Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

八千穂高原の白樺とツツジ

Quadro K620を止めてGTX 1060へ

掲載日:  

すべては写真の現像とプリントのためと、モニターはカラーマネージメントできるEIZOのCX-241を選び、ビデオカードは10ビット出力可能なnVidia Quadro K620をチョイスしていました。だから撮影するカメラの設定はsRGBじゃなくAdobeRGBにしてあります。

が! ジイ様なんですが、ゲームもやるんです、 あはは。

そして第1作目(MS-DOS時代)から遊んでるタイトルが「トゥームレイダー」です。いまでも Tomb Raider Under World 以降のタイトルはたまに遊んでます。

そして9月に新作の「Shadow of the Tomb Raider」が出たんですが、推奨環境がGTX 1050以上って書いてあるんですよ~。前作の「Rise of the Tomb Radier」でもQuadro K620だと設定を「低」にしてギリギリだったので、次は難しいだろうとは思ってましたけど、案の定でした。

写真編集かゲームかの選択を迫られた私です。

で、Google先生にお伺いをたてました。「写真は8bitと10bitでどれくらい違うか?」と。

当然8bitと10bitでは違うんですが、どうも最初に意気込んで「写真やるなら10bit出力とカラーマネージメントモニターだ!」よりけっこう曖昧な感じらしいです。ジイ様に耳でハイレゾ音源が聞き分けられるかみたいな感じですか?

そうであれば写真環境的には後退ですが、QuadroからGeforceへ方向変換してみようと。トゥームレイダーの求めるGTX1050の一つ上の

MSI GTX 1060 AERO ITX 6G OC [PCIExp 6GB]

を買いました。PC電源にAntecの650Wブロンズを使っていて、こちらも調べたら大丈夫そうでしたのです。

…全文を表示する

EOS RとかX-T3とか、騒がしいですね

掲載日:  

ニコンがZ6/7発表したと思ったら、当然というかキヤノンがEOS Rを発表。そしてX-H1出しておきながら富士フイルムもX-T3を出してきました。そうかと思えばパナソニックにもフルサイズミラーレスの噂が・・・

ん~・・・なんかザワザワしてますね。

前にも書きましたが自分的にはニコンとキヤノンのミラーレス「初代」はスルーで行きたいです。手持ちのFマウントレンズすべてを売り払ってZマウントに移行するのは今じゃないと考えてます。もちろん同じ理由でEOS Rには逝けませんが。

富士フイルムはというとX-H1はボディ内手ぶれ補正は魅力的なんですが、じゃあそれが無いと今までブレブレだったかということもない・・・と。ならば、無くてもなんとかなるのであれば、ボディが大きなX-H1は私のベストじゃない。

ではX-T3?

X-T1からX-T2へは発売と同時に買いましたが、X-T3はどうなんだろう。魅力的なのはAFポイントが全画面をカバーしていることかな。

ま、値段がこなれたてきたらかんがえてもいいかなぁ~

新型スバル・フォレスターってどうよ?

掲載日:  

キープコンセプトでエクステリアがあまり変わらなかったり、ターボが無くなったりと、否定的なスバリストもいるようですけどね。

SK型フォレスターですが、私的には「あり」です。

今のマイカー、CX-5で気に入っているところを列挙すると・・・

  1. ディーゼルのパワーと燃費
  2. エクステリアデザイン
  3. 分割LEDによるヘッドランプでハイビームが使いやすい
  4. BOSEサウンド(オプション)
  5. マツダコネクトで色々な設定が可能

特に1は大きいのです。低速から中間加速の力感、気持ちよさは病みつきです。しかし反面、定期的にDPFが自動で入ることと、オイル交換が5000km毎でかつ高いのがデメリットですかね。またディーゼルサウンドが気になる方は基本的にダメでしょうね。

逆に気に入らないことは・・・

  1. 全幅が1840mmある割に広くない
  2. 足回りのセッティングが堅めより
  3. ディーゼルだとオートマチックの守備範囲が厳格で60km/hを超えないと5速にはいらない
  4. マツダコネクトナビが7インチで小さく、かといって社外品は使えない

CX-5とフォレスターを比べると

これをフォレスターの置き換えてみると、気に入っている点の1番、特に燃費は圧倒的にCX-5の勝ちです。SK型フォレスターの2.5リッターモデルだと私の使い方で頻繁にある超短距離の市街地走行だと果たしてリッターあたり10km/lに届くかどうか。もちろん長距離で高速道路なら15km/lは可能かも。この点のポイントは購入価格で、KF型CX-5と比べて20万円以上安ければ燃費はペイできるでしょう。しかし人間っておかしなもので、一度に払うよりそのときの金額は少なくても日々払う燃料代のほうが気になるんですよね。

加速の気持ちよさについては、SK型フォレスターの2.5リッターエンジンでもアンダーパワーでは無いはずなので、CX-5のディーゼル比70%~80%程度だと考えれば、まぁ不満は少ないでしょう。

乗り心地で言うとCX-5の前がエクストレイルのディーゼルだったんですが、乗り心地はエクストレイルの方が好きでしたから、SKフォレスターの試乗記を見たりするとCX-5というよりエクストレイル寄りらしいので期待ができます。

マツダのALH、分割LEDによるヘッドランプ制御ですが、フォレスターはランプハウスにシェードが入っていて、それを動かして部分遮光を実現しているらしいです。

アダプティブドライビングビーム

さらにステアリング連動ヘッドランプでコーナーなどで左右視界も確保されます。

予防安全装備はスバルがアイサイトですよね。確かに実績はあるんですが、ステレオカメラのみってのが、ちょっと・・・。現に今年のJNCAP2017でもスバルとマツダの差は無いどころか、若干マツダ優勢かと。特にレーダーやレーザー、カメラと複数のセンサーを使うマツダの方が、悪天候時などでは有利な気がします。スバルもカメラオンリーはもう限界じゃないかな?

比較でいうと後席のゆとりはフォレスターの勝ちでしょうね。CX-5も決して狭くはないですが、お世辞のも広いとは言えません。また後席を畳んで身長180cmの私が仮眠するには、助手席を倒してギリギリで、カーゴルームのところに段差が出るので、何らかのマット必須なのです。

SK型フォレスターはまだ見てないので分かりませんが、CX-5よりは・・と予想しています。

そんなこんなとCX-5と比べていくと、年をとってスピードを出さなくなった私としてはフォレスターも全然ありです。

CX-5が5年目を迎える来年にフォレスターの年次改良でB型が出れば、次期マイカー候補です。

 

ニコンフルサイズミラーレスZ7/Z6発表

掲載日:  

ついにニコンからフルサイズミラーレスが発表されましたね。ニコワンが敗退してミラーレスから遠のいていたニコンがようやく時代に乗っかってきました。でもFマウントレンズを揃えている身からするとD750後継はZ6のみになってしまうの? なんてことも考えちゃいます。

個人的に今回のトピックは新しいZマウントとボディ内手ぶれ補正かと考えてます。キャノンが途中でマウント変更をしたのに、100周年を迎えるニコンがやっと大きい口径と短いフランジバックのマウントに移行する決断をしたのですから。

これでニコン機でも他社製のオールドレンズがマウントアダプタ経由で使えるようになるかも知れません。フランジバックが長いと無限遠が出ませんもん。

まあ、いずれにしても即買いは無理です。いくら純正マウントアダプタでFマウントレンズが使えるとしてもレフ機であるD750、またはD850を捨ててミラーレスをメインにはできない自分がいます。

写真を撮っている瞬間のレフ機の安心感、シャッターを切ったときの心地よさなどはミラーレスにはない魅力で、今後も完全に無くなってしまうことは無いと思いたいです。

まあ私はフジも使ってますんでミラーレスはそっちで楽しみましょう、「当面は」

カテゴリー 写真| コメントを書く

神楽坂祭り2018

掲載日:  

去年に引き続き2回目の神楽坂祭りです。今回の相棒はD850とF1.8トリオの28mm、50mm、85mmの単焦点のみ。それも絞ってもF2.8までと、だいたい解放勝負です。ISO設定は~6400までの自動モード。

この日は少しだけ酷暑から解放された日で、神楽坂へ着くまでは快適な夏の散歩でした。

路地裏のニャンコ

日が暮れる頃から、浴衣姿の女の子たちが増えてきます。

一応ホオズキ祭りとかうたってますが、去年同様ホオズキの屋台は二軒のみと、名前だけ。

…全文を表示する

四万六千日・ほおずき市

掲載日:  

最近は月一ペースでしか写真が撮れてませんで、寂しい限りです。とは言え火曜日に浅草寺にほおずき市を撮りに行きました。

仲見世の人出はそれほどでもないかなと感じましたが、浅草寺の境内近辺はやはり混んでました。

今回はズームレンズを封印して、Fujifilm X-T2に純正の23mmと35mmのF1.4でほとんどF値解放撮影です。ボケが欲しければフルサイズのD750やD750が有利ですが、フジの色が欲しかったので。

…全文を表示する

スクープ? カムフラージュボディのBMW

掲載日:  

一昨日、千葉県某所を走っていたときに、前から迷彩塗装のBMWらしき車が3台続いて走ってきました!

こっちも運転していたので、ドライブレコーダーのキャプチャーです。

3台とも低いボディでセダンとクーペらしい? 大きさは5シリーズ以上ありそうですね。車の雑誌とかでは見ますが、実際に走っているのを見たのは初めてです。

 

Lightroom Classicで自動補正をする順番

掲載日:  

確か2017年暮れのアップデートでLightroom ClassicにSensei AIによる自動補正機能が搭載されたと思います。この機能が搭載されてから、どうもそれまでの手順では露出が暗くなる現象がうちの環境で出て困ってました。

でも最近やっと気がついたのです、回避方法に。

私の手順は現像時に最初に自前のプロファイルを読み込んで、続いて自動補正をクリックして感じを見るという手順でした。自前プロファイルはカメラ固有のカラープロファイルとレンズ補正のみをセットしてある簡単なものです。

まずRAWファイルを読み込んだ素の写真がこちらです。

これにいつもの手順でプロファイル適用、自動補正だとこうなります。

これだと自分の思惑より格段に露出が少ないんです。

で、手順を変更!

読み込んだら最初に自動補正をクリック。後からプロファイルを適用すると・・・

この手順だと露出不足にならないんですねぇ。一体何が違うんでしょう?

この現象はすべての写真で出るわけではないので、なお困るんですが。

ともかくLightroon Classicでは自動補正とプロファイル適用の順番で結果が大幅に変わるってことが分かりました。

 

NikonとFujiの色の違い

掲載日:  

前々からNIKONの木々の葉の色が黄色いのでは? と感じています。

下の写真は左側がFujifilm X-T1 + XF 35mm F1.4で、右側がNikon D750 + AF-S 50mm F1.8 です。画角や撮影位置は微妙に違いますが、どちらもJPEG撮って出しでISO200 F4です。カラープロファイルはNikonが「風景」Fujiが「スタンダード(Provia)」です。

こう見るとやっぱりNikon機は黄色味が強くないですか? これをFujiと同じような色味にするには、けっこうグリーンをあげないといけません。

ではどちらが実際の色なのか? となると、これも難しい!

私が見るところ、Nikonでもないし、Fujiでもないです。Nikonはやっぱり黄色が強いし、Fujiはいわゆる「記憶色」です。こうなると行き着くところは、好みでしょうかってあまりに安易な結論ではあります。

とはいえ、多くの方が新緑の紅葉を見たときには、きっとFujiの方が単純にキレイと感じませんか? 少なくても私はそっちの色味が好きです。

初夏の荒川線あたり

掲載日:  

タイヤをTOYO PROXES CF2 SUVにして、荒川線あたりまで写真を撮りに行ってきました。いつもは冬なんですが、今回は梅雨の晴れ間です。

写真はさておき、PROXRES CF2 SUVですが、前の純正ジオランダーG98と比較すると心なしか静かになって、かつ、エコタイヤのせいか転がり抵抗も少ない感じです。なので操舵感も軽いかな? かといって直進性能は悪くないです。

エコタイヤのせいか、私のCX-5で初めて21.5km/lの燃費表示を見ました。高速を90km/h巡航、エアコンオフです。

さて東京都が「東京さくらトラム」って名称をいつの間にか付けちゃった荒川線です。

雑司ヶ谷近くの千登世橋の上から。銀杏が色づく頃がよさそう!

反対側

大塚駅前の上り勾配

三ノ輪橋の薔薇は残念ながら散り際でした。今回は大して収穫が無かったなぁ~。