Back to Top

漂泊の想いは電網の間に揺蕩う

Adobe Lightroom カタログの最適なバックアップ手段は?

日々Adobe Lightroom CCを使っていると、必然的にカタログファイルもサイズが大きくなります。いまメインで使っている1つのカタログは Backup フォルダーを除いて約31GBあります。

元々Lightroonはカタログフォルダー内に Backup というフォルダーを持っていてバックアップはされているのですが、精神安定剤としては、違うドライブに保存しておきたいのです。

しかし30GB超になってくると、バックアップにかかる時間もバカになりませんので、ちょっと調べてみました。

  1. 普通にフォルダーごとまるっとコピーする
  2. フォルダーごとZIP圧縮して1つのファイルとしてコピーする
  3. バックアップ専用ソフトを使う

まず1の場合ですが、Lightroomのカタログファイルは構成ファイルの数が多いので、この方法だと(特にHDD間やNASだと)長い時間がかかりました。

2はBun BackupBandzipでやってみました。Bun Backup には無圧縮オプションがないのでデフォルトです。Bandzipは無圧縮です。Bun BackupはZIP圧縮の最後のファイナライズが若干時間がかかりますが1のケースよりずいぶん速く、Bandezipはそれより多少速いという結果でした。

3は EaseUS Todo Backup でテストしました。これも無圧縮オプションを使ってです。

そして結果として3の専用ソフトが一番速いという結論です。ただ2と3ではPCのスペックに大きく左右されそうですね。でも3であってもタスクマネージャのCPU占有率は高くても20%ほどでしたから、フォアグラウンドでの操作に支障は少ないでしょう。(もちろんディスクアクセスは多いので、そういう作業では影響が出るでしょう)

※私のPCはAMD Ryzen 1800X + 32GBメモリーでカタログファイルはSSDにあります。

それと2と3は複数ファイルが1つのファイルにまとめられるわけです。2のZIPはOSがサポートしてますのでいいのですが、3の専用ソフトの場合はそのソフトが無いと復元ができない点に注意ですね。

D850用XQDカードを確保

すでに予約しているNIKON D850。メモリーカードがXQD/SDのダブルスロットです。D5だとCFかXQDが選べますがD850は一択です。まあ、進化が止まったCFでも困りますがXQDってどうなの? ってことですよ。

いままでもソニーとレキサーしか作ってなかったのにレキサーが撤退表明しているので今後の供給はソニーのみです。

とはいえ、無くては困るのでとりあえず1枚ゲットしました。

レキサー LXQD64GCRBJP2933 Professional 2933x XQD 2.0カード 64GB

いままでずっとメディアは32GBで通してきましたがD850は画素数が4500万なので32GBではさすがに足りないだろうと64GBです。

さらにSDカードも追加しました。自分的にはトランシェンドでしたが、トランシェンドで一番速い黒いカードは64GBものしか見当たらないので、サンディスクのSDSDXXG-128G-GN4INです。

SDSDXXG-128G-GN4IN

で、XQDって速いのかな? という疑問が・・・。

いままで使ってきたカードリーダーはXQD対応じゃないので、同じ環境とはいえませんが、CrystalDiskMarkで測ってみました。


XQD

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 189.567 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 53.633 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 16.777 MB/s [ 4095.9 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 0.013 MB/s [ 3.2 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 263.632 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 145.531 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 16.210 MB/s [ 3957.5 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 0.011 MB/s [ 2.7 IOPS]


SD

Sequential Read (Q= 32,T= 1) : 92.905 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1) : 86.748 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1) : 5.899 MB/s [ 1440.2 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1) : 2.271 MB/s [ 554.4 IOPS]
Sequential Read (T= 1) : 95.219 MB/s
Sequential Write (T= 1) : 89.338 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1) : 5.888 MB/s [ 1437.5 IOPS]
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1) : 2.232 MB/s [ 544.9 IOPS]


こう見るとシーケンシャルリードはXQD速いですね。シーケンシャルライトはそれほどでもなし。ランダムリードライトはSDの方が速くないか? うーん。

これだとSDカードをメインカードにして足りないときにXQDという使い方でもいいようです。

 

NIKON D850

私のメインカメラのNIKON D800Eですが、気がつけばもう5年を経過してるんですねぇ。

その間にD810が発売されましたが、個人的にD800EからD810へ買い換える必然性を感じられなかったのです。

D800Eの性能に不満を感じるとすれば、AFの範囲の狭さ、スピードと高感度特性程度で当然3600万画素は十分以上なんですがね。

しかし今回のD850発売はこれからの5年以上先を考えると、ここらで買い換えとかないとマズいかもしれないと。幸いPCはAMD RYZEN7 1800に新調したばかりなのでD850の4500万画素でも問題はないはずです。D850に懸念があるとすればXQDカードの採用です。レキサーが撤退したのでソニー1社しか製造してないフォーマットなのにD5、D500、D850とXQDを採用しているのがねぇ。もちろん進化が止まったCFカードは論外でしょうが。

で、D800Eの下取り額は? と調べたら10万前後です。D850が初値最安で36万くらいなので差額26万円です。D800Eのときもそうでしたが、NIKONはこのクラスのカメラの値付けがスペックを考えると格安なので助かります。

なのでD850を予約します。

Ploom Tech互換 Cinnamon Kick

もう止めればすべて解決なんでしょうが、意志薄弱なジジイなので、いまだ喫煙者です。

そこでPloom Techを買ってみたんですが、どうも吸い込んだときの感覚と吐き出す蒸気の少なさでどうにも満足できません。その割にクラッとくるのは、私が普段軽いたばこを吸っていて、かつ、無意識にあまり深く吸い込まずにいるせいでしょう。

ところでIQOSなどと違って、Ploom Techはアマゾンさんなどで、互換品が売られているんですよ。Ploom Techもまだまだ流通が悪くて予約販売なので、予備が買えないんですね。なのでアマゾンさんで一度互換品を買ったんですが、これも本家と大差ない感じでした。

ところが!!

ガジェマ

Cinnamon Kick

このCinnamon Kickは違います。蒸気の量や吸ったときの感覚が普通のたばこと比べても満足感が高いのです。

まだ使い始めて間がないので耐久性や充電などに関することは分かりませんが、Ploom Techで満足できない場合の選択肢に入れてもいいと感じてます。

 

 

NIKON D750 再度の点検・修理

NIKONのD750を買ったのが2014年下期なのですが、購入後にシャッターまわりの不具合報告があって、無償点検修理に出したわけですが、2014 年から3年も経った今年、改めてメールが届きました。

D750ご愛用者の皆様へ

まあ、幸いカメラボディは1つじゃないので、発送しました。

で、返ってきたD750。納品書です。

シャッター部組の交換が記載されています。これってシャッター交換だから、今までの撮影枚数がゼロになったってこと? 本来シャッターは消耗部品なので10万回くらいで交換でしょう? 私のD750は、いっても2万回くらいだからまだまだ交換対象回数じゃないけど、回数リセットだったら、ちょっと得した気分です。私の個体は不具合感じてなかったので。

笹川の相撲まつり(諏訪神社秋季大祭)

去年に続いて、東庄町は笹川の相撲祭りに出かけてきました。去年も暑かったですが、今年もそこそこ暑かったです。

http://www.tohnosho-kanko.jp/event/event-july.html

屋台も巡行してました。

相撲は諏訪神社の境内にある常設の土俵なので直接日差しは受けませんが、人が集まるとやっぱり暑いですね。

…全文を表示する

神楽坂まつり

夕べ友人と神楽坂まつりへ出かけてきました。ほおずき市ってうたってたんですが、2店しか出てません。なんか看板倒れでしたね。あとは普通の屋台ばっかり!

しかし飯田橋駅から交差点を渡った神楽坂入り口から、もう大変な人出です。ゆっくり歩くなんて無理。

とくに中心らしい善國寺あたりは人で渋滞発生。昨日は涼しかったのでまだ良かったですが、熱帯夜だったら夜でも熱中症になりそう。

…全文を表示する

夏の浅間大滝

先日、北軽井沢にある浅間大滝、魚止めの滝、竜返しの滝に出かけてきました。浅間大滝はいつも冬の雪がある季節しか行ったことがなく、さらにその季節には魚止めの滝がどこなのかも分からなかったのです。

結論から言えば、魚止めの滝は浅間大滝で使っている駐車場から左へ降りていった近くにありました。

痛恨のミスは長靴を持って行かなかったこと。魚止めの滝は写真の左にもう一段あり、そこを撮るには滝を渡らないといけませんが、長靴なしでは行くに行けないのでした。残念・・・・。

で、本命は浅間大滝の光芒写真でして、現地到着が朝6時台でしたが、8時過ぎまでは雲が厚くてまるでだめ。しかし晴れるのを期待して9時過ぎまで粘っていたら、ようやく日が射し始めました。

…全文を表示する

十七夜、銚子君ヶ浜からの月と灯台

私の母は銚子の出身なので幾度となく出かけている場所なのですけど、夜にこんな場所にいたことはないのです。

んで、本当は満月狙いだったわけですが、その日はいまいちな天気だったので十七夜に友人を誘って行ってきました。朧月です。

冬ならもっとスッキリするんでしょうが、梅雨明け前のこの時期だとこんな感じなんでしょう。

24-70mmで解放にして天頂あたりを狙ってみましたが、月と灯台が仇で都会の星空みたいです。

最後は長崎鼻あたりの誘導灯?です。レーザーみたいでかっこいい!

寒い時期にもう一度挑戦かな? それとも館山あたりかぁ?

ディリーフォト 2017/06/17

千葉県はまだ梅雨らしくない天気が続いてますが、紫陽花です。

アマゾンさんで10WのLED投光器を買って試し撮りです。コンパクトでいいんですが、昼間の補助光だと10Wでは力不足でした。最低30W欲しいでしょう。でも夜なら上の通りISO感度さえ上げればバッチリです。

これは梅雨らしくないですね。

これも10WLED投光器で昼間です。画角スレスレに投光器を置いてます。

ディリーフォト2017/06/14

ずっと更新が滞っていますが、いまひとつ更新のモチベーションが上がりません。

とりあえず写真のアップでお茶を濁すのです。

多古町にある円筒分水です。フルサイズ18mmでも近づくと全部入りません。

造形がきれいですね。必要とされる機能が生み出す造形、決してデザインのための造形じゃないのがいいです。

…全文を表示する