでは1時間程度の走行後、エンジンフードを開いたらメチャクチャ熱い。フードを支えるステーが触れないほど。これは初体験。テラノのときにも無かったことだ。走行後のメンテナンスは無理みたい。こんなに熱くて大丈夫かいな。

少し走ってみたら・・

現在走行500kmを超えてだいぶ分かってきた気がする。やはりある程度アクセルを躊躇わずに踏んでやるほうがいい。1000回転台でのダルさが2000回転を超えるあたりから一気に力強くなってくるのでアクセルを踏んで早いとこ回転を上げることだ。2000~4500回転でのこの車はSUVとしては破格に速い。ターボが効いていればシートに背中を押し付けられる感覚さえある。

試乗時は遠慮してそこまで回さなかったから分からなかったのだが、マイカーとなって初めて理解した。ネット上の試乗記は正しい。高回転型のディーゼルエンジンなのだ。だとすればセールスとしてはちゃんとそれを伝えるべきだと思う、「この車はもっと上の回転を試してください」と。もちろんそういう運転では燃費は落ちるがその辺はゴルフ5と一緒で、燃費と走りの選択権はオーナーに委ねているだと思うし、それは個人的に嬉しい。

6速AT

前にも書いたが、乗り始めにはこのATのマニュアルモードは本当にダウンシフト専用だなと。ゴルフのDSGとは違って、55kmで走行中にATなら4速の守備範囲だがマニュアルにして5速にしようとしても拒否してくれる。これ、もう少し利口にできなかったのかなとも感じた。

しかしダウンシフト専用だと思ったマニュアルモードだが少し使い道がわかってきた。例えば時速60km/hを超えた時点で5速のシフトアップされるのだが、少しでも60km/hを割れば4速に下がってしまうところをマニュアルモードにすることで、ある程度5速のまま粘ってくれるようなのだ。4速だとエンジン回転は2000rpmあたりだが5速なら1500rpmなのでエコランには有効だろう。

それと試乗時のエントリーに下りでのダウンシフトがされないと書いたがこれは間違いなので訂正。ちゃんと制御されている。それに仮にも2リッターあるのでゴルフの1.4リッターよりはエンジンブレーキが効くようだ。ディーゼルであってもね。ATの節度やつながり具合については、ま、問題なしと言うところ。

足回り

20GTはガソリン車と違うホイールとタイヤを履いている。サイズは18インチで225/55である。どっちかといえばオフロード色が強いSUVに属するエクストレイルなのに55の扁平率はどうなんだろうかと思ったけど、前述の高回転型ディーゼルと重量増を考慮すると順当かもしれない。

そういった重いタイヤとホイール、そしてディーゼルエンジンの重量がプラスされていても乗り心地は良い方向にいっていると感じる。シートの厚みも十分あるせいか基本ソフトライドは正解だろう。舗装の悪いアスファルトでも快適だし、500km乗った限りではソフトであっても腰に悪そうな感触もなさそうだ。

追記:(2013/4)

うちのエクストレイル 20GTはリヤシートにシートヒーターが付いていないのでダブルフォールディングの時に座面を取り外せます。でもいま販売されているエクストレイルにリヤシートヒーターが付いていたら座面の取り外しはできません。

もうひとつ、エクストレイルのフロントシートのヘッドレストはシートを倒して仮眠するときに非常に落ち着かない形状です。とにかく頭の位置が決まりませんので寢らられないんです。なにかクッションをかませる工夫が必要だと感じました。

燃費ですが、私の使い方は非常に燃費に悪いのです。仕事場が近いので朝エンジンを掛けてたった1~2キロ走って停止としい繰り返しが週に6日あってあとは休みに乗るだけです。なので平均燃費はこの2年間でおおよそ10km/lです。もちろん遠乗りをすればいままでで最高16km/l走りましたから満足ですし、10km/lと言ってもレギュラー換算なら概算11.7km/l位になるはずです。

エクストレイル納車完了

掲載日:  

昨日の6月17日、大安吉日は望まないが晴れた日が良かった。しかし梅雨のさなかではそれも望むべくもなし。

昼過ぎにセールスから電話「あの~、霧雨降ってますけど・・・」

私「ん~・・・いいや、納車して」

数少ないガソリン車との相違点のバッヂ

ってことで契約からほぼ1ヶ月、エクストレイル20GT 6ATブリリアントシルバーが無事に納車完了である。到着時のオドメーターは10km。詳しくは別エントリーですこしずつ書いていくつもりだ。

30分程度セールスから説明を受けて引渡し終了後、何はともあれ給油しに出かけた。

セルフスタンドに到着して困った。「あれ? 運転席周りにはフューエルリッドを開くレバーがないじゃん。」

さっそくセールスに電話してわかった。エクストレイルには無いってこと。車のキーが解錠されている状態で、フューエルリッドの端を押すとシーソー式に開くんだね。

さて、いままでずっとハイオクだったから間違えないように軽油を選択して給油開始。

第1回目の給油量は51.48リッター。単価116円だった。ん~・・安い。

 

多古町で

掲載日:  

うちの母親がこの場所が好き。千葉県多古町の道の駅である。なのでここであじさいを愛でながらまったりとする休日であった。

すべて Canon 5D Mark II / タムロン SP AF 90mm F2.8

#やっぱりWordpress標準のギャラリー機能をそのまま使っても面白くないね。Lightbox 効かないしぃ。

ゴルフの最後の給油と3年間のリスト

掲載日:  

本日、ゴルフ5トレンドラインの最後の給油をしてから休日ドライブへ出かけた。給油量10リッターは多いけど、まあ、よしとする。帰宅後にはだいたい4分の1残り。本日の燃費約21~22km/l也。関係ないけど、なんか混んでると思ったら千葉県民の日なんだそうな・・・。

そして3年間の給油リストである。(長いのでページブレーク)
Google ドキュメントで記帳していたデータなんだが、HTML書き出ししたら余計な装飾とか入るんだね。

このところゴルフ5トレンドラインでの走行モードをSモードにしていることが多いから、Sモードのエンジン回転の面白さにも慣れてしまったらしい。そうなるとさすがに122psではパワーに限りがあることにも気がついた。トルク走りの回転域を超えて馬力勝負の回転域に入るとやはり伸びないね。GTIは面白いんだろうな~って、今頃言ってもダメなんだけどさ。

…全文を表示する

梅雨の合間のドライブにゾウ?

掲載日:  

もしかしたらゴルフ5でのドライブも最後かな?と言う事で、休みの午後にカミさんと近場だけど出かけた。

吉ゾウくん

上の写真・・・なんで? どうしてゾウなのか? だいたいこのお寺周囲にバンガローがあったりテニスコートがあったり紅花が植えてあったりして物凄く変である。なんでもこのゾウ「吉ゾウくん」と言うらしい。で、足を優しくなでるとご利益がとのこと。(いちおう撫でてまいりました)場所は下図のところ。


大きな地図で見る

…全文を表示する

納期が近いとすればゴルフとお別れも近し

掲載日:  

エクストレイル20GTを契約してから来週でだいたい一ヶ月になる。九州の工場からは今月の3日に出て、いまは千葉港の何処でオプションなどの取り付けをしているらしいとセールスが言っていたので、こちらのディーラーに届くのがだいたい来週の中頃くらいだろう。そして今回はゴルフに付けていたナビとETCを引っ越すので納車2日前くらいがフォルクスワーゲンゴルフ5トレンドラインとのお別れとなる。あと1週間あるかどうかだ。

今日は朝から梅雨らしいはっきり市内天気であったが、ゴルフにガソリンを5リッターだけ入れて県内の近い範囲をちょっとドライブしてきた。詳しくは次のエントリーで書く予定だけど、あいかわらずとても気持ち良い走りをしてくれる。すでに世代的にはひとつ古いけど、テクノロジー的には現行モデルと大差がないうちのトレンドラインくんはとても良く出来た車であると、今さらながらにしみじみ感じた次第。

なのに・・・思っていたより短い付き合いになってしまった。でも人生で最後のSUVとなるエクストレイルの次には、きっとまた会えると思う。(いや、もしかしたらポロかな?)

6月20日からの高速新料金

掲載日:  

J-CASTニュースから引用

6月20日から高速新料金 土日祝日は「終日5割引」決定 1/2 : J-CASTニュース

6月20日以降はどうなるのか。国交省高速道路課に聞くと、大都市近郊区間を除く高速道路の場合、休日の普通車の割引率は、現行の「終日5割引」がそのまま適用される。例えば料金3000円となったら、これまでは上限1000円だったが20日以降は1500円支払わなければならない計算だ。また「無料化社会実験」が終了する区間は、他の高速道路と同じように「平日昼間」「深夜」など時間帯に応じた割引となる。

もともと休日1000円って私とは無縁だったんだけど、こうなっても結局無縁なモードは変わらないってことですね。

Googleカレンダー利用予約システム「Appointment slots」

掲載日:  

ITmedia エンタープライズから引用

Google、カレンダーを利用した予約システム「Appointment slots」を発表 – ITmedia エンタープライズ

米Googleは6月6日(現地時間)、Googleカレンダーに第三者が直接予約を書きこめる新機能「appointment slots(日本では「予約の時間枠」)を発表した。向こう数日間で全ユーザーが利用できるようになる。
例えば病院や美容室などが、顧客向けに公開するGoogleカレンダーでこの機能を利用すると、顧客はカレンダー上の空いている時間に直接予約を書き込むことができる。これで「仕事時間中に美容院に予約の電話をしなくて済む」とGoogleは説明する。

ふむ。Google Apps のアカウントでも使えるのかな?

うちの仕事は予約とは無縁だけど、そういう職種の人たちには便利だろうね。もちろんさっそくにでもスマートフォン向けアプリを作ってもらわないといけませんね。あ、Wordpressのプラグインも欲しいな。

同じく先日アナウンスされた「おみせフォト」、ストリートビューの応用だけど、これなんかはうちでも使えそう。うちのエリアはたぶんずっ~と先だろうけど申し込んでおこうっと。

 

追記:

Google Appsでも順次実装されつつあるようだ。