Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

4月 2011の月別アーカイブ

スバル・レガシー試乗

エントリーが前後したが、ヴァリアントの試乗ができなかった時期に、スバルへ出かけてレガシーに試乗した。アウトバックがなかったのでね。

試乗車は2.5l、CVTのアイサイト仕様だ。見た目がまず大きい。全幅1820mmオーバー、全長4780mmだから当然か。まずはうちの駐車スペースに入るかが問題だなあ。サイズが大きいのでリヤシートも広いね。

ではまずお約束の仮眠スペースチェックから。

頭部分が出るが、助手席を倒していくと背もたれがちょうど枕の位置にくる。エクストレイルやヴァリアントと違ってクッションなどを追加しなくてもゆったり寝られそう。好感触♥

では2.5リッターSOHCのCVTはどうだろう?

SIドライブの標準であるIモードでは終始ゆったりした印象だ。CVT自体にあまり乗ったことがないので比較はできないけど、この車体と言うか車格からすれば理解しやすい加速感と乗り心地というところか。ストレスが出るほど遅くはなく、かと言って驚くほど速くもない。

たぶんこのタイプ以前のレガシーはパワー感が車格を上回っているのがデフォルトだったのだろうし、それはそれを望むユーザーが平均的ユーザー像だったからこそメーカーもそういう方向性重視でクルマづくりをしてきたのだろう。もちろんBMWなどはいまでも走り重視で、それでこそ世界的にもブランドとして売れているわけだけど、昨今の日本市場のユーザーは違ってきているんだ、きっと。

結局メーカーは売れてなんぼだから、北米市場をメインターゲットとすれば、スバルのトップ車種はこれくらいのサイズが必要なんだね。BMWの3シリーズ、VWの新しいパサートもほぼ同じサイズだし。 …全文を表示する

Google Apps無償版のアカウント数が10に減る

利用している Google Apps の無償版だけど、メールが届いた。

5月10日以降は新規登録だといままで最大50アカウントだったものが10アカウントと大幅に減らされるようだ。無償版はパーソナル、非商用使用だから10アカウントでも十分かなとも思えるけど、ちょっと余裕も欲しいって考えると最低20アカウントにして欲しかった感じ。

すでに登録して利用しているものは変更されない模様。

ちなみに今現在のところ、テストで登録してみたが50アカウント使えるようだ。

ゴルフ・ヴァリアント試乗

眼振でお休みだって言うのにいいのかな?  あはは

ゴルフヴァリアント・コンフォートライン試乗した。担当のセールスさんがシルバーを持ってきてくれた。

仮眠はできるか?

まずはお決まりの仮眠スペースの確認。エクストレイルと同様にリヤシートの座面を外すんだけど簡単。そして頭は出るが仮眠はOK。

ヴァリアントも荷室は完全に水平で寝やすい感じ。荷室の高さはエクストレイルの方があるので寝る状態までの移動はゴルフが劣勢。ただ両車とも内側からはリヤハッチは開かないのね。(ゴルフはめくらパネルを外せば可能)

 

乗ったら?

では試乗スタート。ヴァリアントはゴルフ6と言うより、今乗っているゴルフ5TLのマイナーチェンジっぽいんだが、乗り込んでエンジンをかけるとずいぶん静かだ。直噴エンジン独特のサウンドも聞こえないくらい。ゴルフ5.5とはいえフロントウインドウに防音シールが入っていたり、エンジンルームのインシュレーターがきちんとしたりするのでずいぶん違うんだ。

シートも違う。サイドの張り出しも少し大きいのでホールド感は向上しているが座り心地としてはあまり差はない感じ。運転席から後ろを振り返るとやはりハッチバックとワゴンの違いを感じる。ハッチバックはリヤクォーターパネルがあるので左後方視界の妨げになるがワゴンはグラスエリアだからクリアだ。ただしボディが長い分で後退時は慣れが必要かな。

インテリアに関してはシンプルだけどキッチリ作りこまれている上にゴルフ5より一層上級感を増している。最近の日本車とは違う「ザ・車」な感じは相変わらず好ましい。だいたい何がどこにあるか初めて乗っても迷わないのがいいね。 …全文を表示する

眼振

今朝5時頃、トイレに起きたら、めまいが。
慌てて布団に戻って目をつぶって指で触ると、グリグリと眼球が動いている。ジェットコースターどころではない。とても動けない。しばらくすると治まってきたが寝返りするだけでまた始まる!

人生二度目の眼振だ。今日はお休みするしかない。

前回は3年くらい前の秋、初めてだったので驚いたのを覚えている。その時は係り付けの病院で診察を受けてから紹介先で脳のCT検査。異常無しで耳鼻科へ行った。

結局、症状は半日くらいで消えたので忘れていた。

今回2回目があったって事は次も在るってことだ。医者によれば、春秋に多いと。原因自体は不明だから困る。点滴と投薬するしかないらしい。

ゴルフヴァリアント

先日に続き今週はゴルフヴァリアントの試乗と思ったら担当セールスの都合でダメになった。

後日コンフォートラインを持ってきてくれることになった。

とりあえず仮眠できるかチェックするのが肝心。まあ、走りや乗り心地などは今のゴルフ5で分かっているからね。

ただスーパーチャージャーがプラスされるとどう変わるかは楽しみ。

IE9でのレイアウト崩れ

このサイトはWordpressを使って、Artisteer というテーマ作成ソフトで外観を作ってますが、マイクロソフトのIE9だとレイアウトが崩れます。

IE9公開が本日なので、詳しくはわかりませんがとりあえずページヘッダーに

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=EmulateIE8" />

を追加しました。うちではこれで正常化しておりますが、IE9でダメって方はおりますでしょうか?

Androidのアプリ

HTC ARIA生活は震災でPCが使えないときにとても重宝した。もちろん緊急地震速報が無いからauの携帯も持っていたが。(緊急地震速報のアプリもあるらしいけどバッテリーとのバーターか) 多くの方たちと一緒でツイッターやニュースが見られるしメールも送受信できたのは心強かった。

それは別にして無料のアプリを多く使わせていただいているが、いくつか有料も購入した。そのなかでも2つがとても使いやすいのでご紹介。

g電話帳Pro

Bizcaroid

g電話帳Proは名前通り電話帳アプリです。無料版もありますのでまず無料版で動作確認しましょう。

Bizcaroidは名刺OCRアプリです。こちらも無料版があります。非常に高い認識率で読み取ってくれます。そして有料版ではGoogle 連絡先へも転送できるのでとても便利です。

エクストレイル・ディーゼル試乗

エクストレイルのクリーンディーゼル、AT車を試乗してきた。

仮眠はできるか?

まず懸案だったリヤシートを倒して、かつ、座面を外した状態で寝られるか?・・だが、大丈夫。OKだった。身長180cmの私でも。もちろん座面がないから頭が宙に出てしまうので、逆に寝るか何かクッションで埋めるかする必要はあるのだけど、まず大前提が解決したことになる。ヴァリアントも後日トライ予定。

追記:(2013/4)

うちのエクストレイル 20GTはリヤシートにシートヒーターが付いていないのでダブルフォールディングの時に座面を取り外せます。でもいま販売されているエクストレイルにリヤシートヒーターが付いていたら座面の取り外しはできません。

もうひとつ、エクストレイルのフロントシートのヘッドレストはシートを倒して仮眠するときに非常に落ち着かない形状です。とにかく頭の位置が決まりませんので寢らられないんです。なにかクッションをかませる工夫が必要だと感じました。

走ると?

さてディーゼル試乗。イグニッションオンで当然カラカラというディーゼルサウンドが聞こえる。この音はストップ&ゴーのたびにする。そして振動もある。この音はエンジン回転が1800rpm前後まで続き、2000rpmを超えると気にならなくなる。しかし巡航時は2000rpm以下だが気にならない。振動は停車時のみ気になる。

パワー感は色々なブログや記事で書かれているとおり2000rpm以下では細い感じ。スタート時はググッというのではなく、ユルユルッという感じかな。カタログのトルクに期待すると裏切られる。それにプラスしてカラカラ音。

アクセルを深く踏んで加速させ、2500rpmを超えてくるとグッと力強く感じ出すのだが一般道ではすでに法定速度を超えてしまうのでその先はわからない。きつめの上りをゆっくりと上る状態だと1500~1800rpmくらいしか廻っていないが別にアクセルの踏み具合を増やす必要は感じない。下りは20XのCVTではダウンシフト制御を明確に感じるんだけど、ディーゼルの6ATではアップこそしないがダウンしなかったような? 制御が古いかな。CVTが利口すぎる? その点、ゴルフのDSGは優秀だね。ダウンシフト制御はもちろんシフト時の回転合わせまでするもんな。

時速55キロくらいでATをマニュアルモードにしてみたところ、ギヤは4速と表示された。この状態で5速にアップしようとしても拒否される。60キロオーバーで初めて5速に入る。6速にするには何キロぐらいだろうか。(後日談:80キロを超えると6速に入るようだ)このへんはAT制御が気にくわないところ。トルクがあるんだからもう少し低い速度でもシフトアップを許してもいいのではないかな。 …全文を表示する

試乗に行ったのに

 

休みだったので、エクストレイルのクリーンディーゼル車を試乗しにわざわざ隣町まで行ったのに肝心の車がお留守。台数が少ないので違うディーラーへ出払っているとか。数日前に電話したときはそんなことひとことも言わなかったくせに・・・・。
 
せっかく出掛けたのが無駄足。なので近所の日産ディーラーにかけあって試乗車を探して借りてもらうことに。ついでに20Xがあったからリヤシートを倒して寝てみた。しかし、そのままでは無理だった。立てた座面を外せば可能性がありそうだが、20Xはシートヒーターのケーブルがつながっていて試せなかった。カタログを見ると「リムーバブル」と明記されているからコネクタがあっても取り外し可能なようだ。再度試そう!!
 
せっかくなので20Xに試乗した。比較対象がゴルフでは意味が無いのだけど、加速感はやっぱりというかSUVレベルだ。2リッターNAでCVTだから仕方ない。しかし普段使いであれば不満が出ることは少ないかも。CVTなのでリニアに速度は上がる。
 
のり味としてはマイナー前に試乗したときはある程度バネ下の重さを感じたのだが、今回は感じなかった。17インチを履いているのにだ。コンフォートといってもいい感じ。ソフトライド。例えるならドイツ車よりフランス車かな。
 
インテリアの質感は・・・、当然200万程度のもの。エクストレイルに質感を期待してはいけないね。
 
できれば雨の日に試乗してみたい。ルーフからの雨音、タイヤハウスからの騒音チェックだ。フォレスターでけっこううるさかったから。(ゴルフは優秀)
 
しかし全体的には売れてるだけある感じ。これで普段乗りの燃費がせめて12km/l割らなければ20Xでもいい感じである。ディーゼルとの価格差は私の走行距離では埋まらないからディーゼルへの期待は加速、トルク感ということ。

車検まで三ヶ月

ゴルフ5トレンドラインに乗り換えてもうすぐ3年。早いなあ。ただいまの走行距離は25000km。震災のせいもあるが全体的にあまり乗っていない。遠乗りしていないのだ。

 

ゴルフの乗り味にはけっこう満足。必要十分以上なパワーとカッチリしたボディ、意思に忠実なフットワークは本当に楽しい。Cセグのハッチバックは極めて取り回しが楽である。

しかし実は今回の震災ではじめて気がついたことがある。

 

ゴルフをはじめ欧州車は長い距離を運転するには非常によくできたシートなのだけど、仮眠で寝るには適していない。寝るには堅すぎるしサイドの張り出しも邪魔。かと言って取り回し安いハッチバックの利点はリヤシートを倒しても横になる長さが無いという弱点に変わってしまう。たぶん同じゴルフのバリアントであってもリヤシートを倒して寝られるサイズが確保できない気がする。

 

さあて。車検だ。どうしようかなあ?