キャノン 5D Mark II

メインカメラの Canon 40D の発売が2007年なので、3年以上は使っている計算になる。
別に性能にど不満があるわけではなかったりするのだが、今回ある程度まとまった予算が組めそうだったので、この機会を逃すと大きな買い物は出来そうにないと決断した。

40Dに追加するのだけど、APS-C機であれば、現在のレンズ資産を生かす上でCanon機になるのは当然だ。しかしやはり一度はフルサイズCCDのが欲しい。そうなるとレンズも位置から買い足しになるのでメーカーの縛りは無い。

選択肢はCanon 5D Mark II/Nikon D700/Sony α900。発売時期で言えばα900が新しいし、元のメーカーであるミノルタは嫌いではないのだけど・・・Sonyがねぇ。次にNikon D700、もちろん大Nikon帝国のハイアマチュア向けだから性能に不満はないのだけど、レンズを追加することを考えると純正レンズでは予算が厳しい気がすることと高校時代からCanon派だったことを考えると、Nikon機は次回まで温存したいな。

さて、Canon 5D Mark IIである。(以下5DM2と略)発売時期は2008年11月。だから来年にも次世代機が出るだろう。(D700もね)しかしこのクラスのカメラだと、たとえ新しくなったとしてもスペックが飛躍的に変化するとは考えにくい。CCDの性能や画素数は5DM2でも十分なのだから。もちろん予算面もある。5DM2は価格がこなれてきてボディ単体で20万を割っているからかなり購入しやすい、新型だと30万に届いてしまうだろう。

と、言うわけで結局、5DM2に決定!! 前述のようにレンズがないので、EF24-105L IS U付きセット購入。とりあえずバッテリーも1個追加。

【送料無料!・代引き手数料無料!】《新品》 Canon(キヤノン) EOS 5D Mark II EF24-105L IS …

 

5DM2が届いて箱から出して、EF24-105Lの大きいことに驚いた。F4なのにフィルターサイズ77mmでこの大きさ? ホールド時のバランスは悪くないけど、慣れるまで時間がかかりそう。とりあえずバッテリー2個を充電し、16GBのCFをセットして、40Dとほぼ同じ操作性なので迷わずカメラの設定を始める。

保存形式はRAWが3種類。フルサイズRAWだと2100万画素になり、保存サイズは25MB~30MB。やはり大きい。スナップには1000万画素RAWで良さそうだ。次にブラケティングの自動解除をオフにしておき、カスタムメニューにいつも使うものを登録。

とりあえず今日はここまで。