Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

八千穂高原の白樺とツツジ

9月 2010の月別アーカイブ

鯖を引っ越しして2週間の様子は?

掲載日:  

Saases VPSサーバーに引っ越しして2週間経過した。
自宅サーバーは停止中。

2週間様子を見てきたけど、重くなることもないし、停止もない。
やはり完全独占とは言えAtomの自宅サーバーはパワー不足だったのかも知れない。

Saasesには半年分支払ってあるし、当分このままいくことに決定!!
ServerMan@VPSはまだお試し期間だけど、今後に期待しつつとりあえず解約した。

しかぁし!!

まだ自宅サーバーをあきらめたわけでもない。
Atomサーバー2台体制にしてApacheとMySQLを分けたらどうだろう・・・なんて。
う・・・・・電気代2倍だよな。
あと、以外に気になるのが長期間の留守で「もしやハードの故障で火が出ないかな?」なんていう取り越し苦労だったりして。

引っ越しテスト

掲載日:  

Saases VPSサーバーの基本的なセッティングが済んだので、引っ越しのテスト。

DriveCafeのディレクトリをコピーし、必要な部分のパーミッション変更。(rsyncでも使えよ、自分)
MySQLデータをインポート。
DNSを変更。

ってことで、いま現在、ここはSaases VPSサーバーである。
たぶんいままでよりレスポンスが良くなって感じると思う。

この状態でテスト敢行。プラス、デーモンの細部チューニング。
特にMySQLチューニング。WordpressならInnodbオフってもいいのかな?

Saases VPSサーバー

掲載日:  

ServerMan@VPSでまだ様子見をしているんだが、もうひとつ見つけてしまった。

S@@Ses

こちらも低価格VPSサービスだが、ServerMan@VPSと違うのは….

  • 固定IPアドレスは1個だけ
  • 仮想化環境がXenなのでOSが選べる
  • 980円で1GBメモリー保証
  • サーバースペックはXeonではない(C2D?)
  • 初期費用がかかる
  • 契約は半年単位
  • ipV6アドレスは無い
  • 980円で100GB
  • OSの再インストールは有料(1000円)

ってことで契約してみた。

Debian GNU/Linux Lenny(32bit) を選んで、半日程度で納品となった。
ベースシステムだけかと思ったら SSH / Apache / PHP / MySQL など入れてある状態だった。
iptablesも設定してあり、最低限だけ許可されていた。

swapは設定されていなかった。サポートFAQにも記述はないようだけど、
ファイルを割り当てる方法でやってみたら、なんかできたみたい。

実メモリー1GBプラススワップだとVPSでもずいぶん快適なんだなぁと感じた。
自宅サーバーのAtomプラス2GBよりレスポンスいいもん。
ただランニングコストはやっぱりAtomだろう。1ヶ月の電気代は1000円いかないと思う。
でも・・・500円くらいはかかるか ?

しかしこれで、自宅サーバー、ServerMan@VPSS@@Ses と選択肢がまた増えちゃった。
ServerMan@VPSも今後ゲストOSを選べるようにするそうだから選ぶのが難しい。
自分的にはCentOSより使い慣れたDebianがいいからね。

普通のレンタルサーバーと違って、簡単にVPSサーバーはいいよ!!とは薦められないけど、それだけユーザーを集めにくいのに、これだけ新しいサービスが増えているってことは、ユーザーのスキルが上がってるのかな ?

台風9号が横断コースなので季節が進むみたい

掲載日:  

やはり台風9号が北陸から福島あたりへのコースになりそうだ。
つまり当初より南寄りにコースが変わったわけだ。
コースが変わった原因はなんだろうか?

気象庁の天気図を見ると太平洋高気圧がすこし東へ移動したかんじ。

10090715

それとも・・・・私はウインドプロファイラを見ても理解できないけど、偏西風がようやく南に蛇行して来たのかも知れない。

どっちが原因にしろ、これで季節が進む可能性が大きくなったね。
少なくとも猛暑はそろそろ退場してもらおうよ、体が持たないから。

カテゴリー お天気| タグ ,| コメントを書く

ServerMan@VPS、メモリー増加などのアップデート実施

掲載日:  
まだまだServerMan@VPSと格闘中である。
ここのところずっとDebian GNU/Linuxしか触っていなかったし、
ほとんどの設定はSSHでリモートログインして
viでシコシコとやってきたので、CentOSの流儀が理解できていない上に、
GUI管理ツールのBlueOnyxなんかがヘタに付いているから
余計分かりづらいし、勝手な設定されちゃうしで、まだスムースに設定できない。
まだDriveCafeを引っ越しできるまでは無理だね。
でもレスポンスなどについては、非常に満足できると思う。
対価格コストパフォーマンスはバツグンだ。
そこへ新たなアナウンスがあった。
  1. メモリーが増えた
  2. IPv6逆引き可能
  3. inodeがいままでの3倍

との事。

メモリーは最低量はいままでどおりだが、動的に最大2倍まで増えるようだ。

月額980円のスタンダードプランだと最大1GBになる。これだけあれば、PHPやMySQLのメモリーもちょっと余裕が出る。

IPv6は・・・まだ不勉強で分からない。

inode3倍はけっこううれしいけど、WEBサーバーにしか使っていないから実際にはあまり恩恵に預かれないかな。

でもVPSサービスって一般にはなかなか薦めにくいだろうな。Your own riskだから。